FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

真景累ヶ淵(2007/09/19)

この前、映画「怪談」をみて、原作の落語の「真景累ヶ淵」に興味を持ちました。
ネットを検索すると、落語の内容を書き起こしたもの(真景累ヶ淵/三遊亭圓朝)があったので読んでみました。
会社の昼休みに読んでいって、全部読み終わるまで2~3週間かかりました。

ストーリーが次々と展開していくので、最後まで飽きずに読めました。
また、全体的に状況が細かく描写されていて江戸時代の話とはいえ妙にリアリティがあります。
話を大きく展開していって多くの登場人物を出していき、
最後に因縁という繋がりでまとめあげてしまうのが強引ながらよくできています。
娯楽の少ない昔はもっとおもしろく感じたんでしょうね。

それにしても、映画と比べるとよりいっそう人間関係がドロドロしていますね。
途中から幽霊の存在感がかけらもなくなってしまうことや、
映画とは違う新吉の最期に驚きました。
スポンサーサイト



  1. 2007/09/19(水) 21:42:37|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<樗谿公園、本陣山、摩尼寺、久松山 | ホーム | 読書メモ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/499-85e5ab6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する