FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「吸血鬼ノスフェラトゥ」(2007/04/08)

1922年のドイツのモノクロサイレント映画「吸血鬼ノスフェラトゥ」を見ました。

トランシルバニアの伯爵がブレーメンに家を買いたいということで、
結婚したばかりの斡旋業の男は伯爵の屋敷に向かう。
しかし、伯爵はドラキュラで、男の血をすすった伯爵はブレーメンに
向かい恐怖を振りまく、という話です。

とは言うものの、展開の少ないストーリーと、
サイレント映画ゆえの大げさな演技で怖くなかったです。
伯爵の不気味な容姿(役者の素の姿らしい)や、
影を使った演出、吸血鬼の恐怖を伝染病の恐怖と関連させる演出
といった部分で見るべきものはありましたが。

雰囲気を重視した作品で、ストーリーのリアリティは二の次なんですかね。
映画の最初に、初めての感染者は新婚の二人だったと言っていますが、
ストーリー展開ではそうなってなかったです。
せっせと棺おけを運ぶ伯爵や、あっさり朝日を浴びて死んでしまう伯爵
といったシュールなところがあり笑ってしまいました。
また、ヘルシング教授も出てくるものの、単にうろちょろしてるだけのおっさんでした。

スポンサーサイト



  1. 2007/04/08(日) 15:26:21|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書籍「独ソ戦全史」 | ホーム | 映画「9 РОТА」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/461-c99b3211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する