FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「死ぬまでにしたい10のこと」(2008/11/30)



2002年のスペイン・カナダ映画「死ぬまでにしたい10のこと」を見ました。
余命2ヶ月を宣告された女性アンが、死ぬまでにしたいことのリストを作り死を迎えていくという話です。

題名の「死ぬまでにしたい10のこと」というのはあまり関係なくて、いかに死を迎えるかが焦点な気がします。
ストーリーも派手な山場などはなく、どちらかというと淡々と日常が描かれていきます。
そういう意味では、原題の「my life without me」の方が内容と合っていて良いです。

地味目のストーリーとアンの行動によって、賛否両論がわかれそうな映画です。
まあ、でも映画「ヤンババ」とか「みなさん さようなら」とかと同じく死と向き合った個人を描いた良い映画だと思います。
死ぬということは生きるということを強く浮かび上がらせますね。
人との関わりがあってもある意味孤独に、自己満足して死んでいくというのが現代的に感じます。

スポンサーサイト



  1. 2008/11/30(日) 20:13:36|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漫画「竹光侍」(2008/11/30)



実家にあった漫画「竹光侍」がえらくおもしろいので5巻までまとめ買いしてしまいました。
良質な時代劇小説並に良いですね。
台詞のいいまわしや迫力のある絵柄が快感になります。
漫画の表現力について再認識しました。


  1. 2008/11/30(日) 19:35:16|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「砂漠の戦場エル・アラメン」(2008/11/16)

1968年のイタリア・フランス合作映画「砂漠の戦場エル・アラメン」を見ました。
第二次世界大戦のアフリカ戦線において、肉弾攻撃によって数十両の戦車を撃破したイタリア軍のフォルゴーレ空挺師団をもとにした話です。

映画「パットン大戦車軍団」のような戦争娯楽映画ですね。
戦争を描写した作品としてあまり評価はできません。
脚本家の妄想上の戦争は見てて楽しいものではありません。

映画でイタリア戦車「カールアルマート」や自走砲「セモベンテ」の実車が出てくるのは凄いですね。
大体の戦車はアフリカ戦線では存在しなかった「M24」ですけど。

それにしてもこの映画、ドイツ人もイギリス人もみんなイタリア語で話しています。
英語を話すドイツ人やロシア人はアメリカ映画で見慣れてますが、イタリア語をしゃべっているロンメルやモントゴメリーは新鮮です。

イギリス軍が意外といいやつで、ドイツ軍が冷たくて悪いがロンメル将軍はそうでもないという描写から、イタリア人のトラウマが見える気がします。
  1. 2008/11/16(日) 19:35:53|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「炎の戦線エル・アラメイン」(2008/11/16)



2002年のイタリア映画「炎の戦線エル・アラメイン」を見ました。
第二次世界大戦のアフリカ戦線が舞台で、イタリア軍に新兵として配属された青年が主人公です。
最初は戦意に燃えていた青年ですが、過酷な砂漠の環境や補給の不足、仲間の死などの戦争の現実に押し流されていきます。

リアリズムを求めた作品で、丁寧に作られた良作だと思います。
実際の部隊の生存者の証言をもとに作ってるみたいです。
アフリカ戦線は東部戦線と比較するとそこまで悲惨ではないですが、やはり戦争でありろくでもないですね。

この作品と同じく砂漠の戦いを描いているイラン映画「クリミナル・トレンチ 地獄の塹壕」と雰囲気が似てますね。
砂漠という環境の大変さを感じます。

ドイツ軍やイギリス軍の描写はあまりないですが、トラックに乗ったドイツ兵がイタリア兵に「くたばっちまえ、イタリア野郎」といった感じの台詞を吐くのが印象的でした。
  1. 2008/11/16(日) 16:57:58|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SJC-D資格試験申し込み手順メモ(2008/11/09)

SJC-D資格試験の受験を開始しました。
不合格の時のために今回行った申し込み手順をメモしておきます。
好奇心から受験してみたものの受かるかどうか、、、。


■SJC-D資格試験とは

プログラミング言語Javaの公式の資格試験です。
課題を与えられて1年間のうちに要求されるプログラムを作成し、成果物を提出します。
その後に東京での小論文試験があります。
受験する際は先にSJC-P資格を取得している必要があります。


■申し込み手順

1. NECラーニングで「Sun 認定 Javaディベロッパ試験」の受験チケット購入しました。
 → 申し込み時に購入するより1万円ほど安く買えました。

2. しばらくすると振り込み用紙が送られてきたので、その情報を元にATMから振り込みました。
  → 振り込み者(自分)の名前の前に用紙で指定されている識別コードを追加する必要があるみたいです。

3. 振り込んでから数日で受験チケットが送られてきました。

4. 【SJC-D】Sun認定Javaディベロッパ お申込で購入した受験チケット番号を指定して申し込みしました。
 → 受験チケット購入済みでも必ず支払い方法を選択しなければならないようなので振り込みを指定しておきました。
  もちろん受験チケット購入済みなので振り込みをする必要はありませんでした。

5. 申し込んですぐ【SJC-D】Sun認定Javaディベロッパ お申込方法に書かれているようにSJC-P資格取得時に発行されたスコアシートをFAXで送りました。
 → 家にFAXがないので、コンビニから送りました。

6. 課題がメールで送られてきて試験開始となりました。

  1. 2008/11/09(日) 13:27:23|
  2. 計算機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

httpレスポンスでのmultipartのcontent-typeメモ(2008/11/03)

あるサーバーのURLに対してHTTP GETリクエストを行うと以下のレスポンスが返ってきます。
 Content-Type : multipart/x-zip (boundary要素なし)
 Body    :[1つのzipファイルのバイナリデータ]

上記レスポンスをあるHTTPライブラリで受信すると、multipartなヘッダということでboundary要素で無理に分割しようとし、変なレスポンスデータを返してきます。
※ ちなみにブラウザを使うと普通にダウンロードできました。
  ただ、ブラウザはboundary要素がないので単なるバイナリとして扱っているだけかもしれません。

ライブラリが仕様で規定された正しい動作をしていると言えるのか、サーバーの付けているContent-Typeが間違っているのかよくわからないため調べてみました。
結果としてよくわからないので、調べた内容だけでもメモしておきます。

以下の記事を見ると、multipartは複数のパートからなるデータを表しているようです。
MIMEマルチパート - 通信用語の基礎知識
Introduction of MIME
[Studying HTTP] Message Body

application/x-zipの定義がみつかりません。
公式?のIANA | MIME Media Typesでは規定されていないようです。
でも、MIMEタイプ一覧なんかにはあったりします。

  1. 2008/11/03(月) 19:09:01|
  2. 計算機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロシアのウォッカのCM(2008/11/01)

ネットで他人様の日記を見てたら以下の動画が紹介されてました。
ウォッカのCMらしいです。
センスが好きです。カッコいいです。



  1. 2008/11/01(土) 10:54:24|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する