FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

書籍「SAS戦闘員」(2008/10/26)



書籍「SAS戦闘員」の上・下を読みました。
イギリスの特殊部隊であるSASのことを元隊員が経験を元に書いた本です。
入隊の試験、日常生活、北アイルランドでのIRAの戦い、中南米某国での警察部隊の訓練や麻薬取り締まりの活動などについて書かれています。

■組織

最も外部との圧力にさらされる場所なだけあって合理的ですね。
下らない儀式がなくて個人の能力が尊重されるところを気に入って、筆者は入隊を決意してます。

また、全体の組織(国家機関)の中での自分の立ち位置をよく理解してるようですね。
外国の訓練にいったSAS隊員が国のトップが参加していなかったことに驚いているエピソードがあります。
サッチャー元首相なんかは訓練に参加までしてたみたいです。
確かに、SASは国が目的を達成するための手段であるし、できることとできないことを意思決定者が把握するとこは重要でしょうね。

■情報収集とシミュレーション

SASでは、これで目標が達成できるというところまで情報収集と実際に近い環境での訓練(シミュレーション)を行うようですね。
本でも訓練と情報収集に関する部分がかなりを占めています。
特殊部隊の活動に関わらず、ものごとを進める際には非常に重要ですね。

■イギリス人

さすがイギリス人ですね。
話の中に紅茶を飲む場面が何回も出てきます。
あと、ジョークもおもしろいです。

■毒物か不明の食べ物の食べ方

SASでは、ジャングルで不明な食べ物は以下のようにして食べるそうです。
覚えておいていざというときはやってみましょう。

1. 皮膚にこすりつけて2時間ほど反応を見る。
2. 唇にこすりつけて反応を見る。
3. 下の先にこすりつけて反応を見る。
4. 歯茎のこすりつけて反応を見る。
5. ちょっぴり味をみる。
6. ちょっぴり食べてみて反応を見る。
スポンサーサイト



  1. 2008/10/26(日) 22:21:09|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「28日後」(2008/10/26)



2002年製作のイギリス映画「28日後」を見ました。
作中ではゾンビという名称は出てこないですが、まあゾンビものの作品です。
自転車便の仕事中に事故で意識を失った主人公が目が覚めた時に、世界がゾンビのために崩壊し、ロンドンが廃墟になっているという設定です。
主人公は他の生存者と会い、ラジオで呼びかけている救世軍の元に向かうが、、、という話です。

この映画のゾンビは走って襲ってくるので、ゾンビと対峙するシーンはアクティブです。
あと、感染力が強くてゾンビの血が目に入っただけでも感染したりします。
あまりゾンビと戦えない設定ですかね。
実際、映画中でも直接的に戦ってるシーンがあまりありませんでした。

前半ではさえない感じの主人公ですが、後半でいきなり覚醒し軍人とわたりあって勝ってしまうのが笑えました。

冒頭の無人のロンドンはいい雰囲気です。
ゾンビものでは定番ですが、無人の店での買い物とかも好きです。
全体的にはイギリス映画らしく地味な印象ですが、平和な部分の雰囲気は良いですね。
ホラーやアクションの要素、人間の方の怖さを描いた作品としてはそんなでもない感じです。
  1. 2008/10/26(日) 22:11:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣り(2008/10/19)

3回目の釣りと同じ場所(テトラポッド)、同じ道具(さびき)で午後に釣ってきました。
同期4人で行きました。
同期の中で釣り人は自分も含めて2人だけで、両方さびきでした。

やっぱりアジは喰いが良いですね。
群れが来てる時はどんどん釣れます。
前回アジが喰ってくれないと書きましたが、アジ以外の魚が喰ってくれてないようです。
アジが来てない時はけっこう魚群が来てても仕掛けにかかってくれません。
黒っぽい魚影なんでオキナメジナあたりなんでしょうか?

あと複数人での釣りは良いですね。
自分のやってるポイントはアジの群れが来なかったんですが、そのうち友達の方に来たので釣らせて貰ったら結構釣れました。

■釣果

turi20081019_2.jpg

自分の釣果

・豆アジx4
オキナメジナスズメダイ系?(黒っぽいやつ)x1
・イシダイ?(縦縞のやつ)x1

同期の釣果(貰った)

・豆アジx2
・スズメダイ系?の魚(一番でかいやつ)x1
  1. 2008/10/19(日) 19:54:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

双眼鏡選びメモ(2008/10/14)

双眼鏡を買ってみたんですが、選ぶにあたっていろいろ考慮しなければならず、奥が深いですね。
人生でそんなにする買い物ではないと思うので、購入についてメモしておきます。
とりあえず、双眼鏡愛好会あたりで知識を得て、某掲示板で現在市販されている商品の情報を調べて購入しました。

性能については主に以下のことくらいを考慮して、後は実際に見比べてみるしかなさそうです。

項目単位内容
倍率倍率はせいぜい10倍までが良い。
それ以上の倍率では手ぶれの影響が大きく、明るさが得られなかったりして実用的でない。
また、ズーム機能がない製品を選ぶのが無難。
対物レンズ有効径mmレンズを固定するリングなどに遮られない対物レンズの径
基本的にこの値が大きくなるほど、性能が良くなり携帯性が悪くなる。
射出ひとみ径mm双眼鏡を明るいところに向けた場合に接眼レンズに写る明るい円の直径
[対物レンズ有効径] ÷ [倍率]で求められる。
この値が大きいほど明るく見える。

人間の瞳は明るいところで2mm、暗いところで7mm程度の径となる。
このため、野外で使うためには射出ひとみ径は4 ~5mm くらい、夜空の観察のためには7mm前後あった方が良い。
明るさ明るさを表す指標。
[射出ひとみ径]の2乗で求められる。
すなわち、射出ひとみ径が6mmの双眼鏡は、3mmのと比べると4倍明るいということができる。
価格実用的な双眼鏡の値段は3万円前後からになる。
逆に、性能と値段が必ずしも比例するわけではなく、3万円前後で携帯性にすぐれるものや性能にすぐれるものが入手できる。

迷ったんですが、結局「Nikon 双眼鏡 モナーク 8X36D CF」を購入しました。
  理由1:対物レンズ有効径36mmで、性能と携帯性のバランスが最も良いと言われるクラスの製品である。
  理由2:射出ひとみ径4.5mmでそこそこ明るい。
  理由3:ニコン製である。
  理由4:評判が良い。

実際に使ってみると良いですね。
夜肉眼では見えにくい星を見ることもできます。
レンズカバーが首ひもに付けられるというような細かいところも気がきいてます。
アイリーフの調整ができるので眼鏡をかけている人でも使いやすいでしょうね。
  1. 2008/10/14(火) 21:02:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣り(2008/10/13)

同期と釣りに行ってました。

■釣り具

いつもと同じさびき用の釣り具。
同期は、3000~4000円のさびきセット(リール、竿、糸、仕掛け付き)。

■時間帯

午後

■釣り場

風が強くて海が荒れていたので港。
沖に向かって仕掛けを投げてみると根掛かりしまくって、同期ともども結構仕掛けを失いました。

■釣果

なし。
一緒に行ってた同期もボウズでした。
途中話しかけてきてた人も対岸でも釣れてないと言ってました。


  1. 2008/10/13(月) 21:04:34|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する