FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「ジョーズ」(2005/09/04)



何回見てもこの映画は良いです。

人間が海に何がいるかわからないという恐怖を
見事に具現化させ描き出した映画だと思います。

水中にいるジョーズをほとんど見せないがゆえに、
リアルなモンスターとして見せているのが凄いです。
実際はアニマトロニクスがしょぼかったらしいですが、
その欠点を、見えないがゆえのリアルさを演出して利点に変えた手法がすばらしいです。

実際のサメの生態とは全然違うのにも関わらず、
サメに対する恐怖の印象を人々に植え付けたのが影響の大きさを表しています。
現在でもこんなゲーム(スクリーンショット)を出させてしまう、
サメにとって罪作りな映画ですね。

見せ方がうまければCGを使わなくても
おもしろい映画が作れるという良い例だと思います。
CGを使ってサメを描いた「ディープ・ブルー」なんか
全然怖くなかったです。

「ジョーズ」はB級映画の王道をいくようなストーリーですが、
まあ、ジョーズが活躍できる舞台を用意するためのストーリーですね。
その中でも男達が夜の船でしんみりと語り合って陽気に歌うような好きなシーンがあります。
他の量産されたパニック映画に比べて、登場人物をちゃんと描き
それぞれの人物に愛着が持てるのが良いです。

今は大海原に放り出された恐怖を描いた「オープン・ウォーター
が、サメも出てくるそうで気になっています。


05/09/06追記
amazonのオープン・ウォーターの評価が凄い分かれてる。
それにしても自分の評価が低いからって
全部ネタバレしてる人がいるのが最悪だ。
見てしまった、、、orz
映画って感性的要素が大きいから人によって評価が凄い変わるんだよね。
人のレビューは見ていない作品についてはあんまり信用できない。
そして、見ようか迷う。
見た作品については、見方の違いがわかっておもしろいんだけど。
スポンサーサイト



  1. 2005/09/04(日) 17:01:43|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カトリーナから徒然に妄想 | ホーム | 渡辺美術館のススメ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/92-9e7c88ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する