FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

「Grasshoppa! Vol.3」(2006/02/06)



「Grasshoppa! Vol.3」を見ました。
実験的映像作品集らしいですけど、漫画「流星課長」の実写が目当てでした。

それで、見たんですが「流星課長」は微妙でした。
ひとつの作品としては断然漫画の方が面白かったです。
元々の話が話なので勢いさえあればなんとなくまとまってしまうんでしょうが、
原作の魅力未満だったのは残念です。
映像表現の実験的要素が強いんでしょうか。
確かに「流星課長」をどう表現するかは興味ありましたし、
映像化を試みたくなる作品なのかもしれません。

折角なので「流星課長」以外の感想も書いておきます。
「WINDOW#003」はやけにムカつきました。
表現形態が鼻に付いてイライラさせられます。
狙ってこの感情を起こるようにしているなら大したものだと思います。
とにかく感情が湧く作品ではあったので印象が強いです。

「ハル&ボンス」は一番おもしろく感じました。
喋る犬2匹ともち1個がひたすらリビングで話しするだけなんですが、
それだけでストーリーが展開していると思わせられるのがおもしろかったです。
それで興味を持って調べたら「ハル&ボンス」単独でDVDがあるんですね。
ちょっと欲しいです。

他の作品は続編だったり実験的要素が強かったりで、
作品として印象が薄いです。

05/02/07追記

友達に、「ハル&ボンス」はラジオやんと指摘されました。
なるほど確かに映像面に重きがおかれていませんね。
静止画を見ながら会話を聞いてもあまり印象が変わらない気がします。
3Dの効果を「ポピーザパフォーマー」程は生かしていないと思いますが、
他の話ではどうなんでしょう。

スポンサーサイト



  1. 2006/02/06(月) 23:44:41|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりに自炊 | ホーム | 久しぶりに雪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/262-c637d45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する