FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「仄暗い水の底から」(2005/11/26)



映画「仄暗い水の底から」をテレビで見ました。
これで2回目です。

見るべきところもあるホラーではあるが、
全体としてはいまいちおもしろいとは感じないという感想です。

[以下ネタバレ(反転表示)][
母親は不安定な存在として描かれており、
子供は母親の不安定さによる夢遊病や不調が示唆されています。
もちろん子供が実際に怪現象にあっていたという解釈もできます。
全ての話が母娘の妄想だという解釈も成り立つかもしれません。
しかし、その結論は全部を見るまでわからず、
その夢オチのごときオチは話としておもしろくありません。

他には、全ての怪現象は現実に起こったという解釈も可能でしょう。
この場合は、怪現象が起こるパワーは何であるかがわかりません。
怪現象が起こった場所は、マンションでは屋上、4階の部屋、
エレベータ、果ては幼稚園まで及び系が広すぎるように感じます。
また、その力もタンクをひしゃげさせたり、エレベータから人を一人消したり強すぎないでしょうか。
世の中にある怪談話に対してこの話は違和感があります。

場所にとりついているのでは無く、人(母親)にとりついている
と考えれば、まだ納得できるんですが。
なんにしろ、母娘と貯水槽の子供全員が片親だけというのが接点でトリガーなんでしょうが。

貯水槽の女の子が母親に触れたのはエレベーターの中だけというのが気になります。
また、4階の部屋にひきずりこむわけでも、貯水槽にひきずり
こむわけでもなく、エレベーターにひきずりこんだのはなんなんでしょうね。
なんでエレベーターが接点になってるんでしょう?

ホラーとしては、あんまり想像させるところが無くて怖くないです。
どちらかというと母親の錯乱振りにすぐ目が行ってしまいますし。
最後のすりかわりのところだけは良いです。
]


05/11/28追記

[以下ネタバレ(反転表示)][
友人に言われて気が付いたんですが、幼稚園に子供を一人に
したことがなんからのトリガーでしょうか。
話をちょっと忘れてしまったのですが、それから母親に貯水槽の子供の記憶の
フラッシュバックが起きている気がします。

あと、最後のエレベーターは、貯水槽に母親を連れて行くために引き込んだんでしょうか。
7階まで登っていってますし。
]
スポンサーサイト



  1. 2005/11/26(土) 00:06:50|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<柿ジャム | ホーム | 映画「ザ・ワイルド」>>

コメント

ダークウォーターは全然違って面白い「らしい」よ。
まあ観ないけど。
  1. URL |
  2. 2005/11/30(水) 02:07:31 |
  3. KAFUKA #eqP7eH0Y
  4. [ 編集]

私もこういうホラーはお腹いっぱいです。
まあ機会があったら見るかな?くらいです。
  1. URL |
  2. 2005/11/30(水) 08:51:00 |
  3. おげれつ脱脂綿 #XSpOQyYU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/193-7ad2ef0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

мŤ?

金曜ロードショーにて。これを観て、“ダークウォーター”を観ようか考えようかと思ったが、これでは・・・・・。理由は以下。・ 鈴木光司の原作。鈴木作品の根幹は、“家族”。  リングでも同様だったが、黒木瞳と娘をみて、案の定、切ないラストかな?  と思ったら、
  1. 2005/11/26(土) 21:15:24 |
  2. うぞきあ の場

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する