FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

フィンランド(2006/09/03)

最近、第二次世界大戦中のフィンランドについて興味があります。
この頃のフィンランドの人々の知恵と勇気ある行動がおもしろいです。
第二次世界大戦中にフィンランドは、以下のような3つの戦いを行っています。
冬戦争 - Wikipedia
継続戦争 - Wikipedia
ラップランド戦争 - Wikipedia

ネットで調べてみると、書籍「雪中の奇跡」が冬戦争について、
書籍「流血の夏」が継続戦争について詳しく書かれていることが
わかったのでこの2冊を読んでみました。


「雪中の奇跡」
圧倒的なソ連赤軍の侵略、他国から同情はされるがほとんど支援がない孤立無援の状態
といった絶望的な状況の中で善戦したフィンランドの冬戦争の様子がこの本で描かれます。
この本は、戦争全体の流れもさることながら、
兵士個人のエピソードがたくさんあっておもしろかったです。

「流血の夏」
ソ連とドイツの間でなんとか立ち回りながらソ連、のちにドイツと戦った
フィンランドの様子がこの本で描かれます。
この本は、戦争の全体的な流れの描写に終始する感じで、
読み物として、「雪中の奇跡」ほどは、おもしろくありませんでした。
しかし、大統領のペテンや、フィンランドと日本の関係、
圧倒的なソ連赤軍の様子などが興味深かったです。
スポンサーサイト



  1. 2006/09/03(日) 21:23:03|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<映画「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」 | ホーム | 映画「オープン・ウォーター」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/382-dd555f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦後フィンランド

外務省調査月報 2000/No.2 に「戦後の欧州情勢の変化とフィンランドの中立政策の変貌」があるのを知って読んでいたのですが、おもしろかったです。ソ連を相手によくここまで戦略を立てて立派に生き残れたものだと感心します
  1. 2006/12/17(日) 19:48:18 |
  2. 水雲風

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する