FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「ヤンババ ばばあ強盗団がやって来る!」(2007/12/15)



2000年のドイツ映画「ヤンババ ばばあ強盗団がやって来る!」を見ました。
ばあさん3人が豪華客船の旅のためにこつこつためていたお金を盗まれたために、
銀行強盗を試みるという話です。

一見するとコメディのようですが、フランスの映画「みなさん、さようなら」などと同じく
現代人の死との向かい合い方を描いた作品だと思います。
邦題にはセンスのかけらもありません。

現代では自分の生や死の意味は、"神"などの共同体の価値観では決められないので、
自分で決めなければなりません。
映画の老婆3人は、モラルや宗教から放り出されたごく個人的な世界の中で
死というものの意味を求めてあがいて苦しんで受け入れます。
そのような姿が現代人と死との関わりをよく表していると思います。

やはり死と向かい合った作品というものはおもしろいです。
監督が作品を通して示す死というものの意味は興味深いです。
DVDの製造は終了しているようですが、買ってみて良かったです。
スポンサーサイト



  1. 2007/12/15(土) 18:38:36|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画「脱走山脈」 | ホーム | 近況>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/515-5c0de64a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する