FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

アニメ「ユンカース・カム・ヒア」(2006/01/18)



アニメ「ユンカース・カム・ヒア」を見ました。
お金持ちの家に住む小学校6年の女の子のひろみと喋る犬のユンカースのお話です。
家庭教師への恋心と親の離婚を中心に話が進んでいきます。

どんな作品か全然知らなかったので見ましたが、
ユンカースが男子トイレでおしっこをして出てきた時、
外にいた木におしっこをしている犬を連れた女の人が驚いて、
自分の犬とユンカースを見比べているところで、子供のための作品だと思いました。
普通に考えればトイレの中を見ていない女の人は、犬がトイレから入って出てきたくらいで
は驚かないでしょう。おしっこをしている犬と見比べているということは、
明らかに中の様子を知った行動だと思います。
見ている人は中での様子を知っているので主観でわかりやすい表現だと思います。
このおかげですぐにそういう子供向けの作品だという視点ができたので見やすかったです。

[以下ネタバレ][ひろみとユンカースはひろみが主体の2者1体ですね。
ひろみが子供らしくない大人であり、ユンカースがひろみの子供っぽい無邪気さ
を持つひろみのもう1つ姿として表現されていると思います。
こういう形態をとるとひろみの心の動きがわかりやすいです。
ひろみとユンカースの会話がひろみの心の動きを直接的に表すからです。
この会話はほぼひろみの自問自答に聞こえました。
また、主役のひろみの心の動きがわかりやすい故に、
ひろみに共感しやすく子供にわかりやすい作品だと思います。

最後にユンカースが喋れなくなるのも、ひろみが押し殺していた子供っぽさを表出したら
ユンカースの役割がなくなるからでしょう。
]

この作品はとにかく子供にわかりやすいと思います。
家政婦の恋心や家の金持ち具合等、ストーリーの誇張がされ注目ポイントがすぐわかります。

他には表現で目に付いたのが、光を意識した時以外は
人物に影が落ちたり、人物の影が落ちないというという個所です。
これは、人物が背景から浮き上がり注目しやすいという表現でしょうか。

[以下ネタバレ][この作品は、努力や
思いやりの大切さを示していると思います。
結果がどうであれ、女の子の行動は大体において最適であると思います。
そして、結果が出ることで子供にわかりやすいのでしょう。
教師ありの学習データといったところでしょうか。
]
監督が子供たちも見ているといっていたフランスのアニメ「ベルヴィル・ランデブー
と比較すると両者の違いがおもしろいです。
これらの学習データの違いによって、
国民性の違いが形成されるということを感じます。

特定された相手への表現がなかなか興味深い作品でした。

ほぼ同日訂正



06/01/24追記

警視庁の少年を犯罪から守る~ドキドキまあちゃんゲームとかも
凄く日本的な"教育"だと思います。
この作品との共通性を感じてしまいます。
スポンサーサイト



  1. 2006/01/18(水) 22:48:25|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボトル缶とキス○| ̄|_ | ホーム | アニメ「アニマトリックス」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/248-9c0e62ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する