FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「キートンの蒸気船」(2007/03/31)

三大喜劇王の一人であるバスター・キートンの映画「キートンの蒸気船」を見ました。
1928年制作のモノクロ・サイレントなコメディ映画です。

ストーリーの概要は、以下のようなものです。
オンボロの蒸気船の船長が、長い間離れて暮らしていた息子と会うことになった。
しかし、バスター・キートン扮する息子は会ってみれば軟弱者で、
目の敵にしている客船のオーナーの娘と付き合っていた。
争いあう船長とオーナー、ウマがあわない親子、親の争いでうまくいかない恋人達と
まったく人間関係がうまくいっていないところに、
猛烈なハリケーンがやってきて、、、

面白かったです。
まず、ストーリーが良かったです。
話としてはロミオとジュリエットといった感じの割とベタなものなのですが、
こじれた人間関係が、息子役のバスター・キートンの活躍によって修復され、
綺麗にハッピーエンドをむかえるのが良いです。

次に、コメディとしても良かったです。
バスター・キートンの素人ジャッキ―チェンといえるようなアクションが凄いです
車から飛び降りるとか、2階くらい高さから
落ちるといったことができる芸人はそういないんじゃないでしょうか。
瀕死の重傷も何度か負っているとゆうのも納得できます。
本当に普通の人そうなバスター・キートンが
そういうアクションをしているので凄いと思わされます。

アクションと併せて映像面も迫力がありました。
特にハリケーンのシーンは、次々と潰れる家、吹き飛ばされる人・物、
が特殊映像や実際の映像でダイナミックに撮られていて一見の価値ありでした。

ストーリー・映像・アクションとも、アニメのように非常にコミカルに
強調されていて約1時間と短い作品ながら十二分に楽しめました。
スポンサーサイト



  1. 2007/03/31(土) 16:52:20|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画「9 РОТА」 | ホーム | 文庫本「ローマ人の物語 ローマは一日にして成らず(上)」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/459-9744021c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する