FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「タクシードライバー」(2006/12/03)

映画「タクシードライバー」を見ました。

ベトナム帰還兵の青年が、娼婦・麻薬・銃などが溢れるゴミためのような街の中で
タクシードライバーをしながら狂気に落ちていく話でした。

この映画がレーガン大統領を引き起こしたそうです。
ジョン・ヒンクリー - Wikipedia

映画で描かれる都会の中での孤独感、社会の歪み、狂気がリアルに感じられます。
狂った街の中での青年の狂気に共感できてしまうところがあります。
最後に青年の狂気が街に受け入れられてしまうラストといい、
いきつくところまでいってしまったような描写が凄い作品でした。
スポンサーサイト



  1. 2006/12/03(日) 01:04:19|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ブラッカムの爆撃機」 | ホーム | 映画「冒険者たち」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/407-cf541328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する