FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「ジョン・レノンの僕の戦争」(2007/05/13)



イギリス映画「ジョン・レノンの僕の戦争」、原題「HOW I WON THE WAR」を見ました。
邦題の割にはビートルズのジョン・レノンは単なる脇役です。

第二次世界大戦で、イギリス軍のある部隊が
前線にクリケット場を作ることを命じられるというコメディ映画です。

コメディ映画なんですがほとんど笑えませんでした。
イギリスのコメディ映画は「エビボクサー」や「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」を見ましたが、
イギリス人の笑いの感性は日本人と相当異なるように思えます。
ジョンブルはわかりません。

それにしても意味がわからないところが多すぎです。
例えば、戦闘シーンは、ダンケルクやジュビリー作戦(ディエップ)、マーケットガーデン作戦(アルンヘム)といった
史実でイギリス軍が大敗した戦場のシーンに見立てて比喩的に表現されます。
これは、イギリス人にはすぐわかるのかも知れませんが、
日本人の自分にはすぐにピンときませんでした。
他にも、回想シーンと現在のシーンが平行して進行するストーリーや、
映画を撮影しているということを意識させるストーリー(役者がギャラの話をしてたりする)
で話がわかりにくいです。
特に、青やピンク色で全身塗りたくられた兵卒の表現の意味がよく分かりませんでした。
部隊の誰かが死ぬとその分塗りたくられた兵卒が増えているので、
死んだ兵卒に対するなんらかの表現だとは思うのですが、、、?

まあとにかく反戦的な表現にあふれていることくらいはわかります。
不条理であまり意味のないような表現は、そのまま戦争の不条理さや意味のなさを表している
のかもしれません。
ほんとよくわかりませんが、、、。
スポンサーサイト



  1. 2007/05/13(日) 00:38:36|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<私信 | ホーム | 映画「かもめ食堂」>>

コメント

イギリスのコメディを理解したければ
レッドドワーフ号
を見るべし。それで終了。
  1. URL |
  2. 2007/05/25(金) 01:26:44 |
  3. KAFUKA #eqP7eH0Y
  4. [ 編集]

あれはイギリス作品ですか。
一度ちゃんと見てみます。
  1. URL |
  2. 2007/05/25(金) 06:43:20 |
  3. おげれつ脱脂綿 #XSpOQyYU
  4. [ 編集]

いや、「ちゃんと」みるもんじゃないよ(笑)
BBCの懐の深さに驚嘆するべし、、、

個人的にはナイチンゲール&ガンジーを爆殺するところと、
イメージトレーニングで草原を疾走するチーターを思い浮かべたつもりが、
回し車をカラカラ回すハムスターになったとことかがツボです。

いや、もっと全編笑えますが「一人でツッコミが入れれるかどうか」がポイントになるかもです。
あ、NHKの吹き替えは相当出来が良いので、吹き替えをおすすめします。
  1. URL |
  2. 2007/05/26(土) 01:40:21 |
  3. KAFUKA #eqP7eH0Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/471-f7d48f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する