FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「善き人のためのソナタ」(2008/12/30)



2006年のドイツ映画「善き人のためのソナタ」を見ました。
旧東ドイツでは反体制派の国家的監視が行われました。
この映画では、ある劇作家を監視する国家保安局の大尉が描かれます。
大尉は劇作家とその恋人を監視するうちに影響を受けていくという話です。

すばらしい作品ですね。
映画「グッバイレーニン」と同様に東ドイツの崩壊というトラウマから良い作品が生まれています。
劇作家と恋人の話に感動するのはもちろん、ハゲで売春婦を雇う寂しい大尉にも共感してしまいます。
旧東ドイツの暗い生活と時代を超えるヒューマニズムをうまく描いていると思います。

スポンサーサイト



  1. 2008/12/30(火) 23:04:45|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<漫画「へうげもの」 | ホーム | 映画「ジャージの二人」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/627-2f8d8ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する