FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「英雄 HERO」(2005/11/01)



これってもう2年前(2003年)の作品なんですね。
宣伝では馬鹿アクションでおもいっきりやるって感じだったから
無茶苦茶期待しました。
でも映画館に行って見てみるとチャンバラはしょぼいし、長いし、同じような
話が繰り返されるだけだし話の中身は薄いし、、、
で自分としては全然おもしろく感じませんでした。


今日、友達がこの映画について「漢文の世界として見ると面白かった。
人に薦めはしないけど。」と言ったのを聞いて感心しました。

日本の時代劇を外国人が見るのに近いんですかね。
日本の時代劇って切っても血が出ないが切られたことにするとか、
町人でも着物は綺麗とかのお約束がある等、文字通り劇であり、
一種の見立てがあると思います。
それを見るためにはある程度そういうところに慣れて
プロトコルを知っていないと楽しめないと思います。

この映画には中国特有のプロトコルがあったのでしょうか。
自分としては少林サッカーのようなCGでの快感的な
映像を期待し、CMもそういう風に作られていたと思うのですが、
実はそういう見方をするべきではなかったのかもしれません。

水戸黄門を見て、リアルじゃないと言っているようなものだったのかもしれません。
お約束を楽しむ作品だったのでしょうか。

まあ、世界的に娯楽として(だったんでしょうか?)
配信する映画でそういうプロトコルを使うべきかどうか
はまた別の問題だと思いますが。
スポンサーサイト



  1. 2005/11/01(火) 22:39:00|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<争い | ホーム | 生きる理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechagappa.blog14.fc2.com/tb.php/167-516da44d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する