FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「ドクトル・ジバゴ」(2006/11/27)

1965年制作の映画「ドクトル・ジバゴ」を見ました。

ロシア革命の時代を生きたある詩人の半生を描いた作品です。

基本的には、人間ドラマが主体の娯楽に徹した作品だと思います。
映画の途中で中休みの時間が設けてあったり、
登場人物の生活感がリアルじゃないところがあります。
その人間ドラマがおもしろくないわけではないのですが、
作品のテーマ性は薄れてしまっているように思います。

ただ、背景となるロシア革命の描写がとても興味深いです。
粛清や赤衛軍と白衛軍の戦い、第1次世界大戦、当時の生活
など知らないことばかりなので面白いです。
また、ろくでもないロシア革命の描写や、
映画中に労働者が「レーニンってだれ?新しい皇帝」みたいな
セリフを言うシーンが印象深いです。
スポンサーサイト



  1. 2006/11/27(月) 19:41:46|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画「冒険者たち」 | ホーム | 映画「ククーシュカ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/405-8e03057c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する