FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」(2006/01/29)



ロシアの「不思議惑星キン・ザ・ザ」を見ました。

モスクワで技師と青年が変な男に出会う。
2人は手に持っている機械をいじってしまった
ことによってキン・ザ・ザ星雲の惑星ブリュクにテレポートしてしまう。
2人はこの珍妙な惑星から地球に帰ることが出来るのか。
というようなストーリーです。

一見すばらしく馬鹿らしい設定ばかりですが、
ここらへんまで突き詰めると逆に凄く思えてきます。
寺山修二の作品と諸星 大二郎次の「ど元世界物語」とロシア
を溶かして混ぜたらこんな作品になるのかもしれません。
まあとにかく混沌としていて今はこの作品に対して消化不良気味です。
ストーリーはあるものの、ストーリーを持つ作品として捉えるより
詩的な作品として捉えるべきなんでしょうか。

どこかサイトの感想に、ネット上でのこの作品のみんなの感想がクーやキューしか
書いてなくてわからない。キュー。という感想がありました。
この感想は初見の人が表すであろう感想を端的に表していて面白かったです。クー。
確かにクーとキューはインパクトがありました。

ちなみにクーとキューには以下のような意味があって世界の全ての物事は
クーとキューで表現できるみたいです。
チャトル=パッツ語小辞典より
キュー:公言可能な罵倒語
クー:残りの表現全部

スポンサーサイト



  1. 2006/01/29(日) 19:50:36|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<漫画「劇画ヒットラー」 | ホーム | 鳥取40連隊メモ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/258-b3a33367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する