FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

アニメ「ハウルの動く城」(2006/07/21)



「ハウルの動く城」をテレビで見ました。
荒地の魔女・戦争・呪い・ハウルの師匠の魔女など要素を詰め込みすぎて
それぞれの話が薄くなっている気がします。

その要素の中で戦争の描写が嫌いです。
死ぬ人も見えないし、かけがえのないものを失う描写もない
綺麗すぎる戦争の描写だと思います。
爆弾を落とされて吹き飛ばされたものに対する悲しみを感じられませんでした。
そういうものを描かないまま、戦争は嫌だとか、あいつらは人殺しだとか
言っても説得力を感じません。
また、場当たり的に戦争を止めようとするハウルの行動も納得できません。

魔法を通して世界の真理を解くわけでもなく、
戦争を通して何かを得るわけでもなく、
ちょっと高尚に見せた単なるラブストーリーというのがおもしろくなかったです。

ファンタジーとしてまとまっている原作の方がおもしろかったです。

ステーキ肉かと思うようなベーコンや卵を焼いて食べたり、掃除をする日常シーンは好きでした。
スポンサーサイト



  1. 2006/07/21(金) 21:06:00|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日吉津へ | ホーム | 「ソビエト航空戦」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/368-5d725b5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する