FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「メンフィス・ベル」(2007/08/23)



映画「メンフィス・ベル」を見ました。
舞台は第二次世界大戦で、アメリカ軍爆撃機"メンフィス・ベル"の
最後の任務であるドイツ爆撃の様子を描いた作品です。

戦闘機に比べて爆弾を落とすだけ(といっても大変なんですが)の爆撃機が題材とあって
アメリカ映画にしては割と地味です。
ただ、淡々と状況を描く映画「空軍大戦略」や「遠すぎた橋」といったイギリス映画に比べると、
見せ場がストーリーに盛り込まれている分だけ派手ではあります。
また、散々日本やドイツに無差別爆撃しておいて、軍事工場だけを精密に狙う任務を描く
のはいかにもアメリカ映画らしいです。

爆撃機の中の様子がけっこう丁寧に描かれて、
「紅の豚」や「ダーク・ブルー」といった戦闘機ものの映画とはまた一味違った
空で戦う男たちの話であるのが良いです。
墜落していく友軍機を見守ったり、護衛機が去っていくと心細かったり、
対空砲火にひたすら耐えて目標に接近したりと爆撃機にも独特の世界がありますね。
スポンサーサイト



  1. 2007/08/23(木) 21:43:53|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鳥取県護国神社 | ホーム | 映画「夕凪の街 桜の国」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/492-95acd924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する