FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

書籍「戦争の経済学」(2008/02/24)



書籍「戦争の経済学」を読みました。
戦争は経済的にペイするものなのか?という宣伝文句で読み物かと思っていたのですが、
まさしく戦争と経済についての教科書でした。

本では、軍事全般についてを経済的な視点で見ていっています。
各章の最期には、要点がまとめてあり、理解を確認するための問題があります。
章中には豊富なデータが載っていて、それらに基づいた簡単な経済モデルが書かれています。
アメリカのGDPの推移といったメジャーなデータから、
軍人の給料の内訳といった普段あまり目にすることのないデータまでが載っています。

戦争は経済的にペイするものなのか?がわかる本ではなく、
それを考えるための方法と資料が載っている本だと感じました。
スポンサーサイト



  1. 2008/02/24(日) 20:25:23|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<RAID構成手順メモ | ホーム | 書籍「フランコ スペイン現代史の迷路」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/537-e62c37d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する