FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

映画「西部戦線異状なし」(2006/05/30)



1930年アメリカで制作されたモノクロ映画「西部戦線異状なし」を見ました。
映画の舞台は第一次世界大戦下のドイツで、
ある青年が参戦してからの話を中心に第一次世界大戦を描いた作品でした。

映画「ロングエンゲージメント」と同じく、第一次世界大戦で
典型的な要素の、塹壕、食事、のみ・しらみ、
ねずみ、砲撃、突撃、狙撃等(参考:第一次大戦-塹壕
が描写されています。
そういう部分では第一次世界大戦をしっかりと描き出していると思います。

戦争の状況を描くのはうまいと思いますが、
登場人物が思いを全部しゃべったりして、
人物の心理描写は細やかさがないように思います。
偏見かもしれませんがやっぱりアメリカ映画だからでしょうか。
ドイツ人役の全員が英語を喋るせいもあると思いますが、
登場人物達もあまりドイツ人という気がしません。
全員が英語をしゃべるというのは映画「スターリングラード」あたり
まで続くこのころからのアメリカ映画の伝統でしょうか。

まあしかし、戦争の悲惨さではなく、悲惨な戦争という状況を描くのに徹している
感じでおもしろかったです。
スポンサーサイト



  1. 2006/05/30(火) 21:56:36|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漫画「ナムチ―臥竜解封録」(2006/05/28)



本屋で「ナムチ―臥竜解封録」を見かけて
「ナムチ」の続編が出た?などと思ったのと懐かしさで買ってしまいました。
「ナムチ」は十数年前に漫画で出ていて、
河童が主人公のファンタジーで独特の雰囲気があり、
未完だったので気になっていました。

結局「ナムチ―臥竜解封録」は未完だった「ナムチ」を再録したものでした。
まあ「ナムチ」をもっていなかったので買って損はないのですが
続編では無かったのが残念です。
話としてはまだ6分の1くらいで、十数年も未完のままなので
まず続編はないでしょうが、、、。
アニメ化を狙っていたらしいですが結局それもないまま
埋もれていった、結構もったいない作品だと思います。

あとがきには、「指輪物語」と水木しげるの「河童の三平」が
元になっているとありました。
昔はあまり気付きませんでしたが、読み返してかなり「指輪物語」を
意識した作品だというのがわかりました。
  1. 2006/05/28(日) 22:55:27|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温泉→飲み→バドミントン(2006/05/27)

土曜日は映画「ダ・ヴィンチ・コード」を見に行った後、
内定が決まった友人とまたまた温泉の黄金泉に行ってきました。
やっぱり温泉は気持ち良いです。
まだ入浴半額券が2枚余っているので後一回はいけます。

温泉の後は、内定のお祝いで友人と飲みました。
美味しいもの食べて飲んでというのは幸せです。
久しぶりにのんびりした飲みでした。

日曜は夕方から職場の人達とバドミントンをしました。
全力投入して楽しくプレイしました。
先週も同じようにバドミントンをしていて
全身がひどい筋肉痛になりましたが、
今回はそれほどひどくはなりませんでした。
  1. 2006/05/27(土) 22:14:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「ダ・ヴィンチ・コード」(2006/05/27)

映画「ダ・ヴィンチ・コード」を見ました。
原作を読んでいなかったので、話を追えるか心配していました。
映画を見てみると、確かに細かい部分はわからなかったものの、
とりあえず骨格部分はわかったのでホッとしました。

話は本で読んだ方がよくわかって面白そうだとは思いましたが、
まあ映画としては良く出来ていると思います。
映像がメインとはならない映画ですが、
映像部分がしっかり作られていると思います。

話題になったキリスト教のことについては、
無宗教な日本人のせいか単なるどんでん返しのうちの1つにしか感じません。
日本の神様はかなり人間臭いですしね。
あまりキリスト教の文化・歴史を知っているわけではないので、
この作品の持つものが伝わりにくいのはあるかもしれません。

ただ、故意、または偶然によって変えられてきたお話(神話)の話
という民俗学的な部分は興味深かったです。
赤ずきん症候群/おとぎ話のイデオロギーとか
妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜などのような
伝えられてきたお話の話は人間というものを表していておもしろいです。

[以下ネタバレ][最初に殺されたおじいさんは
死ぬまでが長くて、あちこち歩き回りすぎな気がしました。
途中で死にそうです。

話ではそれぞれの組織の歴史と目的、誰がどのように組織に使われたか
というのが今一よくわかりませんでした。
]
  1. 2006/05/27(土) 16:19:32|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あわくら温泉黄金泉(2006/05/20)

入浴料が半額になる券を持っていたので、
あわくらの黄金泉に午前中に行ってきました。

車での始めての遠出でしたが、なんとか無事に行き着くことができました。
それにしても片道運転すると腰が痛くなってしまいました。
乗ってる車がコンパクトだからでしょうか、遠出は大変そうです。
ずっと雨が降っていて途中どこにもよらなかったですが、
今度は途中にあるお城や道の駅もよってみたいです。

黄金泉の温泉は気持ちよかったです。
タヌキをかたどった風呂桶や、外にタヌキや鶴の置物を
置いているセンスはどうかと思いましたが、
サウナ・露天風呂・水風呂などいろいろ種類があって楽しめました。
結構田舎にあるのでお客がいるかなと思っていたのですが、
ちらほらと人がいました。
孫を連れたおじいさんや、あいさつをかわす人達がいて、
地元の人の割合が高そうでした。

060520PIC_0001.jpg

お寿司を売っていておいしそうだったので、思わず買って帰って、
お昼に食べました。
なかなかおいしかったです。
  1. 2006/05/20(土) 17:30:33|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今日の夕飯(2006/05/17)


写真:餃子30個

今日は餃子を作ってみました。
餃子は大勢でワイワイ言いながら作ると楽なのですが、
もくもくと一人で30個も作っていると滅入ってきます。
頑張って作ったのですが、結局、具材が余ったので
餃子は使わずに余った具だけで料理しました。
一人暮らしだとどうしても量が多くなってしまいます。

060517DSCF0330.jpg
写真:夕飯

餃子の具は炒めてトムヤムクンにぶち込みました。
他には、野菜の洋風煮とサバの煮付けを食べました。
サバの煮付けは、先日、サバを丸ごと買って作りました。
サバの身がプリプリしていておいしかったです。

後は、近くの食堂のおばちゃんに貰ったタケノコご飯も食べました。
たまにおばちゃんからご飯を頂きます。
そこの食堂は安くて美味しいのですが、お昼しかやってなくて
食べに行けないのが残念です。
タケノコご飯は大変おいしかったです。
ごちそうさまでした。
  1. 2006/05/17(水) 20:59:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

あれなアニメ(2006/05/17)

ちょっと前に友達からアニメの作画について教えてもらっていたことがあります。
その時に、悪い作画はどんなのだろうと思って調べてみたことがあります。
それで見つけたアニメが、ガンドレスとかヤシガニでした。

そして、今MUSASHI GUN道を見つけました。
MUSASHI -GUN道- まとめサイトっぽいもの

動画は以下のページのリンクから見ることができます。
MUSASHI -GUN道- まとめサイトっぽいもの: 動画・画像・音楽まとめ
第2話の戦闘シーンは特に凄いと思います。

また、現在は第一話がネットで配信されています。
パソコンテレビ GyaO [ギャオ] 無料動画  |アニメ|


このアニメを見ると、アニメというものはゼロから世界を構築するだけに
作成は大変なことなんだなと実感します。

映画の実写デビルマンとかでも思いましたが、
こういう作品が世に出る過程を詳しく知りたいですね。
失敗の分析は、成功の分析と同じくらい興味深いです。
NHKで失敗版のプロジェクトXでもやりませんかね。
  1. 2006/05/17(水) 20:34:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「自転車泥棒」(2006/05/14)



1948年制作のイタリア映画「自転車泥棒」を見ました。
第二次世界大戦直後の混乱したイタリアが舞台で、
仕事のためにやっと手に入れた自転車を盗られた父親と息子が、
町中を捜してまわる話です。

時代背景にそれほど詳しいわけではないのでよくわからないところもありますが、
全体的に社会が混乱している様子が感じられます。
職安に群がる失業者、自転車が盗られたくらいではまったく相手にしない警察、
占いにはまる人々等々が描写されていて全体的に閉塞感が漂います。
ストーリーも時代の重苦しさがよく表わされています。

また、父親が凄く駄目人間で何をやっても失敗する人なので、
よけい時代の暗さが浮き彫りにされていると思います。
この父親は幸せな時代に生きていたらちょっと駄目だけど
憎めない人だったと思います。
私もかなり駄目人間なので、この父親に共感するところがあります。
それだけに、時代の流れに翻弄されてボロボロにされて迎える結末は
あまりにも切ないです。


それにしても、このような作品を500円で見ることが
できるというのはすばらしいです。
  1. 2006/05/14(日) 20:44:41|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「被爆治療83日間の記録」(2006/05/11)



「被爆治療83日間の記録」を読みました。
内容は↓のサイトに詳しく書かれています。
被爆治療83日間の記録

↑上のサイトを読んで興味をひかれて、
Amazonで定価よく高いのに思わず買ってしまい、
届いたてからすぐに読んでしまいました。

東海村臨界事故での被曝者の様子と、
被爆に対する治療はすさまじいものを感じます。
まるで崩れていく砂の山を手で押し留め、砂をすくいなおして
形を保とうとするような治療の様子は痛々しいです。
また、助かる見込みがなく、意識がない者とその身内にとって
どうすることが幸せなのかという問いかけは重たいものがあります。
生きていきながら確実に死が待つ患者、
あきらめない家族、自分たちのしていることが何なのかを
悩む医療関係者を通して、そのような問いかけが浮き彫りにされていると思います。
  1. 2006/05/11(木) 21:36:08|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「一日江戸人」(2006/05/09)



「一日江戸人」を読みました。

生き生きと江戸時代の人々の生活が書かれていておもしろかったです。
杉浦日向子 - Wikipediaという人の漫画については
今までに読んだことがありました。
その漫画で、江戸時代の人々の生活がおもしろおかしく、
かつ生活感をもって描かれていたので、
この人が書いた本もおもしろいだろうと思って読みました。

本を読む前から思っていましたが、
やっぱり江戸時代は今と似ていると思いました。
平和な時代で、暇な人が馬鹿なことをしているのがソックリだと思います。
この本では江戸時代を身近に書いていて、現代と比較できるのがおもしろいです。
江戸時代の入門の本としてわかりやすくて良かったです。

それにしても、江戸時代は月の半分も働けば女房子供を養えたそうですが、
とてもうらやましいです。
  1. 2006/05/09(火) 22:47:56|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

見慣れた物が見慣れない配置のトイレ(2006/05/05)

家族で温泉旅館に泊まりました。
それでトイレに入ったらなんか見慣れない光景でした。

060505DSCF0302.jpg
写真:トイレの板

最初は誰かが板を動かしているのかと思いましたが、
二日目もこの配置でした。
後から気付いたんですが、トイレの扉がトイレ側に
開くようになっているので、扉に当たらないように配置しているんでしょうね。
でもそのせいでこの板が果たす役割が中途半端です。
  1. 2006/05/05(金) 20:55:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不動院岩屋堂(2006/05/04)

060505DSCF0304.jpg060505DSCF0307.jpg060505DSCF0308.jpg
写真:不動院岩屋堂


不動院岩屋堂を見に行きました。
yahoo地図情報 不動院岩屋堂

岩の壁面に建てられた建造物としては投げ入れ堂が有名で、行ったこともありますが、
他にもこんな建造物があるとは知らなかったです。
投げ入れ堂と違って不動院岩屋堂は駐車場からすぐ
のところにあるので、気楽に見れて良いです。
それにしても投げ入れ堂といい不動院岩屋堂といい
よく作ったもんだと思います。
見事でGWなわりに観光客がほとんどいなかったのが印象的でした。

近くの若桜町歴史民俗資料館も見にいきました。
外見がしっかりとしているわりに、中身はいろいろなものが
雑多におかれているところでした。
いろいろ展示があったなかで、自動ハエ取り機が目を引きました。
なんか勝手に回転して巻き取るみたいなカラクリっぽかったですが良くわかりませんでした。
他には、召集令状や軍隊の休暇届けの書類と
いった戦時中らへんの展示物がおもしろかったです。
こういったそれぞれの郷土の戦時中の資料は、
あまり知らない当時の生活を感じられるので好きです。
  1. 2006/05/04(木) 20:52:35|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

賀露神社(2006/05/04)

060505DSCF0319.jpg060505DSCF0320.jpg060505DSCF0321.jpg060505DSCF0322.jpg
写真:賀露神社


賀露港の近くにある賀露神社を見に行きました。
中々立派な神社でした。
階段のところは目の前に海が広がっており見晴らしが良いです。
  1. 2006/05/04(木) 20:30:31|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨滝(2006/05/03)

060505DSCF0290.jpg060505DSCF0296.jpg
写真:3種類の滝(中央が雨滝)

就職した友達と会って雨滝に行きました。
yahoo地図情報 雨滝
前々から話は聞いていましたが、始めて行きました。
見事に滝が流れていました。
山に登ったところにも滝があるそうなので、そのうち見に行きたいです。

060505DSCF0298.jpg
写真:お昼

お昼は雨滝のすぐ近くの豆腐料理を食べました。
おいしかったです。

  1. 2006/05/03(水) 17:33:59|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する