FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

アニメ「もののけ姫」(2005/12/16)



ジブリの作品はこの「もののけ姫」の頃から好きな作品がありません。

この感覚には多分に子供の頃に植え付けられたジブリ作品に対する
思い入れが影響しているとは思います。
ただ、思うのは昔の割と普遍的でシンプルなテーマを感じる作品の方が好きで、
今の複雑なテーマを扱いつつ内容が浅くなってしまっていると感じる
作品は好きではないということです。

「もののけ姫」はまず、だいたいどの登場人物にも思い入れがわきません。
登場人物達は迷い悩み、あるいは逆に何かを盲信する人間として描かれていると思います。
しかし、その思いの元が今一どの人物もわからない(腑に落ちない)ので、人物の行動に対して
こう思ってたらこうするだろうなという納得は出来きても感情移入ができません。

Yahoo!ニュース - WIRED - リアル過ぎる『Xbox 360』用ゲームと「不気味の谷」現象
を見て思ったのですが、私の感覚は、全然違っているより微妙に似ていて違う方が
違和感に注目してしまう"不気味の谷"なのかもしれません。

とにかく、登場人物に魅力を感じなく、それぞれの位置付けが相対的であって、
感じいることができないので、ただ話を追っていくだけしかできないです。

テーマにある人間と自然の関係にしても、
人間と自然の関係は相対的で、どちらにも思い入れの気持ちはわきません。
それで客観的に見ていることしかできないのですが、
お互いが生存をかけて戦ってどちらかが勝って行くことは当然だと思うので
ストーリーからあまり刺激を受けません。

この世界で人間はなるべく安全に暮らすために街や村を作って
自然から切り取った空間で絶えず自然と戦いながら暮らしています。
もし、戦いをやめると街や村は自然に飲み込まれていきます。
そして、自然は一方で人間を否定し、一方で人間を存在させてくれています。
そういうことは当然で当り前のことです。
そういう当然のメッセージを今までのように子供に送るのではなく
大人に送ってしまったのが失敗しているように感じます。
スポンサーサイト



  1. 2005/12/16(金) 12:20:10|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クリスマスも来てないのに雪の生活 | ホーム | ゲド戦記アニメ化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/211-63bda1f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する