FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

戦争を起こすには(2006/01/09)

戦争プロパガンダ10の法則というものをふと目にしたのでメモしておきます。

戦争プロパガンダ10の法則(引用)
1.われわれは戦争を欲していない。
2.しかし、敵側が一方的に戦争を望んだ。
3.敵の指導者は悪魔のような人間だ。
4.われわれは領土のためではなく、偉大な使命のために戦う。
5.われわれも誤って犠牲を出すことがある。だが敵はわざと残虐行為におよんでいる。
6.敵は卑劣な兵器や戦略を用いている。
7.われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大だ。
8.芸術家や知識人もおの正義の戦いを指示している。
9.われわれの大義は神聖なものである。
10.この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である。
"「戦争プロパガンダ10の法則」 永田千奈訳, 草思社"より

戦争を行うには民衆に対して"自己の正当化"と"相手への同情(共感)を無くす"
という2つのことが必要だと思います。
併せて、この構造自体を安易な外力では崩されないようにしなければなりません。
上記の10の法則はこれらを成し遂げる為の方法であると思います。

また、上の法則は戦争以外の世の中のいろいろな人間の事象にも
大なり小なり当てはまると思います。

上のような主張に安易に身を任せて絶対化することは、責任をその考えに押し付け、
自分は考えなくて良いので楽でしょう。
この主張は安定で変化し難いように構成されています。
不安定なこの世の中で安定的なものを持つことは心地よいでしょう。
しかし、その主張が相対化された時に、身を任せた主張による当然の行為に対する
責任が自分のものとなるリスクは考慮する必要があるでしょう。
そして、絶対的な主張などは存在せず、
時間や空間、そして人間によって変化するものであることも留意する必要があるでしょう。

スポンサーサイト



  1. 2006/01/09(月) 20:25:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イタリアファンメモ | ホーム | 鳥取砂丘情報館「サンドパルとっとり」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/236-69c2e86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する