FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「誰がために鐘は鳴る」(2006/08/15)

1943年にアメリカで製作された映画「誰がために鐘は鳴る」を見ました。
ヘミングウェイの小説「誰がために鐘は鳴る」を映画化したものらしいです。

スペイン内戦が舞台で、アメリカから共和国派の義勇兵として参加した主人公が、
橋の爆破任務のために活躍する話です。

映画の雰囲気がアメリカンです。
スペイン内戦ならではのエピソードは興味深いですが、
スペイン内戦というか西部劇のような感じがします。
アメリカ映画に典型的な頭の弱い美女が出てきて、
主人公とラブストーリーを繰り広げるのもアメリカ映画らしいです。
このラブストーリー部分のテンポが悪いのでだれました。

ただ、今のアメリカの映画とは、少し雰囲気が違うところもあるように思います。
仲間を裏切ったような奴が最後まで生き残ったり、
映画が悲壮な終わり方をしたりという部分でそう感じます。

それにしても日本が太平洋で必死こいて戦っているとき、
アメリカはこんな映画作ってたんですね。
スポンサーサイト



  1. 2006/08/15(火) 19:05:56|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お盆の帰省 | ホーム | 映画「クジラの島の少女」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/377-e13b5b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する