FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

スポンサーサイト(--/--/--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜光虫を見に行って、、、(2011/05/22)

夜光虫を二人連れで見に行きました。
一度学生時代に友達に連れて行ってもらったことはあるものの、その時は条件が悪いのか見れませんでした。
なので、一度見てみたいと思ってました。

夜には雨という天気予報だったのですが天気は保ち、半袖でいられるくらいの気温でした。
そんな中、車を置いたところから海岸沿いに歩いて行きました。
月明かりはないとはいえ港の明かりはあり、ライトなしでも歩くのには困りませんでした。
自分ら二人以外には誰にも会いませんでした。

夜光虫が見えるポイントの一つの少し開けた浜辺に着いたところ、既に波打ち際で夜光虫がキラキラ光っていました。
持って来た魚取り網で海面をなでるとその部分がキラキラ光る。
勢い良く横になでると光の帯ができてはねた水の部分でも光る。
まるで海に習字をしているような気分に。
月明かりがないせいもあってかなり奇麗に見えました。


と遊んでいると、突然背後で
ガサ、ペキペキッ
という音が鳴り響きました。

一瞬で音をした方向を向いて固まる二人。
海の反対側は少し開けた空間で、奥は真っ暗で何も見えない。
音としては中~大型の動物(人間含む)が立ち枯れした葦を踏み追ったような感じ。


連れがささやき声で「声出した方が良いかな?」と言い終わった瞬間、
ウウー
という獣の声が。
次の瞬間「ウワー」と叫びながら元来た海岸の道を走り出す連れ。
即座に追随する自分。
走るにはおぼつかない暗さの中、必死に走りながら叫ぶ二人。
追ってくる気配は無かったものの安全そうな距離まで走って、後ろを気にしつつ車まで戻りました。

車を置いたところにはカップルが来ていたので、事情を話し警告しました。
でも、そのカップル、彼氏が「行っちゃうぞー」彼女「えーまじー」という感じで行ってましたが。
普通に判断ミスだと思いますが自己責任なので、無茶しやがってという感じで見送りました。
こちらはアドレナリン出っぱなしのまま、明かりと安全を求めて逃げ帰りました。




暗闇の中で獣と対峙するという滅多にない良い経験でした。
獣が迫って来ていたら完全にパニックになっていたと思います。
人間はこれを避けるために町を作ったのだと実感しました。

ウウーといううなり声は正確に覚えていません。
とにかくこちらに対する敵意を感じる獣の声でした。
聞いた瞬間にこの空間に居たくないと強く感じさせられました。
声の印象としては僕は猪、連れは犬か熊を連想しました。

やっぱり自然をなめてちゃいけませんね。
明かりなどの最低限の装備は持っていくべきでした。


大きな地図で見る

スポンサーサイト
  1. 2011/05/22(日) 10:12:52|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インド映画「Robot」入手 | ホーム | 中~東部うろうろ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/812-30e47cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。