FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

書籍「イワン・デニーソヴィチの一日」(2007/04/14)



書籍「イワン・デニーソヴィチの一日」を読みました。

スターリン時代の強制収容所に入れられたイワン・デニーソヴィチの
起きてから寝るまでのある一日の生活を描いた作品です。
値段が安く、250ページほどの短編なのですが、強制収容所での過酷な生活の様子と、
その中でたくましく生きる人たちの様子がリアルに描かれています。
強制収容所で生きるイワン・デニーソヴィチの様子は、
「指輪物語」のモルドールを行くフロドとサムを思い出させました。
スターリンの暗黒時代を告発すると共に、人間の素晴らしさを描いた傑作だと思います。

強制収容所の過酷な様子には、思わず空笑いしてしまいます。
囚人たちは、建設作業といった強制労働をさせられるのですが、
気温-40度以下にならないと作業中止にならず、-30度といった過酷な環境の中で働かさせられます。
労働は、張り切ってやっていたら生きていけないので、
極力手を抜きつつも、上から睨まれない程度に要領良くしていかないといけない始末です。
しかも、囚人に与えられる差し入れや、働いた分のお金、食料などは全部ピンはねされます。
例えば、肉の脂身のいいところを自分用に持ち帰り、悪い部分を囚人用の昼食にするコックがいたりします。

そのような環境の中で、イワン・デニーソヴィチは自分の能力を生かしてたくましく一日を過ごします。
生きることに全ての力を注がないといけないようなところで、
諦めたり絶望したりせず、楽しみを見つけ出して生きているイワン・デニーヴィチの姿は感動的です。

何度も読み返したくなるようなこのような素敵な本に出会えて良かったです。
スポンサーサイト



  1. 2007/04/14(土) 20:31:59|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<映画「原始惑星への旅」 | ホーム | チョコビール>>

コメント

韓流スターかっこい~


韓流スターの情報を集めていて自分でもサイトを作ってしまいました


もしよろしければ遊びに来てみてくださいね
  1. URL |
  2. 2007/04/14(土) 21:05:46 |
  3. 韓流スターだーいすき #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/464-b2e4b5a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する