FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「ライフイズミラクル」(2007/07/08)



フランス・ユーゴスラビアの映画「ライフイズミラクル」を見ました。
ボスニア紛争を背景とした、息子を徴兵され妻に逃げられた冴えない男と
捕虜のムスリム女性のラブストーリーです。

いまいち面白く無かったです。
何故かというと、作品がボスニア紛争と正対しているように見えず、
ファンタジックに現実を覆い隠しているだけのように感じるからです。
身近な人は誰も死にませんし、死んだ人なんかも余韻なくあっさり流されるだけです。
敵であるムスリムの女性への偏見や差別の描写も特に無く、
同じ国内で人々が敵と味方に別れて争う紛争の悲劇というものは描かれていません。
作者の紛争に対する"思い"を感じられませんでした。

むやみやたらに悲劇的にすればよいと言うものではありませんが、
信念を持って行動したわけではない人たちがたまたまうまくいったストーリーを見せられて
人生って素晴らしいと言われても説得力を感じません。
背景にはたまたまうまくいかなかった20万人の死や民族浄化があるのですから。

大抵のフランス映画は確かにファンタジックではあるのですが、
ファンタジックな要素とは現実のカリカチュアであり、テーマに説得力があります。
しかし、この映画は特に紛争に関する部分が現実感がありませんでした。
生活描写の部分は好きなところもあるのですが、、、。
スポンサーサイト



  1. 2007/07/08(日) 20:02:25|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画「チャンドラムキ」 | ホーム | エチオピア饅頭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/483-f277abe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する