FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

生きる理由(2005/10/31)

土曜日に、大学に行ったら道で、なんで生きるのか考えたことがあるかと聞かれました。
どうやら公開講義でそういうことをやっているそうで、
生きる理由とは何かを求めたいと言ってました。


自分は
○この問題は結論の出ない問題である。
人間が主観から逃れられない以上、絶対的な理由は求められない。
○それぞれの人がもっている何故生きるかという考えは
基本的には生きるための欺瞞である。
と思っています。

前にテレビでやっていたのですが、
動物と人間の違いに、未来予測でどれだけ先が読めるかということ、があって、
脳の発達により自信の死までの未来が
予測できるようになった人類は死を認識したという話がありました。

死という存在の認識があってこそ、生という存在があります。
しかし、その2つを認識することは、
ただ存在していれば良かった自身を不安に陥らせます。
そして、そんな不安を常に抱えて人は生きることができません。
そのため人は何かを根拠なく信じます。
1秒後の自分が生きていることを
何の根拠も無いですが誰もが信じていると思います。
そして、宗教があり、そこまでいかなくても民族的な生と死を包み込む世界観があると思います。

結局、生きていくためには存在していたいという強い
欲求が必要であると思います。
それが生きるための理由を無理にでも作り出し、
不安を和らげ、人は生きていけるのだと思います。


しかし、今の日本は平和であり、村社会は崩壊して親族の死に
触れる機会は少なくなり、社会は死を隠しています。
自分の中に、強い死の存在がないと、生が存在できるわけがありません。
死の認識があいまいだと生と死の境界はあいまいになります。
今現在、日本の少年犯罪というような問題の原因はここにあるのかもしれません。

生が緩慢であると思う人は、山登りや無人島での生活で
強烈な死の認識をすることが良いのかもしれません。


というようなことを思います。
スポンサーサイト



  1. 2005/10/31(月) 00:17:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワンマンカー後乗り前降り(2005/10/30)

鳥取には、東西に一本鉄道が走っています。

鳥取に来てから、そこを電車が走っていない(動力が電気ではない)ことに驚いたりしました。
他にもいろいろ驚いたことがあるのですが、
列車で、後乗り前降りをしなければならない時と、
そうでない時があり、システムがよくわかりませんでした。


まず前提知識として、
鳥取の線路はワンマンカーが走っています。
ワンマンカーは文字通り乗務員が一人だけ列車に乗り込むというシステムです。
これは、ほとんどが2つの車両で構成されるような小規模な運行では、
人件費を抑えられて運行と乗客の管理が可能なのでそうしているのでしょう。

また、駅は無人駅が多く、自動改札機は全駅にありません。
そのため、列車はバスのように車内で整理券を発行しています。
無人駅から乗った場合は、この整理券を取って降りるときに
料金を払うのでしょう。無人駅から乗ったことがないので
体験したことはないですが。


最近バスに乗ることが多く、そのため列車に乗った時に
後乗り前降りのシステムに気付きました。

(たぶん例外はあるものの)何故、定額のバスが前乗り後降りで、
料金が距離加算のバスでは後乗り前降りかといえば、
これは料金を回収するためです。
これで、ただ一人の乗務員である前の座席にいる運転手が
料金がちゃんと払われたかを確認できます。
定額バスはあらかじめ料金を払ってもらい確認すればいいし、
料金加算バスだと整理券と料金を確認すればシステムが成り立ちます。
乗車区間の確認ができさえすればどうでも良いんでしょうが、
わざわざコストをかけてそうするより乗ってる乗務員を利用する方が、
効率的なシステムですね。

鳥取の列車の場合、
○無人駅から乗る場合は、
整理券を乗客に取らせるために整理券発行機が設置してある一番後ろのドアから乗せます。
○無人駅に降りる場合は、
運転手が乗車券または、料金を確認するために一番前のドアから降ろします。
○有人の駅ではどこから乗っても降りても良いのですが、
駅員の勤務時間外では降車の場合、前降りになります。
これは当然ながら駅員が帰っていないので駅で切符・料金の確認ができないためです。
○駅員がいる駅は大抵、自動発券機があるので
駅員がいてもいなくても乗車はどこから乗ってもいいことになります。


鳥取に数年住んでいながらこのシステムに考えが及びませんでした。
その原因としては、
1.列車は切符をあらかじめ買って目的地まで行くものだと思い込んでいた。
2.駅員がいて自動発券機がある駅間しか利用したことがない。
3.2の限りは、前降りさえしてれば利用に不都合がない。
4.列車をあまり利用する機会がない。
5.乗れさえすればある意味どうでもいい。
でしょうか。こんなことも考えずに使ってたんだということにちょっと愕然としました。
どうせ知らなくてもいいやとか、わかるわけないとかいって
システムの理解をしないのはあまりよくないですね。


まあ、しかし、上のは単なる私の論理的推察で、一応仮説ですね。
他の要素がある可能性もあるし、
後ろから降りようとしてドアが開かなかったら怖いので、
これからもいつでも前から降りようとすると思いますが。
時々、多分県外の人が後ろから降りようとして、
慌てて前に走っていくのを知っているので。
  1. 2005/10/30(日) 19:51:14|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

血液検査結果(2005/10/29)

前回の献血時の検査結果
検査項目標準値単位検査値
ALT(GPT)5~45IU/l28
AST(GOT)11~37IU/l19
γ-GTP10~65IU/l21
総蛋白TP6.5~8.2g/dl7.1
アルブミンALB3.9~5.0g/dl4.8
アルブミン対グロブリン比A/G1.2~2.02.1
コレステロールCHOL110~250mg/dl151
採決種類400mL
赤血球数RBC男性425~57010^4/μl590
ヘモグロビン量Hb男性13.3~17.4g/dl16.0
ヘマトクリット値Ht男性39.0~50.4%46.9
平均赤血球容積MCV80.0~100.0fl79.4
平均赤血球ヘモグロビン量MCH26.0~34.0pg27.1
平均赤血球ヘモグロビン濃度MCHC32.0~36.0%34.1
白血球数WBC35~10010^2/μl59
血小板数PLT14.0~38.010^4/μl25.3


今回は逆カニバリズムの具現者・アンパンマンにならって、

さあ、僕の体液をお入れ。
  1. 2005/10/29(土) 22:13:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

内定者懇親会(2005/10/28)

内定者懇親会に行ってきました。
4月に内定を貰ってずっと連絡が無かったので不安でしたが、
来年春まで連絡が来ないところもあるそうなので待つだけでした。
ただ、内定者懇談会で先輩の方に聞いたとことによると
2年前は春まで何もなし、1年前は会社の統合で臨時に集合
だったそうなので、まだ良かったのかもしれません。


でもこれで4月まで集まることは無いそうです。
住居とかもその日までに用意しとけということらしいです。

事前研修とかは無くて、とにかく入ってから学べということだそうです。
だから、やるべきことは特に無くて、残りの学生生活を楽しんで、
肝臓を鍛えておけ(笑)ということでした。
土曜日に宿題が出なかった小学生の気分です。


同じ市内に会社があるので、
前日に会社の近くまで移動して宿泊して次の日内定式みたいなことはなく、
直前まで家にいれるのでモチベーションがいまいちあがりませんでした。

15:00開始で14:45集合でした。
行く途中、同じ内定者と思しき人がいましたが、
特に話し掛けたり掛けられたりすることもなく会社の受付へ行って
会議室に通されました。
そこでも特に話をする雰囲気ではなく、
無駄に緊張しつつ待ってました。

大抵の人が交通費の書類を書いていましたが、
市内は交通費がでるわけではなくボーっと待ってました。
内定者数はだいたい就職の時募集していた人数くらいでした。
同じ大学で学科の違う人が1人いました。
何人かは1週間の東京でのマナー研修・2ヶ月間の教育を経て勤務地が違うところに
行く予定があるそうです。

内定式はまず、3つくらいあるセクションの概要説明があって、
次は、会社内見学、
最後は、入社後の教育のために知識を問うアンケートの説明でした。

会社での行事はそれだけで、
後はホテルに移動して食事+飲みがありました。
テーブルが3つだったので、全員とは話せませんでした。

ここまで内定者だけでどうのという場が無く、
食事が終わってから自主的にメアド交換したのは
自分も含めて5人でした。

さらに2次会についていったのは4人でした。
連れて行ってもらったのはマスターがいる店で
酒の名前が全然わかりませんでした。
上等なところで飲んでないからなあ、、、。
それで、最後は終電に乗って帰りました。


結局内定者全員とは話せてないのですが、
まあ会社に入る実感もややできたし、
会社の雰囲気も良さそうで、技術も身に付きそうだったので良かったです。

そういえば、会社の人、一人に自分のことが知られてました。世間が狭い、、、。
うちの研究室にいる留学生のY君が同じ会社にアルバイトに
行っていて聞いたそうです。
Y君、、、僕は研究室で一番偉い人じゃないです、、、orz
でも、もろ会社の分野の学科出ていて院まで出てたら
期待されないわけがないですね、、、期待が怖い、、、
面接では何十人も受けていて、有名大学の人も落としたからね、
とか面接官した人が言ってたしなぁ。


それにしても、卒業するまでになんとか海外旅行をしておきたいです。
結構先輩に薦められたので、なんとなくその気になりました。
ああ、気楽な学生生活が名残おしい。
  1. 2005/10/28(金) 14:32:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WEBカメラ MCM-06SL(2005/10/27)

楽天:MCM-06SL PCカメラ 3,036 円
楽天:MCM-06SL 3,480 円
楽天:USB接続PCカメラ【MCM-06SL】 3,654 円


webカメラのMCM-06SLを買ってみました。
たまにメッセンジャーで友達とやりとりすることもあるので
あったら便利なこともあるかなと思って買ってみました。

webカメラだったらなんでも良かったのですが、
MCM-06SLが赤外線ライトがついていて暗くなっても
見えるというのと、値段が3000円から4000円とそれなりに
安いので選んでみました。

使ってみるとおもしろいです。
○本体は見た目の割にはずっしりと重いです。
どうということはないですが、安定感があって良いような気がします。
○画像は結構綺麗に思えます。
最高で640x480で撮影できるというのはまあまあな能力でしょうか。
○焦点は手動で調整します。
用途として固定カメラとして使うと思うので手動でも問題ないです。
○暗くなると自動的に赤外線ライトが点灯し、
画像が白黒になります。手動では赤外線モードにはできませんが、
犯罪に使われないために妥当な機能でしょう。
下の写真のように暗くて普通のカメラでは
写らないような場合でも綺麗に写ります。

mcm051027_2.jpg
mcm051027_1.jpg
mcm051027_0.jpg
写真:MCM-06SLで撮影写真:部屋を暗くして
MCM-06SLで撮影
写真:左と同じ状態で
同じ被写体をデジカメで撮影

また、暗い中で遠くも街頭などの明かりがあれば結構見えます。
赤外線ライトとか照らせばもっと見えるんでしょうか?

適用範囲はかなり限定されると思いますが、監視カメラとして
も使えるかもしれません。
大体、赤外線カメラは数万円くらいするので、
カメラを撮られるのが怖いですが、これは安いので
気楽にできるところが良いところではありますね。


とりあえず、MSNメッセンジャーで単なるwebカメラとして使ってみました。
これで音声チャットとかすると完全にテレビ電話ですね。


Linuxで使おうとしてみたのですが、できませんでした。
そんなにスキルがないので単にそれでできていないかもしれないのですが、
ネットにもあまり情報が無くて難しそうです。
  1. 2005/10/27(木) 22:37:54|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハラペーニョ収穫(2005/10/27)

hara051027_2.jpg

写真:収穫したハラペーニョ

ハラペーニョらしき実を収穫しました。
切って、切り口を触った指をなめてみると辛いです。
種も食べてみましたがこれもそれなりの辛さでした。
ただ、これは食べれないことはなくて、
一番辛かったのは、実を薄くスライスしたものでした。
噛んだら噛んだだけ辛さが出てきて思わず咳き込みました。


残った実は、タコスのサルサソースに入れて頂きました。

hara051027_1.jpg

写真:ハバネロを入れたサルサソース

作り方は、
1.ご飯を器によそう。
2.切ったレタスをのせる。
3.サルサソースをかける。
4.炒めたひき肉をのせる。
5.箸やスプーンで混ぜて頂く。

という簡単なものなのに、辛さと酸っぱさが良い感じで
安くておいしくできます。
ただ、入れたハラペーニョの辛さは感じなかったです。
量が少なすぎたのでしょう。
  1. 2005/10/27(木) 22:22:59|
  2. 植物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

日本シリーズ(2005/10/25)

阪神また負けてますね。
3連敗でロッテが優勝目前ですか。
まあいつもの死のロードが日本シリーズに
ずれこんだと思えば、、、
別に、自分は阪神ファンじゃないですが、
阪神にありがちな連敗が今シーズンほとんどなくて、
阪神も強くなったもんだと思っていたら、ここで連敗ですか。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <阪神ファン>「むしゃくしゃ」…公務執行妨害容疑で逮捕
みたいなことがあったようですが、
優勝時の暴徒といい、阪神ってにわかファン(ファンでもないのかも)
の馬鹿が騒いで目立ちますね。
  1. 2005/10/25(火) 22:06:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハバネロ(ハラペーニョ)育成記(2005/10/24)

ha051024.jpg

写真:目を背けたくなる惨状

今日、ハバネロ(ハラペーニョ)を見たら、
土曜日降った雹で葉が枯れてました。
おまけに、実が成ってたハラペーニョらしき個体と
花がたくさん咲いていたハバネロらしき個体が植えられた
鉢が溝に落ちてました。
下に敷いてあった水の受け皿は落ちてなかったのに、、、。
鉢がフワフワと空中でも飛んだんでしょうか?ハッハッハッハッ、、、、、、、ハ~



惨状を見たときのこの無惨な気持ち、、、
泣きそうになりました。
いやいやいや、台風で農作物を全滅させられた人や、
戦争で息子を殺されて、「こんなために息子を育てたわけじゃない」
と嘆く人に比べればこの悲しみなんてたいしたことないよ。

5月から続けてきたこの育成記もこれで終わりでしょう。
とんだ幕引きになってしまい残念です。

  1. 2005/10/24(月) 13:01:09|
  2. 植物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

日本の僻地で哀を叫ぶ(2005/10/22)

今日歩いてたらいきなり空から固体が降ってきました。
低気圧のせいらしいですが、
気温も低くなって寒いです。
昨日が秋で今日が冬という感じでしょうか。

まあ、この地で空から固体が降ってくるのは珍しくないんですが、
人権救済条例もできて自由も制限されかねん土地になったことですし、
日本の一番の僻地という感じがします。
この僻地で一生住むかもと思うと
おらなんだかワクワクしてきたぞ。
  1. 2005/10/22(土) 22:00:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボウリング(2005/10/21)

ボーリングに行ってきました。

1回目82点・2回目70点台でした。○| ̄|_
そういえば5年で2回ぐらいしかやってなかったなあ。

ぼろぼろのスコア表を載せようかと思っていたのですが、
気遣いを受けたのか貰えなかったので載せれません。

一時期はもっとできてたような気がするのですが、
あれは単なる夢だったんでしょう。

運動エネルギーの(1/2)*mv~2を求めて
ボウリング球の最適な重さを見つけようかと思っていたんですが、
当たらない滑空砲より、当たるライフル砲の方がいいわけで、、、
測るには最低限の力量がありませんでした。

ちなみに10ポンド(約4.5kg)で時速22km/h(約6.1m/s)を投げた場合、
11ポンド(約5.0kg)で時速約20.9km/h(約5.8m/s)の場合と運動エネルギーが
一緒になります。

ピンを被弾傾始を施したスペースドアーマーと思って、
脳内対戦車戦を楽しもうと思ったのですが無理でした。
  1. 2005/10/21(金) 10:00:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mr.カラスコ良いです(2005/10/20)

東北楽天ゴールデンイーグルスの球団マスコットのMr.カラスコの
記事がYahooで出ていて、興味を持って調べてみたら
無茶苦茶おもしろい奴で好きになってしまいました。

本当に元トッラキ―の中の人なんでしょうか?
自分は阪神タイガースの球団マスコットのトラッキーの
お客を楽しませるというプロ意識を持った行動を知ってから
球団マスコットに興味を持ちました。

カラスコもものすごく人を楽しませてくれる存在のようです。
自分用にカラスコについて見られるサイトのリンクをメモしときます。

VIVA カラスコ
夢で逢いましょう
かにゃすこの日記

12球団マスコット研究室
  1. 2005/10/20(木) 00:14:50|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

獣医学の卒論の中間発表の手伝い(2005/10/19)

獣医学部の友達の卒論の中間発表の手伝いを、
夕食を奢ってもらってやりました。

基本的にはエクセルのデータからグラフを作る作業の補助
みたいなもんだったんですが、扱ったデータが生々しかったです。
詳しいことはわからないですが、ラットに投薬した結果の
小腸の数値のデータだそうなんですが、死亡で数値がないところがいくつかありました。
あと、出血の数値とか書いてあったりしました。

友達から話を聞くと、投薬してみたら全部ラットが死んで、
先生に聞いたら投薬量が間違っていて致死量を超えていたとかあったそうです。
見てみたらラットが白くなって死んで死後硬直していたりすると
さすがにへこむそうです。

うーん、生物系は怖い。
自分がしてる音声の研究じゃ生物は死なないですしね。
そして、学生実験がよく失敗するのもよくわかります。
それで即なんかの生き物が死ぬのって、、、。
そのようなおかげで今の医療とかが成り立っているんでしょうが。


他に、
○ラットを殺すためには、頭と尻尾を持って引っ張って
骨をはずして殺したりするらしいですが、
最初はみんなびびっておそるおそるやるために、
ラットがピクピク痙攣してるとか、
○牛を殺すために麻酔をかけて首を切って失血死させようとしたら
麻酔が少なくて起きてきて暴れだしたので、
みんなで押さえつけて殺したとか
生々しい普段なじみのない話を聞かしてもらいました。

漫画「動物のお医者さん」とか思い出しました。
まったく知らない世界なんで興味深くておもしろいですが、
生々しさに圧倒されます。
自分の血を見るのも嫌なんで、、、(の割に献血したりはしてますが)。

昔、弟に生物の教科書を見せてもらって、
ある細胞の説明で、なんかの細胞をトカゲの体かなんかにつけて
足が5本あるトカゲ作ってできたっていう話とか乗ってるのを見て
恐怖したことを思い出します。
生物系って怖い。

  1. 2005/10/19(水) 23:55:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のご飯は紫色(2005/10/18)

murasaki051018.jpg

写真:今日の夕飯

紫芋で芋ご飯作ってみたら、やっぱりご飯が紫色になりました。
さすがに芋一つ炊き込むと量が多いです。
お腹パンパンになりました。
他のメニューは、
○トマト+自作ドレッシング
○ねぎとワカメの味噌汁
○もちと豆腐とねぎのしょうがのとろ煮
ああ、適当な料理。
  1. 2005/10/18(火) 20:55:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

table要素でドット絵2(2005/10/17)

水雲風 table要素でドット絵
に引き続き悪のりしてやってみました。

縦300, 横498のtable

こんな無駄なことはもうやめときます。
  1. 2005/10/17(月) 13:21:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小鳥の死骸(2005/10/16)

051016.jpg

写真:小鳥の死骸(ピンぼけ)

昨日ですが歩いてたら小鳥の死骸が落ちてました。
今日見たら無かったような。
どうってこと無いんですが、なんか外傷が見当たらなくて
綺麗に落ちてたので印象に残りました。
  1. 2005/10/16(日) 23:55:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

table要素でドット絵(2005/10/16)

暇に任せてtable要素でドット絵を描いてみました。
ソースを見るとあまりにも馬鹿らしくておもしろいかもしれません。
さすがに人手ではしてませんが、えらく手間がかかりました。
ブラウザによってはちゃんと見れないかもしれません。
やっぱりtable要素は絵を描く用ではないですね。

可変バージョン?

○固定バージョン
  1. 2005/10/16(日) 23:44:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

学祭(2005/10/15)

学祭に行ってきました。

まず、農学部の野菜を購入しました。
りんご・紅芋・枝豆・ねぎ等々を手に入れました。
紅芋を切って煮ていると水が濃い緑になって最後には
濃い紫になっていました。味は普通の芋のようですが甘味が濃い感じでしょうか。


午後には、石波 茂元防衛庁長官の公開講義を聞きにいきました。
個人的にまとめてみますが間違っている可能性があります。


講義まとめ

冷戦の終結により、世界で紛争問題が表出してきた。
特にアジアは宗教・領土問題のような紛争の種が多い。
民主主義国家間の戦争は無いだろうが、実質民主国家でない国(北朝鮮などの国)とはあり得る。
中国はいろいろな問題があり、シビリアンコントロールが無く
成長のための領土拡大を肯定している。
また、国と国でない非対称的な争い(テロ)が出現した。
テロとは話し合いが通じない民主主義の完全な否定であり、
いつ・どこで・誰が・どのように起こすかわからない

このような日本は戦争を放棄しているが、現実には戦争が日本を放棄していない状態で
世界でただ一国交戦権を否定し、集団自衛権を持っていると認めつつも憲法上行使できなく
実際には陸・海・空の戦力を持ちながらこれを否定することはおかしい。
憲法9条を改正しこの矛盾を無くし、
戦争抑止のための強力で実際に行使可能な力を有するべきである。
今の自衛隊を軍とするべきだが、
名前は国防軍が良い。自衛軍だと、Self Defence Forceで自衛隊と変わらない。
戦争の結果がやってみなければわからない状態であると戦争はやらない。
その状態が冷戦であり、強力な力は戦争を抑止する。
また、日本は日米安保で他国の集団的自衛権で守られている状態であるが、
見返りの無い善意の関係はありえない。

ただ感情論やムードに流されず、議論して国民が軍事について考えなければいけない。

イラクの自衛隊派遣の政治目的は、
1.石油を必要とする日本の国益となる中東の安定化。
2.国連も決議した戦後の復興の支援。
3.イラクは日本人に来て欲しい。
4.日本にとっての同盟国であるアメリカとの同盟維持。
である。
危険だから自衛隊を出しているのである。
戦闘地域・非戦闘地域は単なる法的な概念。
今まで殺したり・殺されたりしていないのはあらゆる状況を想定しているため。



質疑のまとめ

○憲法改正にはまず党内の議論に勝たないといけない。
○9条改正はテロに対して抑止力を持たないが、
抑止力を持ち、テロをしても目的を達成できないとテロリストに
思わせなければならない。
政府は意思決定をテロによってしてはならない。
民主主義を教育したり、貧富の差を無くすことは確かに大切だが、
それができるまでのテロに対して対処しなくてはならない
○9条改正をして実際に戦いが起きる可能性があっても
娘が軍に入りたいといったら入らせる。
○日本でテロが起きてもイラクからは撤退させたくない。
世論は撤退を求めるだろうが、喜ぶのはテロリストであり、
国民が正しく判断してほしい。
○自衛隊のあるべき姿は、
文民統制を効かせ、現場からの声を聞き活動しやすい姿にする。
政治家は自分も含め知識がないので現場から声を出して言ってほしい。




集団的自衛権については佐瀬 昌盛の「集団的自衛権―論争のために」を読むことをすすめていました。





講義の中身は本当に基本的なことで、
まさに講義という感じでした。情報量が少なかったです。
もっと情報量を得ようと思うと、
「国防」くらいを読まないといけないんでしょうか。
今回の話で一番情報量が大きかったのが
鳥取では「隣の家に蔵が立つと腹が立つ」という言葉があるということです。
まさに鳥取の骨格部分の概念ですね。
観光地のリンクの悪さの根幹だと思います。



それから今回の講義は平和学実行委員会というところが主催してました。
最初にその会の説明があったのですが、さまざまの角度から平和を考え、
また、考えるだけでなく現地にも積極的に足を運ぶことをしてるところらしいです。
その最初の説明ではそれなりにまともそうに聞こえたのですが、
最後に上映した鳥取の市民の声を撮ってきたというビデオがダメダメでした。
憲法改正派の意見が1から2割で後は全部、護憲派の意見でした。
しかも、意見にもなってない奴があって、
推定20代の「自分は、良く分からないけど、戦争は反対で、平和が良い」みたいな
見ていてこっ恥ずかしくなるものがあったり、
議論にならなさそうな中高校生や幼児が「平和が良い」とか言ってるのを撮ってました。
非常に恣意的な作りでこの主催した団体の程度を想像させる作品でした。


公開講義の後は献血に行きました。
場所がわからなくて聞いたりしてたのですが、入り口近くに
デンとかまえてありました。私の目が節穴でした。
400mlとってもらって少々血の気が抜けたでしょうか?
アンパンマン的逆カニバリズムを楽しみました。
その後、保健管理センターに行って骨密度測定があったので
やってもらおうと思ったらもう終わってました。
それで「また来年、来て下さい」と言われました、、、orz
なんだそれ、、、orz 言われない方が良かった言葉です。
  1. 2005/10/15(土) 23:42:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親には絶対かなわない(2005/10/13)

小さい頃、漫画を読みながら何となくビービ―弾を
耳に入れたり出したりしてたら取れなくなったことがあります。
そんなことしてたら当然そうなるんですが、当時半泣きになりながら、
母親の職場に電話して母親に助けを求めました。
結局母親が帰って来てから耳掻きなどで取ろうとしたのですが、
どうしても取れなく耳鼻科まで行ってやっと取ってもらったという恥ずかしい過去があります。

それで前に母親から電話があってんですが、
「耳にビービ―弾詰めてない?」って言われました、、、orz
思いっきり脱力して「アハハ」という苦笑いしか出来ませんでした。

まあ、2ちゃんねるネット:母からのメールみたいな話も良く聞くんで、
親にとって子供っていつまでも子供なんでしょうね。
自立した対等の関係になっても、親に取っては
子供の育ってきた時代の全てが等距離に感じるんでしょうか。

親って恥ずかしい過去を全部知っているので絶対かなわないと思います。
親戚もそうですが、昔のエピソード出されるとアウアウとしか言えません。 [親には絶対かなわない]の続きを読む
  1. 2005/10/13(木) 23:02:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「コナン・ザ・グレート」(2005/10/12)



映画「コナン・ザ・グレート」を見ました。
なんでこうシュワちゃんの作品を連続で見てるんでしょう?

うーんこの作品はなんて言ったらいいんでしょう。
ファンタジーの世界だとは思うんですが、それだけじゃなくて
男臭さとか筋肉とか、筋肉とか、筋肉とかの成分が入ってる気がします。
奴隷がなんかを押してぐるぐる回っているとかもろそうだと思います。
なんか回す事が手段ではなく目的であって、その行為に主眼が置かれている感じです。

リアルな世界観ではなくある種異様な世界観だと思います。
そして、ストーリーはあるものの、台詞なんかほとんど無く
また人間的に深く描くようなエピソードがある訳ではなく、
淡々と冷静に見ていられる感じでした。
逆にいえば登場人物に共感することが無くて、
音楽のPVのように見てしまう作品だと思いました。

非常に感性的な作品であると思うのですが、
残念ながら私の頭の神経回路は反応を示しませんでした。
多分そういう方向に脳神経回路が発達していないと思うのですが、
発達していなくて良かったと思いました。

この作品は理解しがたかったですが、理解できなくてホッとした作品でした。
こんな新世界は知るのが怖い。
  1. 2005/10/12(水) 19:16:18|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「コマンドー」(2005/10/11)



映画「コマンドー」はすばらしいB級映画だと思います。
軍隊を退役したシュワちゃんが子供をさらわれ大暴れするシンプルな話で、
アーノルド・シュワルツェネッガー もといシュワちゃんの無敵さと筋肉を楽しめる映画です。

シュワちゃんが無駄に服を脱いだり、力を見せつけるために物をぶっ壊す
シュワちゃんのための映画だと思います。

最初は、シュワちゃんの元部下が次々と殺され、
シュワちゃんの元上司がシュワちゃんに警告し、
護衛のための兵士を連れてくるところから始まります。

でも、上司自ら来た割に護衛はたった2人で、しかも、
上司が去った瞬間(ほんと直後)敵襲を受けて二人とも即お陀仏でした。
役立たずにも程があります。
この展開に意表をつかれてビックリです。

この後、シュワちゃんは健闘空しく敵に捕まり娘を人質にとられ
どこぞの要人の暗殺をさせられることになります。

シュワちゃんはそのどこぞの国に行くために見張りつきで
ジャンボ機に乗せられますが、
この時、見張りが機内の窓側に座って、シュワちゃんが通路側に座るのが印象的でした。
そんな相手が自由な立場にするのはいいんだろうか。
案の定、見張りを殺して飛行機から脱出しようとするシュワちゃんですが、
飛行機はもう人が飛び降りるのが無理なほど速度をはやめ、、、、、、、、飛び降りちゃった!!

前半最大の見せ場です。
あまりに衝撃的なので実感するために計算してみます。

離陸時の速度は? ヒコーキ雲ができるワケは? 旅客機雑学集《其の1》 - [飛行機]All About
によると離陸時にジャンボ機が35フィート(約12メートル)まで上昇したとき、
速度は300km/時に達しているそうです。
映画を見るとだいたいその高さくらいから飛び降りているように見えます。
この時点でシュワちゃんが飛び降りた場合、空気抵抗を無視して単純に計算すると
下の図のような軌道をたどって地面に激突します。

shuwa051011.jpg

図:シュワちゃんの落下軌跡

地面まで激突する時間は約1.5秒で、飛び降りた地点から
前方約130メートル先に時速304km/時以上で激突します。


どう考えても死にそうですが、映画では沼にほぼ垂直に落ちて平気でした。
これで死ななかったのだから最強なわけです。

その後は下のようなループで話が進みます。
1. 敵の一人に会ってボコる。
2. うっかりか確信的なのか知らないが、相手が情報をはく前に殺す。
3. 敵が落としたアイテムを調べる。
4. 次へ進む手がかりを得る。
5. 1に戻る。

ついでに仲間もできます。
アイコンタクトだけで、
「俺が捕まえられて乗せられている警察の車にロケットランチャーをぶち込め」
という意思疎通ができて、実行できる一般人の女性でした。
さらに元軍人のシュワちゃんより軍事に詳しく、レーダーは低空飛行で
ごまかせるということを知っていました。

一般人に多大な被害を与え、娘の情報が何も得られないまま、
勘と根性だけの珍道中を経て、結局最後は敵の本拠地の島まで辿りつきました。

島へ行く時、コッソリ島まで行くために飛行機を奪おうとしたら、
敵の見張りに見つかり、敵はバンバン飛行機目掛けて撃ってきました。
自分たちの飛行機をぶち壊しても良いんでしょうか?


そんなこんなで飛行機を奪い、敵の本拠地に行った後はもう大暴れです。
この映画最大の見せ場です。
娘が居るかもしれないのに建物を吹っ飛ばし、
出てくる敵に100発100中の銃弾を浴びせます。
敵の弾は全然当たりません。ショッカーより弱そうな連中です。
しかし、ホンとに弾がシュワちゃんに当たらないので笑えます。

敵をなぎ倒した後は、最後のボス敵との対決ですが、
敵は娘を人質に取ってしまいます。
勝ちパターンだがんばれ、と敵を応援していると、
ナイフで勝負しようぜ、とシュワちゃんが挑発しました。
その挑発に乗ってこんなもんいらねーと銃を捨てる敵、
その瞬間に彼の運命が決まってしまったのがわかり笑いました。
馬鹿だー(褒め言葉)。
案の定シュワちゃんにぼこぼこにされ、パイプを刺されて中から蒸気が出て殺される愛すべき馬鹿でした。


いやーこういう映画って良いですね。
癒し系ですよね。
ホッとして笑えて見ることができるのがたまらなく好きです。
アメリカは小難しい風に映画を作るのはやめて、こういう映画を作るべきだと思います。
  1. 2005/10/11(火) 14:41:59|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハバネロ育成期はハラペーニョ育成期だった?(2005/10/09)

実は今までハバネロと思って育ててきた植物が
ハラペーニョではないかというご指摘をコメントで頂きました。

京野菜とハバネロの篠ファームを見ると、
ここが販売しているハバネロ栽培セット
にはハラペーニョの種が紛れ込んでいたそうです。

また、確かにそう言われて上のホームページを含めたネット上の
ハラペーニョの実の映像を見ると、最近うちでできた実と似ているような気がします。
ハバネロの実はもうちょっと短く形状が違うような気がします。

実は、実のなった固体は前々から他のと違う気がしていました


ただ、自分が用いた栽培セット
は一般に出回っているものと違い情報が無くてよくわかりません。
この栽培セットと上のホームページの栽培セットの関係は
わからないので本当のところがわかりません。

また、植物はまったくの素人なので、ハラペーニョに似ているような気はするものの
それは個体差程度にも思われハバネロでもあるように感じます。
ただ、違う個体という気がしていたことや、
販売元で種が混入したということ、種の形状から限りなく黒である気がしています。


それにしても、ハラペーニョという存在は全然知りませんでした。

ハラペーニョ - Wikipediaを見ると、
これも辛い唐辛子らしいので食べてみてもハバネロとの違いが
分からないかもしれません。
そもそもハバネロを食べたことがないですし。

とりあえず生で食べられるそうなので丸かじりしたらいいんでしょうか。
ハバネロだったら、、、そして、ハラペーニョでも死ねるかもしれませんが。
とにかくどちらにせよありがたく頂きましょう。
  1. 2005/10/09(日) 22:17:17|
  2. 植物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

データ復旧作業(2005/10/08)

映画を見に行った後、
職場に行ったら大ボスのパソコンのハードディスクが吹っ飛んでいて
大変なことになってました。

大ボスはデータが勝手にバックアップされているシステムだと思っていて、
ここ1年くらいのデータがハードディスククラッシュで無くなってしまったそうです。
データ回復をしている企業にハードディスクを送っているが、
まだデータを取り出せるかわかりません。
おまけに緊急に要るデータがあるそうで、
印刷物から一太郎やパワーポイントへのデジタル化の作業を
午後から9時間程やっていました。
疲れました。

休みにやろうと思っていたことが吹っ飛んでしまったのですが、
大ボスがこければ僕らがこけてしまいます。
僕らぺーぺーのやることより明らかに重大なことなので、
全部ホッポリ出してやってました。
疲れました。
  1. 2005/10/08(土) 23:47:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「皇帝ペンギン」(2005/10/08)



映画「皇帝ペンギン」を見ました。

動物ドキュメンタリーものですが、正直、映画館で見るほどではないと思いました。
多分に主観に働きかける構成ですが、淡々とナレートする
科学番組みたいな構成でも同じように感動すると思います。
絵本的な表現は悪くはないのですが、
テレビ画面ではなく映画館まで行って見るだけの魅力には少し足りないと思いました。

しかし、もちろん素材はすばらしいです。
生物の一つを丁寧に追っていっているので
大抵どう加工しても良い出来にしかならないでしょう。
特にペンギンというのは2足歩行することや動作などから
人間が感情移入しやすい動物だと思います。

ペンギンの生態などは全然知らなかったので
いろいろと興味深かったです。
生物というのはどの生物も驚嘆に値する存在だと思います。
どの生物においてもそうですが、
一見貧弱に見えてもとてもロバストなシステムを作りあげていると思います。

一番印象に残ったうちの一つが、ペンギンの雪原での移動方法です。
人間がロボットに雪原を移動させる場合、まず2足歩行という形態は
とらせないと思います。
ペンギンもよくこんな方法を選んだものです。

他には、何ヶ月も食べないで、あんな極寒の地で
体温を保つことができるということが印象的です。
脂肪が多くて、毛皮がモフモフしてそうなので、
抱きしめて見たい気がします。鋭いくちばしでつつかれそうな気がしますが。

繁殖地が1箇所らしいですが、そこが無くなったりしたら
どうするんでしょうか。
温暖化も影響があるでしょうし。

以下ネタバレメモ
[1.パートナーを得て子育てをするために、群れごとに列をなして
氷が溶けないある1つの地域まで歩いて集まる。
2.集まったらパートナーを得、求愛と交尾をする。
3.メスが卵を産んだらオスが受け取る。
このとき受け渡しに失敗すると卵が死ぬ。
卵は足と羽毛の間で温める。
4.メスは氷が溶けている所まで移動し海で餌をとる。
5.オスは卵を孵す。
卵が孵っても寒いので羽毛に包み外に出せない。
6.メスが返ってくると、オスは子供をメスに託し食事のため海に向かう。
このときまで食事をしていないので死ぬオスが多い。
7.そのうち子供が大きくなると、親の元から離し、
親が海まで餌をとりに行っては返って子供に餌をやる。
8.そして親がある時、子供を置いて去る。
子供は海に行き何年か海で暮らし、1に戻る。
]
  1. 2005/10/08(土) 23:38:59|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハバネロ育成記(2005/10/07)

mi051007_1.jpg
mi051007_0.jpg

写真ハバネロにできた実

やっと実ができました。
でも、5つのハバネロの固体のうち1つだけで、
その1つに実が2つだけです。
そろそろ寒くなってきますが大丈夫でしょうか。
蛍光灯で育てた3つの固体はもうだめそうです。
実がついている個体の他の1つで花が咲きそうなので期待です。
  1. 2005/10/07(金) 21:11:48|
  2. 植物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

映画「ミツバチのささやき」(2005/10/05)



ミツバチのささやき - goo 映画

友達に見せられたのだが、スペインの映画とも何とも知らずに見ました。

本当にとある一家の日常で、最初の方に子供たちが見ていた
映画「フランケンシュタイン」がやや伏線になっていた時は
ストーリーがあるんだとビックリしたくらいでした。

しかし、子供の描写が凄いと思いました。
子供の頃の特有の危うさが良く出ていると思います。
どうしたらこのような映像を撮れるのでしょうか。

上のgoo 映画を見てフランコ将軍がスペイン内戦に勝利した直後の
スペインが舞台だったということを知りました。
スペイン内戦に関する描写は母親に関するもので、
しかもそれもかなり少ない割合しか占めていない思うのですが、
全体に漂う暗さはこの時代を覆ったファシズムと戦争の影でしょうか。
物語の本質に絡んでいるとは思うのですがよくわかりません。
この時代に必ず絡んでくる事だとは思いますが。



友達に解説してもらってもう一度見ると見やすくておもしろいと思いました。

本質はちゃんと説明されていなくて、分かりにくいですが、
子供の成長を描き、その暗喩をちりばめた作品だと思ってみれば
さらに興味深く見れました。
子供が自我を持つ瞬間を描いた作品だと思えば、
稀な作品なのかもしれません。
  1. 2005/10/05(水) 23:45:46|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「パルムの樹」(2005/10/03)



友達に教えられてアニメ「パルムの樹」を見ました。

世界観としては見た目はアタゴオルで、
中身がアキラみたいな感じとでもいいましょうか。
キャラクターは子供向けのような感じなのに話は鬱でした。

ストーリーは凄く簡単に言えば木でできた人形パルムが
人間を目指す話で良いんでしょうか。

まず、この作品を見るといきなり知らない世界に突き落とされた様に感じます。
右も左もわからない世界で不安にさせられます。
そして、主人公としてその世界を歩んでいく人形のパルムは
あまりにも不安定でホッとできるところがありません。

[いきなりパルムが登場したと思ったら、
雷に撃たれて血を撒き散らして壊れるとかで最初から
なんかどん底に叩き込まれます。
]

そして、ストーリーはトラウマをえぐり、鬱になります。
幼い頃、弟がプールで泳いでいる上を大きな浮き板で覆い、
弟を溺れさせたことを思い出しました。

少なくとも私を負の方向に感動させる力のある作品でした。

最初に作品を見て設定を追って行くのが大変だったのと、
トラウマをえぐられて、話・特にキャラクターに注目出来なかったので、
全体を把握した今、もう一度見なければいけないと考えています。

パルムが最後の結論にいたる過程は、
半分が人間でない子供(人形)が人間である大人になっていく過程をよく
表しているように思いました。

とにかく子供の時に見たらトラウマになりそうで、
見終った後欝になる人の心を動かす作品だと思います。
  1. 2005/10/03(月) 22:43:46|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「蝉しぐれ」(2005/10/02)

映画「蝉しぐれ」を見てきました。

映画化される前にNHKのテレビシリーズの「蝉しぐれ」を見ていて
気になっていたので見てきました。

参考:水雲風 「蝉しぐれ」

ストーリーはこちらになります。

テレビ版とストーリーは大体同じで、うまくまとめてあると思いました。
主人公が成長していく姿と、しっかりしながらも若々しさ
あふれる行動は共感します。

そして、登場人物が魅力的です。
主人公はもちろんのこと、その親友達二人もそうです。
特に島崎与之助が好きでした。
友達と離れてしまうので江戸に行くことを迷ったり、
友達が困っていると助けずにはおれない人情家であるのに、
頭が良くて感情に流されずに冷静な判断を下すことができるのが
魅力的に感じました。

テレビ版では、セットのしょぼさが気になっていましたが、
映画はそんなことはなく、自然を綺麗に撮れていたと思います。

また、最後の方の大立ち回りで、人を切っても血が出なかったり、
数人切ったら血糊で切れなくなる日本刀で何人も切ったり
という芝居劇的なお約束を心配したのですが大丈夫でした。
リアルな作品、特に映画でそれをやられるとしらけてしまいますから。
この切り合いは中々良かったです。

子供時代の子供役の演技にどきどきしたり、
ここはどうかと思うところはありましたが、
良質な時代劇であるのは間違いないと思います。
十分映画を楽しめました。
  1. 2005/10/02(日) 18:05:51|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーチャル株体験記(2005/10/02)

野村のバーチャル株式投資倶楽部
で友達に誘われてバーチャル株を8月から10月までやってみてました。

仮想的なお金を始めに100万円貰い実際に変動する株価で売り買いをして評価額を競います。



始めに

この時まで株の取引はゲームの「A列車でいこう5」でしかしたことがありませんでした。
しかもこのゲームある一定以下の値で株を買うと
そのうち必ず株価がある一定以上の値を超え、絶対儲けが出る仕組みでした。
しかも時間が無制限にあるのでホンと簡単でした。

そんなわけで株ってものはほとんど何も知らないに等しかったです。
とにかく知ってるのは安く買って手数料以上の儲けがでる高値で売れということぐらいです。
また、株は基本的に成長する会社を買ってずっとほっといて
配当を貰ってたらいいという長期プランは考えていたのですが、
野村のバーチャル株が10月までで一区切りになるので、
2ヶ月という短期間しかなくビジョンはかけらもありませんでした。



8月上半期

最初は、リスクを恐れて5万~15万でいろいろな株を買いました。
買った企業の基準は以下になります。
・低迷している企業(三菱重工、三菱自動車)
・自分が知っていて将来性がありそうな企業
・夏に売れそうなものを売っている企業
・ネットの掲示板で良いって言ってた企業

しかしこれは半月程たった頃いろいろ失敗だと気付きました。
・投資する額が小さいのでリスクも少ないが儲けも少ない
・浅はかな読みでは短期の上下は読めない
・そもそもチャートとかちゃんと見てなかった。
・ネット上の情報は当てにならない。みんながすることの反対をしないと儲からない。
・野村のバーチャル株はその日の終値での取引となるが、
当日の終値を確認していなかった。



8月下半期

ちょっとですが徐々に評価額が下がっていくだけでつまらないので、
一つの企業に多量に投資しようという方針を立てました。
折角バーチャルなお金なのに手堅くしてもしょうがありません。
しかし、手元には資金が残っていなかったので、
手持ちの株が1円でも儲かったら即売って徐々に処分していきました。

そして8月の終わりにはほとんどの企業を売って資金を
回収し評価額は95万程に下がっていました。



9月

ここで方針を以下のようにしました。
・ハイリターンのため、投資は一銘柄に30万以上つぎ込む。
・1円や2円上がっただけでかなりの儲けが出るので、
100円以下の安い株を買う。
・チャートから上がり下がりの流れを読む。
逆に業務とかその企業の上がり下がりのイベントを一切気にしない。
Yahoo!ファイナンスを利用する。
・明確な基準がないとだらだらと売れないので、
株価が10%低くなったら手放す。

こんな感じでやってみたら
1ヶ月で95万円→150万円になりそこで終了でした。
やったー!!ビギナーズラック。



反省と感想

まあまず自分に向けての戒めは、調子に乗るなということです。
株価が上がるだろうという予測はほぼ勘でした。
株価が上がると思ったことに合理的な説明ができません。
上の方針みたいにあんまりちゃんと考えてません。
全体的に9月は景気が良く株価が良く上がってその波に
乗れましたが、ハイリスクな投資でした。

また、たった評価額150万で参加者20万人の中で評価額上位5000番以内に入れました。
しかも自分は2ヶ月からしかやっていませんが、
普通の人は大抵6ヶ月間やっています。
儲かる人が入れば必ず損をする人がいます。
そして、みんなが儲かることがなく、
簡単に儲けられたら、この世は金持ちしかいなくなります。
決して儲けている人の割合は多くないと思いました。

また、バーチャルな資金なので思い切りが良く出来ましたが、
はじめての株日記とか見て、
リアルマネーで損失が出るとホンと泣けてくると思いました。
そういう恐れが実際はもっと強烈に作用すると思います。

やる場合は100万くらいを捨て金にするつもりで
やらないとダメでしょうね。
しかし、100万を捨て金にできる人は収入が相当あるので、
わざわざ株に手を出さなくてもいいですね。

あと逆にバーチャル株でやったみたいに
1ヶ月で50万儲かっても単に株を転がした金はありがたみがありません。
やっぱ人間汗水たらして働いて対価を得るべきだと思います。

という訳で結論は株怖いです。
  1. 2005/10/02(日) 00:33:18|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャパンメディアネットワークの携帯電話定額(2005/10/01)

Yahoo!ニュース:読売新聞 - 「携帯電話事業」風説流布、株価つり上げ30億利益

ジャパンメディアネットワークの携帯電話定額ってやっぱり
犯罪系のことだったんですね。

携帯電話にユニットをつけるだけで通話料金が定額になる
っていう話で、いろいろツッコミ所が多くて怪しすぎたのと、
テレビでも取り上げられて有名になってたので、
当時注目してたんですが、結局こんなもんですか。

そもそも破産してたのも知りませんでした。
定額にするほど通話してるわけでもないので、
散々調べてダメだこりゃで忘れてました。
なんか懐かしいです。
結局オチたのでスッキリしました。

ITmedia ライフスタイル:ジャパンメディアネットワークが自己破産
Internet Archive:ジャパンメディアネットワークのホームページ
  1. 2005/10/01(土) 16:23:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する