FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

samuelcockedey.com(2010/01/30)

http://samuelcockedey.com/
ちょっと前に知ったフランスのアーティストのホームページです。
コマ送りの東京の映像が凄く気にいってます。
一歩引いて見える東京と音楽が良いです。
日本の写真も良いです。
色鮮やかで日本じゃないように見えて面白いです。


スポンサーサイト



  1. 2010/01/30(土) 22:51:04|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「エル・スール」(2010/01/30)



スペイン映画「エル・スール」を見ました。
内戦後のスペインを舞台に、共和国派で故郷のエル・スール(南)を捨てた父とその母、娘の家族の話です。

人生の一部を切り取ったようなリアルな人物描写やストーリーが良かったです。
近くて遠い家族の距離感は韓国映画の「風の丘を超えて」を思い出させました。
多分、聖体拝領の日が家族が最も繋がっていた時なんでしょうね。

スペイン内戦の背景を知っているとより楽しめると思いますが、
人間の描写が丁寧で深みがあるため背景を知らなくても十分楽しめる映画だと思います。
すごく地味ではありますが。

  1. 2010/01/30(土) 21:38:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビ購入(2010/01/18)



液晶テレビ買ってしまいました。
Regzaの42型の42Z9000です。
久しぶりにテレビを買ったらいろいろ進化してて凄いですね。
ライフスタイルに影響を与えます。

画像

画像は凄く奇麗ですね。
特にPS3でBlurayで映画「オペラ座の怪人」を見た時凄まじく奇麗でした。
今までDVDで十分だと思っていましたが、今度からはBlurayを選択しそうです。

レグザリンク

Regzaはレグザリングという機能を持っていて、テレビからHDMIで接続した対応する機器を一部コントロールできます。
例えば、テレビからPS3やサウンドシステムの電源を入れたり、
PS3でDVDを見る程度ならテレビのリモコンで操作できます。
周辺機器の電源を別のリモコンで操作しなくて良いのでなかなか便利な機能です。
早く全てのパソコンもこの機能に対応してくれると良いのですが。

録画

おまけでついてきたUSBのHDDを接続して録画してみましたが簡単ですね。
番組表から番組を選んでワンタッチで録画できるのが良いです。
番組を映画や教養ジャンル検索やキーワード検索できるのも便利です。

今すぐニュース

いくつかのニュース番組を自動的に録画しておいて、
最新のニュースが見られるという機能があって良いです。
ゆくゆくは全ての番組を録画しておいてとかなんでしょうが、まずはニュースくらいからというところでしょうか。

WEBブラウザ

WEBブラウザ機能もありますが、無くして単価を下げた方が良いのでは?という感じです。
Flashに対応しておらずYoutubeなどの動画サイトが見れないというのは中途半端です。
また、キーボードがBluetoothで繋げられたりできないと入力が不便です。

今後のテレビ

今後のテレビとしてはHDMI1.4に対応していって欲しいですね。
テレビにHDMIケーブルを繋げるとネットワークに繋がるというのは単に配線が減るという意味でも便利だと思います。
3D映像はどうなんでしょう?

テレビ台

ダイニングにテレビを置くので高さが欲しかったのと、おく場所の幅が90cmほどと狭かったため
以下のTF290を購入しました。
なかなか良いです。



  1. 2010/01/18(月) 19:04:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バッチファイルで関数実現(2010/01/06)

バッチファイルで関数的なものを実現できたのでメモしておきます。
他のバッチファイルを用意して呼び出すという方法が簡単ですが、
どうしてもバッチファイル1つという手軽さのために実現したかったので試行錯誤してみました。
もっと良い実現方法があるかもしれません。

下記の関数実現の例を示します、
環境変数とgotoを利用して関数を実現しています。
(対応するgotoとラベルを同じ色にしています)

バッチファイルで関数を用いた例

@echo off
setlocal

rem ======================================================
rem === 関数定義 ===
rem === METHOD_TEST_RETURN : IN(返る場所を指定) ===
rem === METHOD_TEST_SUBTEXT : IN(テキストの一部を指定) ===
rem === METHOD_TEST_TEXT : OUT(テキストを返す) ===
rem ======================================================
goto METHOD_TEST_SKIP
:METHOD_TEST

set METHOD_TEST_TEXT=test0
set METHOD_TEST_TEXT=%METHOD_TEST_TEXT% test1
set METHOD_TEST_TEXT=%METHOD_TEST_TEXT% test2
set METHOD_TEST_TEXT=%METHOD_TEST_TEXT% %METHOD_TEST_SUBTEXT%

goto :%METHOD_TEST_RETURN%
:METHOD_TEST_SKIP

rem ========================================
rem === 関数呼び出し1 ===
rem ========================================
set METHOD_TEST_RETURN=METHOD_TEST_RETURN_0
set METHOD_TEST_SUBTEXT=test3
goto METHOD_TEST
:METHOD_TEST_RETURN_0
echo %METHOD_TEST_TEXT%

rem ========================================
rem === 関数呼び出し2 ===
rem ========================================
set METHOD_TEST_RETURN=METHOD_TEST_RETURN_1
set METHOD_TEST_SUBTEXT=test4
goto METHOD_TEST
:METHOD_TEST_RETURN_1
echo %METHOD_TEST_TEXT%

endlocal


上記の例の実行結果

test1 test2 test3
test1 test2 test4

  1. 2010/01/06(水) 21:44:28|
  2. 計算機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「おくりびと」(2010/01/04)



映画「おくりびと」を見ました。
遺体を棺に納める納棺師という職業を描いた作品です。
前評判に聞いた通りおもしろかったです。

まず、納棺師という職業に留まらず仕事への取り組み方を描いた作品として共感できました。
身につけた技能で他人にサービスを提供する、仕事に対する姿勢とはかくありたいものです。
特に、主人公を導く役の社長は仕事人としてかっこいいです。

また、死生観を描いた作品としても興味深いです。
死を見つめるということはどのように生を捉えるかでもあるわけですので。

ただ、演技的にもシナリオ的にも残念だったのが広末涼子演じる主人公の妻の存在でした。
納棺師を汚らわしいとまで言っておきながら自分の身で納棺師という職業を体感すると手のひらを返すというのはどうかと思います。
父と息子の絆を描き出すための重要なポジションの役なので、もう少しシナリオが良いと良かったのですが。

  1. 2010/01/04(月) 19:48:07|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する