FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「珈琲時光」(2005/08/15)



映画「珈琲時光」公式ホームページ


ストーリーは、、、よくわからなかった。
一応、パンフ見たらわかったんだけど、ある意味どうでもいい気がする。

ストーリーを追うというよりは、切り取られた風景を見てる様な感じだった。
実際ストーリーとしてはほとんど起伏がなく、
ストーリーまで含めた風景を見ている気になる。
東京でないような東京の風景に目にいく。
この作品は現代の東京を風景から描いた作品だと思う。

ストーリー部では、親子の会話のところが一番心を動かされた。
親父さん何か言えよとか、
馬鹿娘とか、お母さん大変やねとか凄いイライラした(笑)

自分としては見ると表現するより眺めると表現する方が似合う作品だった。
スポンサーサイト



  1. 2005/08/15(月) 22:58:04|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<映画「呪怨」、「THE JUON」 | ホーム | 映画「星になった少年」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/70-cb3a036a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

珈琲時光

主演一青窈、浅野忠信、余貴美子、小林稔侍、萩原聖人監督ホー・シャオシェン(侯孝賢)脚本ホウ・シャオシェン、チュー・ティエンウェン製作2003年、日本電車と喫茶店の映画東京と群馬県高崎市を舞台に、台湾関係の仕事をしているフリーライターの日本人女性が....
  1. 2005/09/04(日) 12:52:42 |
  2. a story

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する