FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「レバノン」(2011/01/10)

映画「レバノン」見ました。
レバノン戦争が舞台で戦車に乗り込んだイスラエル戦車兵の話です。

話はずっと戦車の中だけで進みます。
また、汚れた戦車内と乗員達の狂気、照準越しに見える狂った世界といった要素が雰囲気を重苦しくしています。
ちょっとタルコフスキー的な感じを受けました。

軍事的なリアリティはあまりないような印象を受けました。
戦車兵に戦意はまったくなく始終混乱して誰と戦っているかもよくわかっていない感じでした。
また、照準は索敵目的ではなく風景を映し出しているという感じでした。
リアリズムより戦場の狂気という演出を目的にした重苦しい反戦映画という印象です。



スポンサーサイト



  1. 2011/01/10(月) 21:11:35|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画「トロン;レガシー」 | ホーム | 川六の狛犬>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/772-6d316d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する