FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「キッド」(2007/03/03)



チャップリンの映画「キッド」を見ました。
貧民街に捨てられた子供をチャップリンが育てる話です。
映画冒頭にあるように「ほほえましく、たぶん一粒の涙をそそる物語」でした。

子役の演技が良かったです。
チャップリンと子供の絆が強く感じられました。
また、貧乏な生活の様子に迫力がありました。
やはり、苦しい生活をしていたチャップリン自身の幼少期の体験から
にじみ出るもののためでしょうか。

他には、ドタバタ劇の演出の仕方が上手いと感じました。
ストーリーを盛大に発散させて収束させてしまうのが見事だと思います。
アメリカの良質なコメディ映画はこれが上手いですね。
スポンサーサイト



  1. 2007/03/03(土) 23:01:01|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鳥取砂丘で海鮮丼 | ホーム | サラザールとポルトガル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/449-800937a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する