FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」(2005/07/03)





今日は映画館で「真夜中の弥次さん喜多さん」を見た。
知らない人は上記の公式ホームページ見れば雰囲気がよくわかる。と思う。

原作のうちの一冊[参考1]は読んだこと あるけど、どう映像化するのかに興味があった。
原作者のしりあがり寿は、寺山修司の作品[参考2][参考3]と同様に感性にうったえる作品を描く人だと思う。
論理的な読み方はあまりしなくて、感じる作品であると思う。
感性にうったえる作品というのは下手をすると軽薄になりがちだと思う。
単純に作ってしまうと作者の一人よがりになってしまう。
しりあがり寿や寺山修司は軽薄さを感じさせずに、
相手に強烈な何かを感じさせるのがスゴイと思う。
そのしりあがり寿の漫画を映画化しただけに興味があった。

見た感想としては、凄くしりあがり寿ワールドを表現できて いるのではないだろうか。
漫画の静止画の表現がうまく映画の動画表現になっていると思う。
やっぱり思っていたことだが、しりあがり寿には歌と踊りがよく似合う。
ストーリーも映画の時間内でうまく作ってあると思う。
DVD欲しいかも。

ただ、やはり漫画同様ドギツイとは思う。
ギャグ映画として見に来た人は面白くなかったかもしれない。
映画館に行って唖然とした人も多いのではないだろうか。
一般受けはしなさそう。

個人的には男同士のキスシーンで生理的な嫌さが、、、
別にホモが嫌いってわけじゃないし、弥次さんと喜多さんの
純愛はわかるんだけど具体的な行為に嫌悪感が、、、



参考1 参考2 参考3



スポンサーサイト



  1. 2005/07/03(日) 23:18:52|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハバネロ育成記 | ホーム | メタルギアソリッド3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/9-c371464c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する