FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

書籍「SAS戦闘員」(2008/10/26)



書籍「SAS戦闘員」の上・下を読みました。
イギリスの特殊部隊であるSASのことを元隊員が経験を元に書いた本です。
入隊の試験、日常生活、北アイルランドでのIRAの戦い、中南米某国での警察部隊の訓練や麻薬取り締まりの活動などについて書かれています。

■組織

最も外部との圧力にさらされる場所なだけあって合理的ですね。
下らない儀式がなくて個人の能力が尊重されるところを気に入って、筆者は入隊を決意してます。

また、全体の組織(国家機関)の中での自分の立ち位置をよく理解してるようですね。
外国の訓練にいったSAS隊員が国のトップが参加していなかったことに驚いているエピソードがあります。
サッチャー元首相なんかは訓練に参加までしてたみたいです。
確かに、SASは国が目的を達成するための手段であるし、できることとできないことを意思決定者が把握するとこは重要でしょうね。

■情報収集とシミュレーション

SASでは、これで目標が達成できるというところまで情報収集と実際に近い環境での訓練(シミュレーション)を行うようですね。
本でも訓練と情報収集に関する部分がかなりを占めています。
特殊部隊の活動に関わらず、ものごとを進める際には非常に重要ですね。

■イギリス人

さすがイギリス人ですね。
話の中に紅茶を飲む場面が何回も出てきます。
あと、ジョークもおもしろいです。

■毒物か不明の食べ物の食べ方

SASでは、ジャングルで不明な食べ物は以下のようにして食べるそうです。
覚えておいていざというときはやってみましょう。

1. 皮膚にこすりつけて2時間ほど反応を見る。
2. 唇にこすりつけて反応を見る。
3. 下の先にこすりつけて反応を見る。
4. 歯茎のこすりつけて反応を見る。
5. ちょっぴり味をみる。
6. ちょっぴり食べてみて反応を見る。
スポンサーサイト



  1. 2008/10/26(日) 22:21:09|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロシアのウォッカのCM | ホーム | 映画「28日後」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/607-b390ade0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する