FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

アニメ「くもとちゅうりっぷ」(2006/01/05)

DVDの「くもとちゅうりっぷ」を見ました。
太平洋戦争の前後の時期に作られた
日本アニメーションの父ともよばれる政岡憲三氏の白黒アニメ作品集です。
"くもとちゅうりっぷ"は見たことがあったのですが、
他の作品は全然見たことがありませんでした。

"トラちゃんシリーズ"はあまりおもしろくなかったんですが、
"くもとちゅうりっぷ"、"べんけい対ウシワカ"、"桜(春の幻想)"、
"茶釜音頭"は凄くおもしろかったです。
"トラちゃんシリーズ"はスタッフも増え、会社の元で自分の好きなようなものを
作れなかったのかなと想像します。

それにしても全体的には凄いアニメだと思います。
まず、ストーリーの作り方がうまいと思います。
アニメ的な表現をうまく使ったストーリーで魅きつけられました。
この先どうなってしまうのかという好奇心がわきます。

また、空間の表現力が凄いと思います。
ほとんどの登場する"物"が単なる2次元の絵ではなく
1つの物体として空間上に位置しているのをよく認識できます。
そして、登場人物はこの作成された空間上を
縦横無尽にいきいきと動きまわるように感じます。
人物のモーションに関してもそう感じます。

他には、音楽との融合がすばらしいと思います。
音楽にあわせてテンポよく話が進むのが心地よいです。
ミュージカルな構成も絵の表現やストーリーとうまく合致していると思います。
音楽・絵・ストーリーが一体となって進む心地よさを感じます。

こんな昔にこれだけのアニメを作れるのが凄いと思いました。
スポンサーサイト



  1. 2006/01/05(木) 15:49:14|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<映画「フルメタルジャケット」 | ホーム | 人形アニメ「電子頭脳おばあさん」>>

コメント

おぉ!ついに見られましたか!
「くもとちゅうりっぷ」はディズニーアニメを日本人解釈した
(アニメーションを日本化した)最初の作品だと思います。
というわけなので、ここまできたらその原型であるディズニーも見て欲しいのですけどね、、、
まあ、「今更」と言われるとそうかもしれませんし、
きっと子供の頃にみられてはおられるでしょうけど、、、
ちなみにオレのお薦めは
「田舎のねずみ」:ゼリーのシーン凄過ぎ。CGでもむずいと思う。
「風車小屋のシンフォニー 」:映像と音楽のテンポが絶妙。遠近感覚を生み出すマルチプレーン・カメラの使用。
「プカドン交響楽」:単純におもろい。(これは戦後製作。っつても1950年くらいだけど)

上の3つはオレが幼い頃にテープが擦り切れるまで見た思い出の作品ですが、
今は入手困難かもしれません。ので
「ダンボ」:ピンクの象。それが全て。
「ピノキオ」も可

ちなみにどの作品も戦前、戦中に作られた作品です。
こんな国と戦争してはいけません、、、
  1. URL |
  2. 2006/01/10(火) 11:39:08 |
  3. KAFUKA #WGv/JGO2
  4. [ 編集]

学習データの提示ありがとうございます。
昔の作品にあまり目が向いてなかったのと、現在のディズニーの作品に興味が無かったために、
ディズニーの昔の作品は全然知らないです。
噂は聞きますのでいつかは必ず見たいと思っています。
  1. URL |
  2. 2006/01/10(火) 17:48:47 |
  3. おげれつ脱脂綿 #XSpOQyYU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/234-8938e281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する