FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「自転車泥棒」(2006/05/14)



1948年制作のイタリア映画「自転車泥棒」を見ました。
第二次世界大戦直後の混乱したイタリアが舞台で、
仕事のためにやっと手に入れた自転車を盗られた父親と息子が、
町中を捜してまわる話です。

時代背景にそれほど詳しいわけではないのでよくわからないところもありますが、
全体的に社会が混乱している様子が感じられます。
職安に群がる失業者、自転車が盗られたくらいではまったく相手にしない警察、
占いにはまる人々等々が描写されていて全体的に閉塞感が漂います。
ストーリーも時代の重苦しさがよく表わされています。

また、父親が凄く駄目人間で何をやっても失敗する人なので、
よけい時代の暗さが浮き彫りにされていると思います。
この父親は幸せな時代に生きていたらちょっと駄目だけど
憎めない人だったと思います。
私もかなり駄目人間なので、この父親に共感するところがあります。
それだけに、時代の流れに翻弄されてボロボロにされて迎える結末は
あまりにも切ないです。


それにしても、このような作品を500円で見ることが
できるというのはすばらしいです。
スポンサーサイト



  1. 2006/05/14(日) 20:44:41|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あれなアニメ | ホーム | 「被爆治療83日間の記録」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/338-4328a380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する