FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「ブラック・ブック」(2007/05/05)

映画館で映画「ブラック・ブック」を見ました。

話の舞台は、第二次世界大戦末期のナチス政権下のオランダです。
ナチス政権下から脱出しようとしたユダヤ人のヒロインは、
ドイツ軍に見つかり家族を殺されます。
レジスタンス活動に身を投じたヒロインは、
あるドイツ将校に近付き復讐を果たそうとしますが、、、
という話です。

「氷の微笑」・「インビジブル」の監督作品なだけあって、
こてこてのハリウッド映画でした。
オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー合作というので
映画はヨーロッパテイストかと思ったんですが、
悪い意味でアメリカ的な作品です。

単なるサスペンス映画ですね。
感情や背景の描写がほとんどないので、登場人物にふかみがないです。
だからといって、サスペンスとして話を楽しむにはものたりない内容です。
家族を殺した犯人捜しの要素がメインにあると思うのですが、
ただ単に殺されずに残った人物が犯人ですしね。
また、悪事を暴かずに犯人を平気で私刑にするのはどうかと思います。

この監督だとこの程度の作品ですかね。
スポンサーサイト



  1. 2007/05/05(土) 22:21:21|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゴールデンウィーク | ホーム | 映画「やさしい嘘」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/467-6b90ee07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する