FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

「雪の中の軍曹」(2006/06/28)



第二次世界大戦を描いた記録文学「雪の中の軍曹」を読みました。
ドイツとソ連が戦った東部前線において、ドイツ軍と共に戦っているイタリア軍が
ソ連軍と河をはさんで向かい合っているところから話は始まります。
主人公は著者であるイタリア軍の軍曹で、
彼の所属するイタリア軍部隊が話の中心になります。
既にドイツ軍がソ連軍に大敗している時期で、やがて部隊は撤退を余儀なくされ、
敗走に次ぐ敗走が始まります。
凍てつくロシアの大地、雪に倒れこんで二度と立ち上がれなかった人達、
死んでいく戦友、ソ連軍の攻撃、そんな中で故郷と友を支えにしてひたすら
生きようとする人の話でした。

第二次世界大戦を描いた記録文学の最高傑作の売り文句や、
巻末の、「フランスでは"イタリアのヘミングウェイ"と称されてたし、、、」という言葉も
伊達じゃないですね。読んで良かったです。

読んでる途中、「指輪物語」を連想しました。
歩いて、歩いて、足が動かないように思われても、荷物が肩に食い込んでも
生きるためにまだ歩くという感じからです。
「指輪物語」では、ホビット達に、温かい暖炉と上等のパイプ草とたらふくの食べ物を
あげて、ゆっくり休ませてあげたいと思いましたが、
「雪の中の軍曹」では、イタリア人達に、気持ち良いベッドとワインとパスタをあげて、
ゆっくりと休ませてあげたいと思いました。
昔、登山した時に、数時間歩いて足が棒のようになり、
人がぎゅうぎゅうに詰められた山小屋で寝た思い出が蘇ります。
どちらの作品でも、この思い出が比較にならないほど酷い状況だと思うと恐ろしくなります。

著者である主人公は、クリアな視点でロシア人・ドイツ人・仲間達
を見つめていると思います。
極限の状況の中で他の人を人間として見ることができ、
理性が保たれている主人公は凄いと思います。
また、敵が負傷者を収容してるとみたら、攻撃の手を止められるということや、
飛び込んだ家の中に敵がいたら銃を手に取るのではなく食べ物を求めることができる
ということに驚きます。

戦争という極限状況と、その中で保っていられる人間の理性が凄いと思った作品でした。
スポンサーサイト



  1. 2006/06/28(水) 22:33:41|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「ダーク・ブルー」(2006/06/26)



映画「ダーク・ブルー」を見ました。
ナチスドイツに祖国を占領されたチェコスロバキアの空軍パイロットは、
イギリスに渡って訓練を受ける。
彼らは戦闘機スピットファイアに乗って自由のためにドイツ軍と戦う。という話でした。

第二次世界大戦中に、チェコスロバキアの人たちがどうしていたのかを、
よく知らないので興味深い内容でした。
それにしてもパイロット達は明るいですね。
チェコスロバキアの男達はみんな女の口説き方を知っているラテン系なんでしょうか。
お堅いイギリス人とのからみがおもしろいです。

しかし、そんなパイロット達があっさり死んでいくのが悲しいです。
恋人・愛犬との別れ、戦友の死、帰国してからの労働キャンプ
など戦争や人を翻弄する歴史の流れのぬぐい難い暗さを感じます。

映像面ではスピットファイアが気持ちよく飛ぶ様がよく表現されています。
実機と記録フィルムを多様した映像は迫力があります。
  1. 2006/06/26(月) 20:52:30|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「カタロニア讃歌」(2006/06/24)

ジョージ・オウエル 鈴木隆・山内明訳:「カタロニア讃歌」、現代思潮社、ISBN4-329-00021-0
を読みました。スペイン内戦に参加した記者のルポルタージュです。

スペイン内戦というのは大変に複雑で、わかりにくいです。
スペイン内戦を題材にした作品は、映画「蝶の舌」・映画「ミツバチのささやき」・
絵画「ゲルニカ」・本「宮崎駿の雑想ノート」と今回読んだ「カタロニア讃歌」
くらいしか見ていないので、よくわかっていません。
ヘミングウェイの「誰が為に鐘は鳴る」を一度読んでみたいです。

とりあえず、今回読んだ分も含めて自分なりに
スペイン内戦をまとめてみます。
  1. 第一次世界大戦後のスペイン共和国では、左派と右派の対立があった。

  2. 左派が政権を獲得したのを機に、右派が共和国に対して反乱を起こした。
    左派ではアナーキストを中心に革命の気運が高まった。
    それに対する各国の反応は以下のようなものだった。
    ○ドイツ・イタリア:ファシスト政権が樹立していたので、右派を支援した。
    ○イギリス:ファシズムに対して不干渉政策をとっていたので、中立を保った。
    ○ソ連:左派を支援すした。ただし、フランス・イギリスとの軍事同盟のために、スペインの革命には反対の立場であった。
    さらに、反ファシズムのために左派を中心とした各国からの義勇兵が共和国側で戦った。

  3. 右派では、フランコ将軍が中心となった。
    左派では、ソ連の支援を背景にコミュニストが実権を握った。コミュニストは革命を進めようとするアナーキストを弾圧した。

  4. 結局、フランコ将軍が内戦を制し、ファシスト政権を樹立して共和国派を弾圧した。
    しかし、第二次世界大戦に参戦せず、ファシスト政権は1975年のフランコ将軍の死まで存続することになった。


ファシズム - Wikipedia
アナキズム - Wikipedia
コミュニスト - Wikipedia
スペイン内戦 - Wikipedia

「カタロニア讃歌」において、
著者はたまたまアナーキストの組織に入って戦った体験から
アナーキスト寄りの視点で、スペイン内戦での共和国側のコミュニストと
アナーキストの衝突を書いています。
著者は、労働者のために戦うという意志はあるものの、
ファシストを憎むという意識は感じられません。
また、コミュニストに対しても個人に対する敵意はなく、
欠点も含めてスペイン人を愛していると感じられます。
それにしても記者としてではなく、義勇兵として参戦した
この著者のエネルギーは凄いと思います。

戦場でほとんど状況がわからない様子や、
戯言のような戦闘、その中で人が死んでいき、
いつのまにかコミュニストとアナーキストの争いに巻き込まれていく様子が生々しいです。
  1. 2006/06/24(土) 21:16:05|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボーリング大会(2006/06/24)

今日は配属先に席が移動しました。
配属先は定時で帰ることができるところらしいので
その点がうれしいです。
後はまったくわからないことだらけです。
とにかく、がんばらなければ。

、、、電話から妖気が漂ってくるような気がします。


今日はボーリング大会でした。

1回目のプレイでは、ボーリングの神様が降りてこられました。
4連続ストライクなどの奇跡を授けられて、スコア163を記録しました。
自分にとってこんなスコアは生涯で最後ではないでしょうか。
2回目のプレイでは、ボーリングの神様は去って行かれました。
ストライク・スペアが一回もでないまま、スコア80でした。
これや、これがわいの実力や。

ボーリングの神様のおかげでチームが優勝して食用油を商品として頂きました。
ちょうど油切れてたんだよね。ワーイ
他にも、1回目と2回目のスコアの差が最も大きいというので
商品のサンドイッチを頂きました。 \( ̄▽ ̄;)/ ワーイ?

  1. 2006/06/24(土) 00:03:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フーコーの振り子(2006/06/21)

テポドン - Wikipedia

慣性誘導装置 - Wikipedia

ジャイロスコープ - Wikipedia

上のような流れで調べものをしていたのですが、
自分が回転していることをどう検出するかというのに
興味を持ったので調べてました。
この問題は言い換えると、
地球が自転していることを地球上でどう調べたらいいかという
ことだと思います。

それで歴史的にはフーコーの振り子で地球の自転を
証明したらしいですが、フーコーの振り子の原理が良くわかりませんでした。
フーコーの振り子 - Wikipedia

それで自分なりにフーコーの振り子について
3Dの動画を作ってみて、考えをまとめてみました。
動画1:地軸上からみた振り子の動き
動画2:斜めからみた振り子の動き
動画3:地球上で見た振り子の動き
動画4:地球上で見た振り子の動き2

動画1では、地球の自転に関係なく振り子の振れる向きは一定
(ちょっと怪しく見えるけど画面上から下の向き)です。
地球が一回転するまでの振り子の様子を地球上で見ていると(動画3・4)、
まるで振り子の振れる向きが一回転したように見えます。

動画3・4のように振り子が振れると地球が自転していることを証明
できるということだと思います。
ただ24時間、振れ続ける振り子がなければいけないでしょうが。
フーコーの振り子は、振り子の振れる向きは常に
宇宙空間上で一定なことを利用した回転の検出方法でしょう。

前に伸ばした腕に振り子を持って、
腕を前に伸ばしたまま自分の体を一回転させたときに
振り子の振れ方がどうなっていくかというので考える(やってみる)のが
わかりやすいのでしょうかね。
  1. 2006/06/21(水) 22:31:28|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「大祖国戦争」(2006/06/18)



映画「大祖国戦争」を見ました。
1965年にソ連で作られたプロパガンダ映画で、
ソ連で大祖国戦争と呼ばれている第二次世界大戦での独ソ戦を、
実写フィルムの編集によって描いています。

内容としては、ナチスの政権獲得あたりから独ソ戦まで簡単な経緯の説明があり、
独ソ戦での主要な戦いに焦点を当てつつ、
ドイツが倒れるまでが描かれています。

ストーリーの構成は、ソ連にとって都合の良いものになっています。
会戦前の部分では、ドイツを散々悪く描いて領土拡大を批判していますが、
ソ連のポーランド割譲やバルト三国併合はまったく触れていなかったりします。
自分に都合の良い物事の捉え方をどのように行って
人を惹きつけようとしているかという部分が興味深いです。
こういうプロパガンダの作品は、人を惹きつける為に作ってあって
限られたフレームにおいては非常に耳に心地よい内容になっていると思います。

映像は、ソ連のカメラマンが撮った実写映像・ドイツ側の映像・その他の国の映像
を多量に用いていて見ごたえがあります。


個人的に映画の中で気になった音楽を調べてみたらありました。
意味はずばり「聖戦」で、ファシストを倒せという内容みたいです(^_^;)
svyachennaya voina
Swjaschtschennaja Woina

あと全然関係ないですが、katusha良いです。
”スターリンのオルガン”のカチューシャ調べてたら、
カチューシャがロシア女性の愛称で、ヘアバンドの”カチューシャ”が
これからきていることを知りました。
カチューシャ - Wikipedia
  1. 2006/06/18(日) 20:50:32|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂丘までサイクリング(2006/06/18)

千代川の東を通るサイクリング道を北上して砂丘まで行ってみました。
よく晴れていて、絶好のサイクリング日和でした。

20060618123042.jpg
写真:空


20060618122948.jpg
写真:サイクリング道


サイクリング道は、広くて、視界が開けていて見通しが良く、
川の側を通る所では涼しくて気持ちが良い道でした。

20060618122941.jpg20060618123018.jpg20060618123049.jpg20060618123128.jpg20060618123134.jpg20060618123140.jpg
写真:サイクリング道


川沿いに行くと、草が生い茂っている砂丘の西端部に出ました。

20060618123149.jpg
写真:観光地方向

20060618123156.jpg
写真:砂丘の草


中々楽しいサイクリングでした。

  1. 2006/06/18(日) 12:50:08|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛍(2006/06/17)

同期の人と樗谷公園の蛍を見に行ってきました。
結構な数の蛍がいました。
久しぶりに蛍見ましたが、暗闇の中で点滅を繰り返す
淡い光はやっぱり綺麗です。
じめじめと暑い夜でもう夏の様相でした。

蛍も多かったですが、人も結構いました。
特に子供があちこちうろうろしてました。
駐車場は、公園のではなく県庁のを使うように
なっていたのですが、車が駐車場の入り口で待っているくらい
混んでました。
また、蛍観賞用のバスが出てるみたいでした。
観光用の場所として整備されてきたんでしょうか。
  1. 2006/06/17(土) 20:14:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネット不通(2006/06/13)

昨日帰ってきたら、朝は繋がっていた
ネットが繋がらなくなってました。

何回か機械を再起動しても駄目でした。
CTUの設定にも繋がらないありさまだったので、
サポートセンターに連絡しました。
しかし、サポートセンターの対応を全て試しても駄目で
マンションの集合装置を今日見てもらうことになって
その日はそのまま終わりました。

余談ですが、サポートセンターの電話でアルファベットを
ABCのC、NTTのNなどと言っていました。
確かに日本語の母音においてもフォルマントが似ている音の判別は難しいですし、
意味のない単体の音は結構認識が困難なんでしょうね。
航空無線のアルファベットなどでも
アルファベットを意味のある単語の音にマッピングしてますしね。


結局、今日連絡があって、集合装置が壊れていたので
取り替えたということでした。
ネットも無事つながりました。

光で速くなったと思ったら即効不通になって
どうなるかと思いましたがなんとかなってホッとしました。
  1. 2006/06/13(火) 20:13:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徒然(2006/06/11)

○今日は久しぶりにジムに行ってトレーニングしました。
30分サイクリング、30分筋トレ、20分ランニング
するとさすがに疲れました。
しばらく行ってなかったので筋力も体力も落ちてました。

○そういえば前にNHKでやっててなんかいなと思ってた
映像がYouTubeにありました。
YouTube - しばわんこの和のこころ 第01話・第02話
なんで柴犬が和の心を?(^_^;)

○中古で安かったのでDVD「スターリン・グラード」を買いました。
ストーリーはどうでもいいけどやっぱり前半部分が良いです。
最近「シン・レッド・ライン」がもう一度見たくてしょうがないですが、
店には全然売ってないみたいですね。
「ライフ・イズ・ビューティフル」もまた見たいです。

「大祖国戦争」とか「空軍大戦略」が気になります。
「ヨーロッパの解放」は、、、気になるけどつまらなさそうです。
タルコフスキーの「鏡」以外の作品も見たいなあ。
あとイタリアンリアリズムが良いので「道」ですかね。
出たら「トムヤムクン」と、まだ見てない「7人のマッハ」も欲しいです。

映画「ククーシュカ」が気になります。
こっちではやっていないので、こういう時は都市近辺がうらやましくなります。

まあ人間の欲とかキリがないんでゆっくりいきますか。
  1. 2006/06/11(日) 20:16:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「市民ケーン」(2006/06/11)



1941年にアメリカで制作された市民ケーンを見ました。
死の間際に「バラのつぼみ」という謎の言葉を残した
富豪ケーンの半生を描いた作品でした。

映像の技法が凄いということで見てみました。
確かに、この時代にこれだけの映像を作り出したのは
凄いと思います。

でも、話はおもしろくなかったです。
「バラのつぼみ」の謎を追って、関係する人
にケーンの過去を聞いていくという形で話が進むのですが、
延々とケーンの過去の回想が続くのでテンポが悪く感じます。
見ているときに集中力がきれかけました。
また、ほとんどミステリーという要素は無くて伝記物に感じます。

ケーンの生涯は丁寧に描かれているかもしれませんが、
人を愛せなくて、お金があっても幸せになれなかった
あまり共感のできない人の
生涯を見てもおもしろいものではなかったです。
  1. 2006/06/11(日) 17:42:18|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ADSL1.5M→光(2006/06/10)

マンションが光回線を導入したのを期に
ADSL1.5Mから光にかえました。
それで今日工事があって移行が完了しました。
工事自体は30分もかからず終わりました。

サービス期間だったので初期費用が無料で、
月毎の費用も安くなり、回線速度も速くなったのでうれしいです。
まだ、速くなった恩恵はあまり感じませんが。

最初3Mbpsほどしか出なくてがっかりしましたが、
MTUやRWIN値を変更すると30Mbpsほどになりました。
ADSLの時にもMTUとRWIN値を変更していたんですが、
すっかりそれを忘れていました。
3MbpsでもADSLのときよりよっぽど速いんですけどね。
  1. 2006/06/10(土) 20:03:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「パニックルーム」(2006/06/09)



テレビで「パニックルーム」をやっていたので見ました。

大きな家に引っ越してきた母娘が、強盗に押し入られて
緊急用の部屋・パニックルームに逃げ込むが、
強盗の狙いはパニックルームの中の金庫だった。
という話でした。

狭い空間で犯人と被害者の知恵比べといったら
SAW」とか「フォーンブース」を連想します。
ただ、「パニックルーム」は犯人と被害者両方の視点があって、
どちらも当事者であり、異常な状況下でぼろぼろとミスをするので、
あまり緊張せずに見ることができました。

「フォーンブース」や「SAW」は犯人側を最後まで正体をみせない
謎の存在として描くことで、観客を被害者側のみに感情移入させていると思います。
また、そのことによって被害者がいる閉鎖空間の閉塞感が
際立つと思います。
「パニックルーム」では閉鎖空間の中と外の両方の視点が
相対的に存在するので緊張感はわきません。

こういう作品にありがちな、どんでん返しや前の何気ないことが
関係があったということもあまりないように思いました。
また、話がなんとなくダラダラと続いていくように感じました。

今一見終わった後の印象が薄い作品でした。
  1. 2006/06/09(金) 21:07:28|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車の手形(2006/06/05)

そういえばこの前、車で走っていたら前をバンが走っていました。
それでその車は後ろの面の下部が泥かなんかで汚れていました。
その汚れをよくみたら、ベタベタと付けられた小さい手形でした。
右端から左端までの低い位置にベタベタと手形が付いてました。

怪談でトンネルを通り抜けたらガラスに手形が一杯
といったものがありますが、ガラスより
子供が手形をおせるくらいの低い位置に着いてる方が
リアルなんじゃないかとふと思いました。

それとも子供の手では絶対に付かない位置だからこその
怖さがあるのでしょうか。

それにしてもあれだけ一杯の手形をよくつけたものです。
  1. 2006/06/05(月) 22:00:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「鉄道員」(2006/06/04)



1956年にイタリアで制作された映画「鉄道員」を見ました。

頑固で不器用で亭主関白な父親を中心とする家族の崩壊と再生を、
末っ子の少年から見た作品でした。
この作品に出会えて良かったと思います。

この前に見た「自転車泥棒」もそうでしたが
イタリアは家族主義な国だということを実感する作品でした。
頑固父親、貞淑な母親、ふらふらしていてニートな長男、
できちゃった婚の長女などで構成される
家族の様子は、文化は違えど日本人が共感しやすくおもしろかったです。
また、それはそれとして文化の違いを知るというのもおもしろいものです。
子供に酒を飲ますこととか、家族喧嘩が始まると
みんなが廊下に出てくるようなアパート暮らしといった
文化の違いが出るところがおもしろいです。

この作品は、家族に対してかなり客観的でありながら最も近い存在である
末っ子からの視点で家族を描いているので、
この家族の問題がよりハッキリ出されていると思います。
下のセリフは映画の中で、
私が気に入ったものです。

末っ子:「姉さんとパパどっちが正しかったの」
母親:「どっちもよ 人が言い争うときは大抵そうなの」
末っ子:「じゃ仲直りできない
どっちも正しきゃ両方とも謝らないでしょ」
母親:「問題はね
一緒に住んでいても話をしないことなの」

[以下ネタバレ][
最後の方で、父親が馴染みの酒場に行って仲間に受け入れてもらった
場面は泣いてしまいました。
その後の家族の再生もです。
父親の死はそれほどショックではなくすんなりと受け入れられました。
最高な気分の中で死ねたのが幸せに思えます。

他には友人の人は凄くいい人だと思います。
友達が何をしようと見守っている彼はかっこいいです。
しかし、自分の欠陥(と思えること)に悩み苦しみながら生きていく
父親の姿はそれ以上に共感しました。
]
  1. 2006/06/04(日) 20:20:32|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドライブ(2006/06/03)

今日は車で三徳山経由で倉吉まで行きました。
初めてのきつい昇り降りとカーブがある道の運転で疲れました。
最初は三徳山までのルートを確認するだけのつもり
だったのですが、駐車場が一杯で止まれなかったので
そのまま倉吉まで行きました。

倉吉で大学での友達に連絡をとって、
数ヶ月ぶりにあって喫茶店で話をしました。
連絡もせずにいきなりいったのに会えて良かったです。
出張から帰ったばかりだったそうなので、
タイミング的に運が良かったです。

帰りは東郷池から北上して自動車道にのって帰りました。

それにしてもこれくらいの距離で腰が痛くなってしまいます。
シートの調整とか考えなければ駄目そうです。
  1. 2006/06/03(土) 22:42:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する