FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

書籍「近代能楽集」(2008/05/06)



書籍「近代能楽集」を読みました。
能をもとにした戯曲の作品集です。
三島由紀夫の作品は一度読んでみたかったと、Amazonの評判が良かったので買ってみました。

なんか文体がきれいですね。
それぞれの作品におけるストーリーは、絶対的な価値観が強く意識されるけど個人的な価値観のもとの幻想でしかなかったというようなものが多かったように思います。
あと、男女の関係を強く意識しているとも思います。

直感的ですが、三島という人はニヒリズムや相対主義の中で他人と理解し合えたという幻想を絶対的価値基準/美としているように感じます。
スポンサーサイト



  1. 2008/05/06(火) 07:34:58|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書籍「オイディプス王・アンティゴネ」 | ホーム | 書籍「ニーチェ入門」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/559-c58cf440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する