FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

書籍「ニーチェ入門」(2008/04/28)



書籍「そうだったのか現代思想」で紹介されている哲学者の中でニーチェに一番興味がわいたので「ニーチェ入門」を読みました。
やさしい言葉でニーチェについて説明されていてわかりやすかったです。

まだよくわかっていなくて、自分なりの解釈ですがニーチェの哲学は共感できますね。
視野が狭くなった時にこの本を読み返したいです。
自分なりにニーチェの考えを以下にまとめてみます。

・世界には何の意味もなく、人間の認識というのは自分の利益のために世界から対象を切り分けることでしかない。
・そんな世界の中でなぜ人が絶対的なもの(神)を求めるかというとルサンチマンのせいである。
 そのようなルサンチマンからの信仰は人間に害を及ぼす。
・意味のない世界の中で、人は何を基準にしたらいいかというと自身の生である。
 人間に知恵をも与えた生のみが絶対的な基準となりうる。

それにしても、ニーチェというのはすごい人ですね。
西欧で絶対的な価値観となっていたキリスト教を解体し、もう一つの価値観を提供しようとする試みは並大抵のことじゃできないと思います。
スポンサーサイト



  1. 2008/04/28(月) 21:12:30|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書籍「近代能楽集」 | ホーム | 書籍「そうだったのか現代思想」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/558-c14f1952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する