FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

「ブラッカムの爆撃機」(2006/12/03)



児童書の「ブラッカムの爆撃機」を読みました。

3つの話が収録されていて、宮崎駿の描き下ろしの漫画・イラストがついています。

○ ブラッカムの爆撃機
話の主人公は、第二次世界大戦中に、ドイツまで行く
イギリス爆撃機の無線士です。
ある時、嫌われ者のブラッカムが乗り込む別の爆撃機に事件が起きて、
亡霊が取り付いてしまい、、、というお話です。

○ チャス・マッギルの冒険
話の主人公は、第二次世界大戦中に、ドイツの空爆のために
お屋敷に疎開したイギリスの少年です。
少年の部屋の隣の部屋が過去に通じていて、、、というお話です。

○ ぼくを作ったもの
あるところに祖父が苦手な少年がいました。
でも、ある時、祖父がとっている品物にまつわる話を聞いて、、、という
短編のお話です。




"ブラッカムの爆撃機"も"チェス・マッギルの冒険"も
ファンタジックな良いお話で児童書ながらおもしろいです。
また、宮崎さんの漫画により話に入りやすいようになっています。

3作品とも戦争のことを扱っていて、その描写は凄いです。
特に"ブラッカムの爆撃機"は爆撃機の様子が凄く細かく描かれています。
また、戦争の残酷さ・恐ろしさが、ファンタジックな話の中で
下手な直接的描写よりよっぽど強く表されていると思います。

あとがきで筆者が、子供に対して、
殺菌され無菌化された政治論理のルールブックとしてではなく、
この世を生き抜くためのサバイバルキットとして役立つ、
フィクションが必要だと思って作品を書いたということが
書かれているのが印象的です。
確かにこの3作品はそのように書かれていると思います。

そういえば、戦争を背景に描かれる児童文学作品だと、
"燃えるタンカー"なんかもありましたね。ふと思い出しました。
また、"チェス・マッギルの冒険"は、シチュエーションから
"トムは真夜中の庭で"を思い出しました。
スポンサーサイト



  1. 2006/12/03(日) 22:34:00|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<映画「ドクトル・ジバゴ」 | ホーム | 映画「タクシードライバー」>>

コメント

やっぱりホンキドタカイですね!

>殺菌され無菌化された政治論理のルールブック
いやいや、子供たちは地獄のようないじめ戦争の最前線で戦闘中ですよ!
「タクシードライバー」の方に共感する子供たち、、、いやー素晴らしいですね!
今こそ、おげれつ脱脂綿が聖剣を振りかざし、革命を起こすときですよ!
世界を真っ赤な絨毯で敷き詰めてくださいな。
オレ?オレは小心者なので物陰から応援しときます。
「ばんじゃーい、ばんじゃーい」
  1. URL |
  2. 2006/12/05(火) 20:21:25 |
  3. KAFUKA #eqP7eH0Y
  4. [ 編集]

あたぼうでぃっ!

前にテレビで印象的ないじめの具体例が出てました。
クラスで一番大きなグループのリーダーが
他の全ての小さなグループに、グループ中の1人をいじめるように
指示を出していたそうです。
クラスでは昨日の友が今日の敵になってみんなが疑心暗鬼に陥ったそうです、

身近を親衛隊で固めて、それ以外の勢力がまとまらないようにする。
権力者が良くやる手ですが、それを本能かなんかで
身に付けている子供、、、いやあ凄いですねえ!

ワタシ?ワタシはそんな生粋の独裁者じゃないですよ。
「ウラー ウラー」

  1. URL |
  2. 2006/12/05(火) 21:05:08 |
  3. おげれつ脱脂綿 #XSpOQyYU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/408-444a3cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する