FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

書籍「核爆発災害」(2007/06/24)



書籍「核爆発災害」を読みました。
核爆発が起きた時にどう行動すべきを、
原爆、ビキニ環礁の核実験、チェルノブイリなどの過去の事例と
科学的事実から書いた本です。

単に核災害時にこう行動すべきということに関しては、スイスの全国民が所持している
危機管理マニュアル「民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる(Amazonリンク)」の方がシンプルでわかりやすいです。
ただ、どうしてそう行動すべきかということや、核兵器にはどんな特性があるのかといったことを
知るにはとても有用な本でした。

この本を読んで、日本という国は原爆の被害を受けて、冷戦時に西側諸国の一員として存在し、
原子力発電所が多数あって、北朝鮮の核がどうのこうのと言ってる割には、
核災害への対応というものがほとんど考えられてこなかったのだなと実感しました。
核が現実の脅威として存在している以上、恐がって触れないでいるより
備えて対処する方が建設的なんでしょうね。
この本では、今まで核について知らなかったことが多くありいろいろと興味深かったです。
特に以下のことが印象に残りました。

1. 地表と空中での核爆発の違い
 地表での核爆発は、粉々にされ火球によって焼かれた土や建物の灰が吹き上げられて降り注ぐため、
 影響が長く残るそうです。
 また、その放射線を出している灰を浴び続けると危険で、
 核爆発後は火災が発生しているような状況を除いて屋内にいる方が安全だそうです。
 原爆が爆発した広島や長崎で人が住めているのに、アメリカやソ連が行った核実験場が
 未だに汚染されているのは地表での爆発と空中での爆発という違いによるものだそうです。

2. 第五福竜丸の犠牲者の死因
 第五福竜丸の犠牲者は、核実験によるものではなく、
 治療時の輸血により感染した肝炎ウイルスによる可能性が高いということです。

3. 人体への放射線の影響
 体内に取り込まれた放射性物質は大抵が新陳代謝によって排出されるそうです。
 これは筆者がチェルノブイリの汚染地で汚染されたキノコを食べて実際に確認したそうです。
 映画「アレクセイと泉」でチェルノブイリで汚染された地域の人が元気に生きているのは、
 このためなんでしょうね。
 また、放射線は細胞を構成する分子の化学結合を切断し、DNAを切断するそうですが、
 ある程度なら修復されるそうです。
 問題は短時間で多量の放射線を浴びることだそうです。

4. 核施設への攻撃
 核施設は、米国で行われたコンクリートに戦闘機を突っ込ませる実験や、
 フランスで建設中の高速増殖炉がRPG-7ロケットで攻撃された事例から、
 かなり強固であるそうです。
 フランスの事例では5発のロケットが発射され、うち1発が原子炉の格納容器に命中したものの
 30cmほどコンクリートがえぐられただけですんだそうです。
スポンサーサイト



  1. 2007/06/24(日) 21:42:37|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍「百姓から見た戦国大名」(2007/06/24)



書籍「百姓から見た戦国大名」を読みました。
絶対的な権力者として見られがちな戦国大名を、
百姓が必要としたシステムとして見るというおもしろい本でした。

まだ十分に消化しきれていませんが、
今の日本がなぜこうなのかという重要なヒントになると思うので、
自分なりに本の内容を以下にまとめておきます。

戦国時代以前の日本では飢餓が常態としてあり、人々が飢餓を生き抜くためにまとまった基本単位が村であった。
村同士はよく利権を争い武力で戦っていた。これを調停する第三者として戦国大名があり、
村に税という義務を課すかわりに利益をもたらす機関として存在した。
お互いがお互いを必要とし、村と大名の関係は対等であった。
他国への侵攻は、略奪により自国の民を救う方法として、
またそれらの侵攻を防ぐ安全保障のために行われた。
この大名と百姓の関係が、今の日本国と国民の関係の元となった。
  1. 2007/06/24(日) 18:40:44|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新聞勧誘の手口(2007/06/17)

本日なかなか凝った新聞(読〇新聞)勧誘がきたのでその手口をメモしておきます。

1. 訪問に来て、配達の研修で来た者ですと名乗る(これはブラフ)。
  それから、"粗品です。"と言って、洗剤やラーメンセットなどの3品を
  これでもかという感じで次々と渡してくる。

2. 実は新聞勧誘の研修もしてまして、、、と言い出す。
  研修でノルマがあるので、応援という意味で〇売新聞をとってもらえませんかなどと言ってくる。

3. 断わると、"今日はあと2件程契約をとらなければならないので、
  渡した品物を返して頂けませんか"と言ってくる。
  品物を返すと、"後2件契約したら戻ってきて粗品を渡します。"と言って去る。
  もちろん二度と来ない。
  おそらく、新聞をとることになっても、"実はあとx件勧誘しなければならないので、、、"
  などと言って粗品のうち何品かを返すことになると思う
  (ここで契約を結ぶような人のいい人は、そう言われても断れないだろうから)。

最初にこんなに貰っていいのというくらい品物を渡しておいて、断りにくくしてから
始めて新聞勧誘に及ぶというなかなか巧妙な手口です。
しかも、失敗するとちゃんと品物を回収していきます(笑)。
  1. 2007/06/17(日) 18:02:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍「戦国武士の合戦心得」(2007/06/17)



書籍「戦国武士の合戦心得」を読みました。

この本では、戦国時代の刀・槍・弓・鎧・火器の特徴や使われ方から、
旗印やかけ声、切腹や女武者といった合戦で目につきやすい要素を入門的に紹介しています。
補給や治療などといった要素については書かれていなくて合戦全体をカバーする本ではないですが、
イラストが多用されていたり、具体的なエピソードが紹介されていたりしてわかりやすいです。
戦国時代のことをあまり知らない自分としては、興味深くて楽しめました。

この本で一番面白かったのが、差物のエピソードでした。
差物とは、誰が功名を立てたかわかりやすいように武者が背負う道具であり、
棒の先にうちわや旗などの独自のものをつけ、
合戦の中でも目立つことができるというものだそうです。
それで面白かったエピソードなのですが、矢部虎之助という人が、
戦国時代の最後の合戦・大阪の陣を華々しく飾るため、
長さが3.6メートルもあるような大きな位牌を差物として作ったそうです。
そして、いざ合戦に出陣となったときその差物を背負ったら重すぎて馬が動けず遅れをとったそうです。
矢部はそのことを恥じて戦後、絶食して餓死したそうです。
はりきっただけに、よっぽど恥ずかしかったんでしょうね。

装備の面では、個人的に長柄槍の項目が面白かったです。
隙間を作らずに全面を槍で覆う戦法がイラストでわかりやすかったです。
ファランクスやテルシオもそうなんでしょうが、長く突き出された多くの槍の
構えを接近戦で突破するのは容易ではなかったのだと感じました。

それにしても、こういう歴史を見ていくと、
先人が行ってきた武具や戦術・戦法のちょっとした工夫・
こうすればもっと良くなるだろうという人間が人間たりえた当然の行為が
今の核兵器を生み出すまでに至っているんだなと実感します。
  1. 2007/06/17(日) 16:55:16|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「時をかける少女」(2007/06/09)



アニメ「時をかける少女」を見ました。
ある時に突然、過去の任意の瞬間に戻れる能力が使えるようになった少女の話です。

思っていたよりは面白かったですが、記憶に残る作品ではなかったです。
メインテーマは時間は戻れないので、後悔しないよう今を生きようだと思うのですが、
少し幼すぎるテーマで物足りなかったです。
せいぜい高校生くらいまでが対象の作品なのでしょうか?

また、テーマがある割に現実感はないので説得力を感じられませんでした。
子供用の作品としても、殺菌され無菌化されたルールブックより、
この世を生き抜くためのサバイバルキットの方が好きなので、
その点で合わない作品でした。

ストーリーとしては、タイムトラベルものの作品として韻を踏んでいて、
テーマの範囲内で結構きれいにまとまっていると思います。
  1. 2007/06/09(土) 17:10:22|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

映画「恐怖の足跡」(2007/06/03)



1961年のモノクロ映画「恐怖の足跡」を見ました。

ある時、車の事故から一人だけ生き残った女性は、事故を忘れるために遠くの村に移り住みます。
しかし、現われては消える謎の男を始めとして不思議な現象が周りで起き、
女性の日常生活が崩れていく、、、という話です。

ストーリーとしてはあまり面白く無かったです。
女性が体験する怪奇現象は、客観的な事実が他者と共有されなくて、
女性の主観の中だけで起きるので単なる精神病の類に思えてしまいます。
最後の最後で事実の共有がされて、怪奇現象が女性のものだけではなくなるのですが、
大部分が妄想に付き合ってる感じで楽しめませんでした。

また、全体的に背景描写はほとんどないので登場人物が何を考えているかわからないという不気味さがあります。
ただ、そのために登場人物に感情移入できないという結果になってしまっていると思います。

全体的には、もうちょっとわけのわからなさを制御していれば
怖いホラーになっていた気がします。
部分的におもしろいシーンはいくつかありました。
特に廃墟の中を女性が歩いている時に、ふいにものが動き出したり
するところは雰囲気が良かったです。
  1. 2007/06/03(日) 21:23:41|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「メトロポリス」(2007/06/03)



1926年のドイツ映画「メトロポリス」を見ました。
見ごたえのある映画でした。

作品の舞台は、巨大都市メトロポリスです。
そこでは、人々は地下に住む労働者階級と地上に住む資本家階級に分かれています。
ある時、資本家の指導者は、労働者たちがより人間らしい生活を求めて集会を開いていることを知ります。
それを気に入らない資本家の指導者は、労働者達の指導者そっくりのロボットを科学者に作らせて、、、
というストーリーです。

まず、映像的な面が凄かったです。
最近、サイレント―モノクロ映画をいくつか見ましたが、
それらと比較してこの映画は映像表現がかなり映画的でした。
サイレント―モノクロ映画の表現技法は、舞台劇という要素が強いと思っていたんですが、
舞台劇では表現できないような映像表現が多用されていました。
この作品ができた1926年といえばモンタージュ理論を用いて作られた映画「戦艦ポチョムキン」
が発表された翌年ですが、それだけこの時代は映画が成熟してきていたということでしょうか。

他には、未来描写が興味深いです。
現在に定着しているようなビルが立ち並び、空中に道路がはしり、乗り物が飛び回っていて、
ロボットがいる未来の都市という発想はこの頃からあったんですね。
映像化はされていなかったんでしょうが。

ストーリーは、労働者が人間らしく生きるには資本家と労働者の調停者が必要だというもので、
根底にヒューマニズムがあり良かったです。
1926年といえば、ソ連ができて数年であり、アンチ共産主義のファシズムの芽が出てきた時代ですから
そういう影響を受けているのでしょうか。

それにしてもロボットに扇動されたとはいえ、労働者たちが、警告されたにもかかわらず発電所を破壊し
自分たちの住居を水浸しにした挙句、人間だと思っているロボットを
扇動者=魔女として火あぶりにするというのはそら恐ろしいものがありました。
実際に人間ってこういうことをやりかねないだけにリアルに恐い話です。
  1. 2007/06/03(日) 16:15:51|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する