FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「ニューシネマ・パラダイス」(2007/01/28)



映画「ニューシネマ・パラダイス」を見ました。

第二次世界大戦後のイタリアを舞台に、映画好きな少年トトの半生を、
映写技師アルフレードとの交流を通して描いています。

映画「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」や映画「蝶の舌」を見ても
思いますが、アルフレードのようなおじいさんって良いですね。
成長を見守り、存在を肯定してくれて、愛してくれる
深みのある人生を送ってきた人生の師という存在です。
こういうおじいさんと少年の交流の話に弱いです。
特にラストシーンは、アルフレードのトトに対する愛情がひしひしと感じられます。

この映画では、当時の映画館やシチリアの様子が感じられて面白いです。
トトの少年の頃のエピソードでは、第二次世界大戦の傷跡が色濃く残っていて
生活に影を落としている様子や、共産主義者が差別されている様子が興味深いです。
映画館にまつわる話ではいろいろ驚くことや興味深いことがありました。
キスシーンをカットしてたこととか、フィルムが燃えやすかったこととか、
映画館での観客の様子とかです。
それにしても、この映画を見ると、映画って楽しいもので映画館って良いなと感じます。

トトの恋愛に関する部分は、理解はできるけどイタリア男って情けないと思ってしまいます。
映画「ひまわり」と同じように感じました。

今回50分の映像を追加した完全版を見たんですが、
カット版の方が良いという話があるみたいです。
完全版でも十分良かったのですが、カット版も見てみたいです。
スポンサーサイト



  1. 2007/01/28(日) 00:00:39|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する