FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「恐怖の足跡」(2007/06/03)



1961年のモノクロ映画「恐怖の足跡」を見ました。

ある時、車の事故から一人だけ生き残った女性は、事故を忘れるために遠くの村に移り住みます。
しかし、現われては消える謎の男を始めとして不思議な現象が周りで起き、
女性の日常生活が崩れていく、、、という話です。

ストーリーとしてはあまり面白く無かったです。
女性が体験する怪奇現象は、客観的な事実が他者と共有されなくて、
女性の主観の中だけで起きるので単なる精神病の類に思えてしまいます。
最後の最後で事実の共有がされて、怪奇現象が女性のものだけではなくなるのですが、
大部分が妄想に付き合ってる感じで楽しめませんでした。

また、全体的に背景描写はほとんどないので登場人物が何を考えているかわからないという不気味さがあります。
ただ、そのために登場人物に感情移入できないという結果になってしまっていると思います。

全体的には、もうちょっとわけのわからなさを制御していれば
怖いホラーになっていた気がします。
部分的におもしろいシーンはいくつかありました。
特に廃墟の中を女性が歩いている時に、ふいにものが動き出したり
するところは雰囲気が良かったです。
スポンサーサイト



  1. 2007/06/03(日) 21:23:41|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アニメ「時をかける少女」 | ホーム | 映画「メトロポリス」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/476-02246acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する