FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「ユナイテッド93」(2006/09/16)

映画「ユナイテッド93」を見てきました。

この映画では、911のテロの全体の様子を、軍や民間航空機の管制センターから描きつつ、
唯一目標に達しなかったユナイテッド93便の飛び立ってから墜落するまでの機内の様子
を描いています。

登場人物の背景描写はほとんどなく、テロの状況を中心に描いていました。
当時の映画においてもまったく想像が及んでいなかった
圧倒的な現実を元にしているだけあって迫力はありました。
ふとテレビを見ていて我が目を疑ったあの日を鮮明に思い出しました。

やはり、乗客が電話で家族に別れを告げるシーンは泣いてしまいました。
当時もこのエピソードを知ったときには悲しくなりました。
圧倒的な暴力によって日常を破壊され、家族に別れを告げなければいけなかった人、
別れを告げられた家族の気持ちを思うとやりきれないものを感じます。

ただ、乗客がテロリストに対して反乱を起こしたシーンでに、
乗客がテロリストの首を腕で締め上げへし折っていたのは、、、
アメリカの強さの象徴的表現なんでしょうか、、、

ハイジャック機の撃墜命令を受けながら実行せず対応が遅れた軍が
批判的に描かれていたり、テロリストに対して勇敢に抵抗したユナイテッド93便
が中心に描いているというのは印象的です。
また、ハイジャック犯側のコーランの唱えている場面と、
乗客が「天にまします我らが神よ、、、」と言っている場面が
対比されていたのも印象に残りました。
スポンサーサイト



  1. 2006/09/16(土) 18:51:48|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画「ピエロの赤い鼻」 | ホーム | 車検とトラブル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/385-788c7299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する