FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

争い(2005/11/02)

争いっていうのは単純化すれば限られたパイを奪い合う
2人(または2つの組織)にモデル化できるような気がします。
2人とは自分と、自分とは違う他人です。

パイが十分に満たされていれば2人の間で争いは起きないと思います。

それで、パイが限られている場合には、2人の間には3つの
解決方法があると思います。
1.争ってパイを奪う。
2.パイを片方が譲る。
3.パイを増やす。
1はまあそのままです。
2はある組織全体を自分とすることによって、一部は死ぬことになるが
組織が生き残ることによって自分が生きることになります。
その組織は人によって、宗教だったり、家族だったり、
国だったり、主義だったり、自分個人だけだったりするんでしょうが。
3の例としては海での争いに敗れた生物が陸上に進出したことや、
経済で市場を広げることだと思います。

パイは全員には満たされないと仮定し、
パイを奪って生き残るべきだと考えたのが個人主義や資本主義。

全世界でパイをちゃんと分ければ全員で満ち足りる仮定したのが共産主義。

パイが足りなくなって(少なくともそう思って)、内では譲りあい、
外に対して争った大戦時の日本。

とか思いました。
スポンサーサイト



  1. 2005/11/02(水) 12:52:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画「鬼戦車T-34」 | ホーム | 映画「英雄 HERO」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/168-870a375b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する