FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

浦富海岸 - 竜神洞(2008/03/30)

土曜に同期3人で浦富海岸にある羽尾岬の竜神洞まで歩いてきました。
岩美駅 → 羽尾岬 → 東浜駅というルートでした。

県立山陰海岸学習館

山陰海岸学習館は、山陰の海岸に関する展示を無料でしている施設です。
岩美駅から北北東に30分~40分歩いたとこにあり、施設の裏側からは羽尾岬突端まで向かう羽尾岬自然探勝路が続いています。
車で来た場合はここに駐車していけばいいですね。

折角なので中を覗いてみましたが、無料の割には楽しめました。

200803290984.jpg
学習館の中


羽尾岬自然探勝路

羽尾岬自然探勝路

羽尾岬自然探勝路はなかなかアップダウンに富んだ遊歩道でした。
地図を見て山の中を行くのかと思っていたのですが、景色が良く見える道でした。
ただ、ぬかるんでいるところが多く、途中滑ってころびました。

200803290985.jpg
神社跡と刻まれた石

200803290988.jpg
早速の絶景

200803290999.jpg
そうですね

200803290997.jpg
立派な木の前にあったお供え


熊井浜

途中で熊井浜に立ち寄りました。
大きな家が一軒立っていました。
初代国連大使の人の別荘だそうです。

200803290992.jpg200803290991.jpg200803290989.jpg
熊井浜


いのしし

羽尾岬の突端に向かう道にはずっといのししの足跡がありました。
遭遇しなくて良かったです。

200803291000.jpg200803291001.jpg200803291002.jpg
いのししの足跡と地面を掘り返した跡


竜神洞

竜神洞は羽尾岬の突端にある洞窟です。
海竜神と丘竜神の2つがあります。
竜神洞周辺は石がごろごろとある岩場でした。

200803291007.jpg200803291012.jpg
竜神洞手前の50m近い絶壁の道


海竜神

海竜神は海面に面したところにあります。
奥行き150mの洞窟だそうですが、位置的に奥までは見えませんでした。

200803291008.jpg
海竜神


丘竜神

丘竜神は奥行き80mの洞窟だそうです。
覗いてみると光が差し込んでいる部分だけでも相当深そうでした。
下り斜面が奥まで続いていました。

200803291016.jpg200803291020.jpg200803291021.jpg200803291018.jpg
丘竜神
スポンサーサイト



  1. 2008/03/30(日) 08:38:19|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呉旅行(2008/03/23)

先週の土日に友達4名と呉観光に行ってきました。
食べて飲んで見た楽しい旅行でした。

呉までの移動

広島までの移動は、智頭急行が提供している広島往復割引きっぷを利用しました。
12, 800円で片道2時間半ほどで広島まで行って帰って来れますね。
特急、新幹線の指定席も利用できてかなりお得でした。

今回の旅では広島のホテルに泊まったのですが、
広島と呉の間の移動は友達の車に乗せてもらいました。


1日目 : てつのくじら館

まずは、てつのくじら館に行きました。
てつのくじら館は、主に自衛隊の潜水艦や掃海艇についての史料館です。
施設の隣には、展示用の潜水艦あきしおが併設されていて中を見学できます。
詳しくは以下の公式サイトを参照して下さい。
海上自衛隊呉史料館 / てつのくじら館

普段見られない潜水艦の中を見学できたり、潜望鏡を覗けたりするのがおもしろかったです。

20080323kure0901.jpg20080323kure0904.jpg
展示用潜水艦あきしお


1日目 : 大和ミュージアム

てつのくじら館を見た後は、すぐ隣にある大和ミュージアムを見学に行きました。
大和ミュージアムはその名の通り戦艦大和に関する展示をしているミュージアムです。
詳しくは以下の公式サイトを参照して下さい。
大和ミュージアム

特攻兵器「回天」のぼやけまくった潜望鏡や、大和の無謀な作戦に哀愁を感じました。

20080323kure0910.jpg
外にある41センチ砲


20080323kure0911.jpg
メインの大和の1/10模型


20080323kure0914.jpg
零戦


2日目 : 海上自衛隊呉基地艦艇一般公開

海上自衛隊呉基地で日曜日に一般公開されている艦艇を見学しました。
見学内容の詳細については、呉基地の以下のサイトを参照して下さい。
海上自衛隊呉基地艦艇一般公開

近くで見る艦艇の迫力に大興奮でした。

20080323kure0916.jpg20080323kure0918.jpg
20080323kure0919.jpg20080323kure0920.jpg
基地に居並ぶ艦艇群(右下の写真の右から2番目が見学した練習館しまゆき)

20080323kure0938.jpg20080323kure0933.jpg20080323kure0930.jpg20080323kure0925.jpg20080323kure0924.jpg20080323kure0956.jpg
艦艇兵装

20080323kure0929.jpg20080323kure0928.jpg20080323kure0922.jpg20080323kure0923.jpg
艦上構造物

20080323kure0952.jpg20080323kure0951.jpg20080323kure0950.jpg
艦橋の中


2日目 : 呉市入船山記念館

旅の最後に入船山記念館に行きました。
旧呉鎮守府司令長官官舎を中心とした施設です。
詳細は以下のサイトなどを参照して下さい。
呉市入船山記念館

居心地がいいところでした。
時間があったら隣接する美術館を見たりとのんびりしたかったです。

20080323kure0971.jpg20080323kure0970.jpg
ここにもあった大砲

20080323kure0972.jpg
旧呉鎮守府司令長官官舎

20080323kure0973.jpg20080323kure0978.jpg
旧呉鎮守府司令長官官舎の中

20080323kure0981.jpg
旧呉鎮守府司令長官官舎の中で振る舞われていたお茶
  1. 2008/03/23(日) 19:24:45|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BootCampでWindows2000導入(失敗)メモ(2008/03/21)

BootCampでMacにWindowsが入れられるんですが、対応OSがVistaとXPだけです。
手元にあるのは2000のみ、というわけで悪あがきしてみました。
結果は見事に失敗なのですが、とりあえずメモしておきます。

環境

Macbook(Black MB404J/A)
OSX Leopard 10.5.2
Windows 2000 Professional



Windows2000 Professional

手順
1. BootCampの設定をして、Windows2000のCDを起動

結果
ハードを検出しにいってストップ


Windows2000 Professional SP4

参照
Windows2000 SP4の起動CDを作成するには、以下のサイトを参照して下さい。
Service Pack 適用済みブート可能 CD-ROM を作成するには

手順
1. Windows2000 SP4の起動CDを作成
2. BootCampの設定をして、上記のCDを起動

結果
ハードを検出しにいってストップ


Windows2000 Professional SP4とWinOnMacパッチ


参照
以下のサイトを見つけたので、同じようにしてできないか試してみました。
Intel Mac Mini にWin2000をインストールする 修正です。Intel Mac mini にWin2000をインストール

手順
1. Windows2000 SP4の起動CD用のファイルを作成(上記サイト参照 : ISOを作る直前までの手順を実行)
2. http://onmac.net/のWinxponmac_0.1.zipをダウンロード
3. 2. で取得したファイル中のNTDETECT.COMを1. の対応ファイルに上書き
4. WIndows2000の起動CD作成(上記サイト参照 : ISO作成以降の手順を実行)
5. BootCampの設定をして、上記のCDを起動
6. 「Press F6」と下に表示されたらF5を押下
7. 「Advanced Configuration and Power Interface(ACPI)」 PCを選択

結果
ハードを検出しに行ってストップすることがなくなりました。
しかし、ハードディスクのフォーマットで、壊れているか未知のフォーマットと言われて失敗します。
該当パーティションをあらかじめFAT32やNTFSでフォーマットしてみても駄目でした。
  1. 2008/03/21(金) 16:18:04|
  2. 計算機
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

fink導入メモ(2008/03/20)

fink概要

finkを用いるとosxでunixのソフトウエアを管理できます。
unixソフトウエアの導入にあたり、ソフトウエア同士の依存関係を解決してくれます。
他にもunixソフトウエア管理のツールはあるようですが、finkが主流っぽかったのでfinkを導入してみました。


環境

導入にあたっての環境は以下となります。

Macbook(Black MB404J/A)
OSX Leopard 10.5.2 ( Install Disk2でX11導入済 )
fink 0.28.0 ソースディストリビューション ( fink本体 )
finkCommander 0.5.4 ( finkのGUIフロントエンド )



導入手順

1. finkの公式サイトからソース(tar.gz)をダウンロード
 <- バイナリ版はインストールできませんでした。
  現時点では最新のOSXに対するバイナリはビルドされていないみたいです。

2. 上記ソースを解凍し、コマンドラインで以下を実行してインストール
 ./bootstrap.sh

 -> いろいろ質問されますが、ほぼリターン(デフォルト値)で設定しました。
   後でfink configureでやり直せます。

3. コマンドラインで以下を実行してパスを通す。
 /sw/bin/pathsetup.sh

 -> これをしないとパスが通っていないのでfinkコマンドが使えません。

4. 一応、コマンドラインで以下を実行してfinkをアップデート
 fink selfupdate

5. finkをGUIで操作できるfinkCommanderをサイトからダウンロード

6. finkCommanderをインストール
 -> dmgから簡単にインストールできました。


参照サイト

finkの公式サイトの日本語ドキュメントが充実しててそれを見るだけで導入できました。
ユーザーガイドのインストールの項目↓
http://www.finkproject.org/doc/users-guide/install.php?phpLang=ja
  1. 2008/03/20(木) 11:11:24|
  2. 計算機
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ParallelsでWindows2000導入メモ(2008/03/18)

この記事では、MacbookにParallelsでWidows2000を入れた時の手順をメモします。
ParallelsはMacでWindowsを動かすための有料ソフトで、OSが簡単に切り替えられるのが特徴です。

環境
ハード:Macbook(Black MB404B/J)
OS : OSX 10.5.2
ソフト : Parallels Desktop for Mac 3.0(ビルド5584)
ゲストOS : Windows2000 Professional SP4



STEP1 : Windows2000 SP4のCD作成

友達にWindows2000はSP4をあてたやつじゃないと起動しないよと言われていたので、Windows2000 SP4の起動ディスクを作成しました。
作成には以下のサイトを参照しました。
Service Pack 適用済みブート可能 CD-ROM を作成するには

SP4は以下のサイトから入手しました。
Windows 2000 Service Pack 4


STEP2 : Parallelsのインストール

評価のため、以下のサイトから体験版(といってもシリアルキーがあれば正規版として使える)と15日使用可能なシリアルキーを入手しました。
Parallels Desktop for Mac

導入は特に問題なく行えました。


STEP3 : Windows2000インストール

STEP1で作成したCDでWindows2000をインストールしてみました。
仮想環境はとりあえず以下のように設定しました。
最初ネットワーク設定が共有になっていて、MacとWindowsで同時にネットに繋がらなかったです。

メインメモリ : 512MB
ビデオメモリ : 64MB
HDD : 30000MB
ネットワーク:ブリッジイーサーネット
他 : デフォルト値


規約に同意するところが、fn + F8 だったことを除けば普通にインストールできました。
ちなみに、ログイン時も fn + Ctrl + Alt + Delete ですね。
あと、キーボードの選択では、その他から106キーボードを選択しました。


Parallels所感

まだ十分さわっていませんが、Macbookで普通にWindowsが動きますね。
WindowsでVmwareは使ったことがありますが、もっと速いです。
重い処理はきつそうですが、普通のことは十分にできそうです。
  1. 2008/03/18(火) 20:53:50|
  2. 計算機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Macbook導入メモ(2008/03/17)

さすがにLibretto L2では辛くなってきたので、Macbook(Black MB404B/J)を買ってしまいました。
osx良いですね。
導入にあたっての雑多なことをメモします。

初回セットアップ時に日本語入力不可

届いてからさっそくセットアップをしようとしたのですが、日本語入力ができませんでした。
セットアップの入力設定で「US」しか選択できず、「かな」キーを押しても駄目でした。
ネットで調べたらサポートに再インストールしろと言われたいうサイトを見つけて(サイト失念)、再インストールしました。
そうしたら、入力設定で「ことえり」が選択可能になって日本語入力できるようになりました。

以下のことを知らず、再インストールは苦労しました。
・起動時に 「option」ボタン押し続けで起動ドライブが選択可能
・起動時に「cキー」押し続けでCDブート


デスクトップ化

あまり持ち歩かないし、折角大きい液晶モニタがあるのでデスクトップ化してみました。
以下のアイテムを接続して、液晶モニタに繋ぐと閉じたまま使えます。

・mini DVI -> VGA変換ケーブル
・Bluetoothキーボード
・ワイヤレスマウス

詳細は以下のサイトを参照
ディスプレイを閉じたまま Bluetooth キーボードまたはマウスを使って PowerBook G4、MacBook、MacBook Pro を操作する方法

あとは、閉じたまま電源を入れられるようになりませんかね?
そしたら、なんとなく電源切りたい派でも、完璧に縦置き省スペースで利用できるんですが、、、
  1. 2008/03/17(月) 22:08:30|
  2. 計算機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RAID構成手順メモ(2008/03/16)

概要

家のマザーボードにはSATA1コネクタが2つついておりRAIDが構成できます。
この記事では以下の環境でRAIDを構成するまでの手順をメモします。

マザーボード : MSI製KT-6V-LSR(VT8237)
HDD : 日立HGST製HDP725032GLA360(SATA2 320GB) X 2台


STEP1 : RAIDドライバのインストール

最初にマザボードメーカーのホームページからRAIDドライバをダウンロードしてインストールしておきました。


STEP2 : HDDをBIOSに認識させる

1. 問題

HDDをマザーボードに接続してもBIOSで認識されませんでした。


2. 参照サイト

問題の原因と対策については主に以下のサイトを参照しました。
日立HGST製SATA HDDを認識出来ない問題の解決方法 :jBlog


3. 原因

上記サイトによるとマザーボードのVIAチップセットがSATA2に対応していないことが原因みたいです。
そのためSATA2のHDDが認識できないようです。


4. 対策

SATA2 HDDをSATA1モードに変更すると認識されるみたいです。
ただし、日立HGSTのHDDをSATA1モードにするのには、日立HGSTの提供するユーティリティツールを使う必要があります。
つまり、まずはHDDがBIOSで認識されないといけないということになります。

そこで以下の手順でHDDの転送モードをSATA1(1.5G)にしました。
 a. 玄人志向のSATAD-IDEを使ってSATA HDDをIDEでマザーボードに接続
 b. HDDユーティリティツールをCDブートで起動
 c. メニューのFeatures -> Change SATA Setting -> Up to 1.5Gb/s、S S C:Diasable -> OK
 d. 上記手順でもう一台のHDDも設定変更
 e. 最後にSATAでHDDを繋いで起動 -> BIOSで認識


STEP3 : BIOSでRAID設定

BIOSでHDDの認識ができたらマザーボードのマニュアル通りRAIDの設定を行いました。
RAID1のミラーリングに設定しました。


STEP4 : パーティション作成

GParted LiveCD(Ver.0.3.4-11)を利用してHDDのパーティションの作成とフォーマットを行いました。
GParted LiveCDはパーティション操作に特化したCDブートのLinuxだそうです。
以下の記事で使い方がわかりやすく紹介されてます。
記事 : GParted LiveCDでパーティションを分ける

メモ1 : 起動するときにauto-configrationでは途中でハングアップしてしまいました。
    mkxf86Configうんぬんのオプションを選ぶと起動できました。
メモ2 : なぜかNTFSではフォーマットできませんでした。
    FAT32ならできました。
  1. 2008/03/16(日) 22:53:27|
  2. 計算機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する