FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

私と死(2005/12/17)

今日ふと見てたテレビで死についての番組があって見てたんですが、
確かに日本って死(または自然)って身近じゃなくなってますよね。
ロシアではテレビでバンバン死体の映像が流れるらしいです。
ヨーロッパ、アメリカ以外の他の外国でも死体がうつることは当然かもしれませんね。
日本は平和だからこそ死を感じられないでいられますね。
やはり人間必要に迫られないとやらないところがあって
私の死の感覚も鈍っていると思いますね。


自分が死を感じた数少ない体験では、まず親に連れて行ってもらった登山の経験があります。
特に、雪渓を渡っている時に滑り落ちそうになったことを覚えています。
まだ私は子供でしたが、転んだ瞬間はロープを離したらおわりだと感じ
必至にロープをつかんでいました。
こういった登山では死がより身近にありましたね。
生きているために必死にならなければいけませんでした。
そして、何をしていても簡単に死ぬ時は死ぬところでありました。

それより後は、雑草を燃やして除去していたとき燃え広がって消している時に死を感じました。
火が背が高い枯れた草に燃えうつりそうになって、その草に分け入って消している時、もし今
一気に燃えうつったら死ぬだろうなと感じました。

阪神大震災も強烈な死を感じる体験でしたね。

もちろん身近な人の死もあります。


今でも、私がふとちょっとした距離を歩きたくなるのは、
死をお手軽ではあるが、感じたいというのが根本にあると思います。
特に鳥取のような田舎では途中、電車やバスに乗ることで歩く行為を止めることが
できないのが良いです。そのように都会よりまだ死が近くにあるのが良いです。
そして、さらにその元には、もし平和じゃなくなったら
という恐れと、それに対応するために自分の死の感覚を敏感にさせておく方が良いという
本能がそうさせているかと思います。
まあ、それには私の行動程度では不足でしょうが。
スポンサーサイト



  1. 2005/12/17(土) 11:21:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週末の寒波 | ホーム | クリスマスも来てないのに雪の生活>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/216-4e03acf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する