FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「ククーシュカ」(2006/11/12)



映画「ククーシュカ」を見ました。
映画の舞台は、第二次世界大戦後半のフィンランドのラップランドです。
ストーリーは、
フィンランド軍の見捨てられたおしゃべりな青年ヴェイッコ、
ソ連赤軍の祖国に裏切られた偏屈な将校イワン、
ラップランドに住む未亡人アンニというお互いに言葉が通じない3人が
出会って一緒に生活していく、
というものです。

言葉の通じないもの同士・敵国の者同士の心の交流を描くことで、
ストレートに争いの愚かさと人が愛し合う大切さ
を表現していると思います。

サウナを自作してしまうヴェイッコや、
とてもロシア人的なイワンという2人が、
彼らがフィンランドとロシアという別の国に所属していることを
強く意識させていると思います。

ただ、映画としては、劇的な展開はあまり無く、
3人が生活していく様子がのんびりと描かれています。
広大なフィンランドの自然と、大地に根ざして生きるアンニが、
戦争や争い、死といったものをも内包してしまっているように感じます。
スポンサーサイト



  1. 2006/11/12(日) 20:44:25|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画「ドクトル・ジバゴ」 | ホーム | 映画館閉館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/404-9b87e286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する