FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

バス:鳥取駅→湖山(2005/09/30)

水雲風 国民年金手帳再発行
がおわり鳥取駅から湖山まで帰ろうとしたのですが、
汽車が40分後発車だったので始めてバスで帰ってみました。

鳥取駅前のバスセンターでちょうど来た
加露行きのバスに乗ってみました。

結果、時間的には待って汽車に乗ったとしてもどっこいどっこいで、
バス料金が340円と汽車の2倍近い値段がかかってしまいました。
ただ、市街地内はこのバスでも博物館くらいまでなら100円で行けるようでした。

しかし、バスの床が木張りだったのはビックリしました。
思わず昔通った木造校舎を思い出しました。
スポンサーサイト



  1. 2005/09/30(金) 11:51:12|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国民年金手帳再発行(2005/09/30)

よくわかってないのですが、
就職するにあたって年金が変わるので
国民年金手帳を提出しなければいけなくなるかもしれません。

しかし、年金手帳を捜すと見当たりません。
そこで、時間がある学生のうちに再発行してもらおうと
市役所まで行ってきました。

自分の基礎年金番号も判らなかったのですが、
市役所の国民年金の部署で、用紙に氏名、住所の記入と印鑑を押すだけで
簡単に再発行してもらえました。
発行までには2週間程かかり、自宅まで郵送されるそうです。

社会保険事務所だと即日発行してもらえるらしいのですが、
今回は時間があるので市役所にしました。


しかし、年金についてさっぱりわかりません。
社会人になる前に知っておいた方が良いのでしょうが。


それにしても市役所の業務の一部が駅南のダイエー跡
に移っているとは知らずに、駅の北十数分の市役所
まで行ってしまいました。
駅南はすぐなので大部損をしてしまいました。
  1. 2005/09/30(金) 11:41:20|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

映画「世界の中心で、愛をさけぶ」(2005/09/29)



映画「世界の中心で、愛をさけぶ 」を初めてテレビで見ました。
前々からまったくダメだと思っていて、
ダメさを確認したいと思っていたので見てみました。

「耳をすませば」を見たみたいにこっぱずかしくなるかと思ったけど、
あっさり見れました。
まったく、心が揺れ動くことが無かったし、
登場人物の誰にも感情移入することなく(できなく)見ることができ、
ホッとしましたが時間を無駄にした気分です。
あっでも、最後の「僕達今日行かなきゃいけないんです」とか
「誰か助けてください」はちょっとこっぱずかしかったです。
先の展開もとことん読めて、お約束で見てる間暇でした。
現実感や生々しい感じをかけらも感じず、空虚で虚構な世界観でした。

これでやっと「世界の中心で、愛をさけぶ」、「電車男(WEB版)」、「冬のソナタ」を全部見ました。
つくづく三大虚構恋愛妄想作品です。

途中暇で2ちゃんねるネットなんか見てたりしました。
それでこれ見て泣いてしまいました。
ダメだこりゃ。
  1. 2005/09/29(木) 22:26:54|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「オペラ座の怪人」(2005/09/28)



オペラ座の怪人」を見ました。

さすが元となったミュージカルが長期間、大きくヒットしているだけあって
音楽を中心に素晴らしいです。
元の素材が良いのでどうやっても大抵、映画として成功しそうですが、
映画ならではの表現もされており良い出来になっています。

ただ、ちょっと気になったのが、子爵が怪人とヒロインを追うところで
罠にはまって水に落ち天井が下がって来て、、、
というところです。
ここはハリウッド的お約束過ぎて、ミュージカル的でもないし
不要な気がしました。

初めてこの映画を予備知識無しに見て、
途中からとにかく歌と踊りを楽しめば良いと気付いて
あまりストーリーを気にしていなかったのですが、
ヒロインの優柔不断さにはイライラしました(笑)。
しかし、最後に、ヒロインが怪人を振るのが
わざわざ指輪突っ返して子爵と愛を語り合うのを聞かせつつ去るというのが
強烈でえげつなーと思いました。
  1. 2005/09/28(水) 22:58:04|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台出張記3(2005/09/28)

仙台出張記2(2005/09/27)から続き

大阪に帰ってきてJR宝塚線に乗ったら、
降りる駅で人身事故があったらしく電車が止まってしまいました。
10から20分缶詰になりました。
駅で降りてみると踏み切りのところに警察車両や消防車等
5台以上とまっていて、なにやら騒然としていました。

しかし野次馬に行ってもしょうがないのでそのままよく見ず帰ってしまいました。
結局どんな事故だったんでしょう。

さらに帰り道で車の事故があってパトカーが止まってるのを見ました。
憑いてる一日でした。
  1. 2005/09/28(水) 19:35:27|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台出張記2(2005/09/27)

水雲風 仙台出張記1より続き

学会はすんなり終わりました。

しかし、東北大学の学食の側の壁一面が凄かったです。
050928_pic_0050.jpg


まだおったかー!!真赤っかやー!!
と興奮して思わず写真を撮ってしまいました。

05/10/01追記:
それにしても東北大学の食堂の食事は
それほどおいしくなかったです。
自分が通っている大学ぐらいでしょうか。
うちの大学の食事のレベルも結構低いと思うのですが、、、。


そして夕食には牛タンを食べてまた高速バスに乗り仙台を後にしたのでした。

05/10/01追記:
結局牛タン定食として2回違う店で牛タンを食べたのですが、
どちらもメニューが、麦飯、肉付き骨のスープ、牛タンとその量と同じくらいの漬物でした。
なんか食事が貧しい気がしました。東北だからでしょうか?(偏見?)
おいしかったですが。
  1. 2005/09/27(火) 16:39:59|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

仙台出張記1(2005/09/26)

水雲風 仙台出張記0より続き

050928_pic_0033.jpg
050928_pic_0034.jpg

写真:仙台駅前

バスから降りたら、そこは大都会でした。
鳥取市の市街地よりしょぼい県庁所在地の市街地って存在するのでしょうか。

ともかくこの日一日はフリーだったので、朝飯を食べて、
本屋で地図を入手して仙台市の観光をしました。

まず、あおば通を歩いて西に移動して行きました。


050928_pic_0035.jpg

写真:ポプラ並木

途中はポプラの木が並んでおりいい感じでした。


050928_pic_0036.jpg

写真:大橋から広瀬川

大橋を渡って、まずは青葉城跡に行ってみました。


050928_pic_0037.jpg

写真:城跡への道

車道の横に山道みたいな道がついていて、
ひたすらそこを歩いて行きました。


050928_pic_0038.jpg

写真:地震災害復旧と遺跡調査

途中でなんか工事をしていて、そこら辺から登りがきつくなっていきました。


050928_pic_0039.jpg

写真:石垣

大きな石垣が見えてきて少し登ったら城跡に到着しました。


050928_pic_0040.jpg

写真:鳥居

いきなり大きな鳥居があるので何かと思ったら護国神社がありました。

050928_pic_0043.jpg

写真:モニュメント

他にもその関係のモニュメントがあったりしました。
お土産屋やお城の資料館があるものの、
資料館はあまりたいしたモノではなく、
城の跡は石垣位しかないので観光地としてはイマイチでした。

05/10/01追記:
資料館の話で印象に残っているのが、
将軍様などの偉い人を迎えるために
豪華な門や部屋を作ったのに結局一度も誰も来てくれなかったという話です。
また、規模が大きくてわりかし豪華絢爛だったということだったので、
驚きました。


050928_pic_0041.jpg
050928_pic_0042.jpg

写真:城跡からの市街地

しかし、やはりさすが城を建てただけあって景色は良く、
市街地が一望できました。
山城に登ると景色が良いのでそれだけで満足できます。

次には戻って、仙台市博物館に行ったのですが月曜で休館日、
東北大学の側を通って県美術館にも行ってみたもののやはりこちらも月曜で休館日でした。

050928_pic_0044.jpg

写真:仲ノ瀬橋から広瀬川

しょうがないので、仲ノ瀬橋を渡って市街地にもどり
戦災復興記念館に行きました。
ここは小さいながらも見応えがありました。
資料をじっくり見て回りました。
昔の生活がわかる資料が多く、食糧配給票や赤紙、作文
などじっくりと見てしまいます。
仙台も空襲があってそうとう被害を受けたのですね。
ついでにここでお昼を食べました。なかなかおいしかったです。

05/10/01追記:
戦災復興記念館では他に戦争時食料不足があったという
のが印象的でした。
関西圏は流通があるせいかそのような話は
あまり聞きませんでした。


戦災復興記念館を出た後は、
戦災で空襲から逃れた後、北仙台駅まで歩いたのが
しんどかったという体験談もあって
JR北山駅と北仙台駅の間にお寺がたくさんあるところまで
歩いて行ってみました。

050928_pic_0045.jpg
050928_pic_0046.jpg
050928_pic_0047.jpg
050928_pic_0048.jpg
050928_pic_0049.jpg

写真:いくつかお寺

しかし、流石に疲れて休めるとこもなかったので
ちょっと見ただけで、ガストで休憩して仙台駅まで戻りました。

そして、疲れたので15時過ぎにホテルにチェックインして休みました。
夜は外で仙台名物の牛タンを食べました。
なかなか分厚くておいしかったです。

後で見たら一日で10kmくらい歩いてる気がします。
  1. 2005/09/26(月) 15:18:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

仙台出張記0(2005/09/25)

仙台で学会があったので行ってきました。
何で行くかは少々迷ったのですが、
日本バス協会・高速バスデータベースで検索すると、
大阪から仙台への高速バスがあることがわかって、安さでそれにしました。

発車オ~ライネット 【高速バス・定期観光バス予約ネットワーク】
でバスを予約し、コンビニで支払いということを始めてしましたが、
世の中便利になったものです。

宿泊は
【楽天トラベル】総合旅行予約サイト 宿泊予約 ビジネス・海外ホテル予約 温泉旅館 レンタカー 航空券 観光 レジャー
を利用しました。
ネットで予約するだけなので、世の中(略


今回大阪に出るためにJR宝塚線の事故以来
始めてJRに乗って事故現場の側を通りました。
夜なのでよく見えなかったのですが、
場所はすぐわかりました。
まだまだ生々しいです。

25日の夜に大阪をバスで出発して行ったのですが、
12時間くらいかかるので、ゆっくり寝る時間がありました。
ただ、やはり寝にくかったです。
時々起きながらも結構寝たつもりでしたが寝不足気味でした。

今回はアイマスク、耳詮、空気枕を持っていってみたのですが、
耳詮、空気枕は微妙でした。
耳詮は無くても良かったし、空気枕は寝ているとずれてきて使い辛かったです。
アイマスクは結構良かったです。

自分は背が高いので、腰に負担がきやすく、
膝も伸ばしにくくて少々バスはきついです。
  1. 2005/09/25(日) 14:53:15|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

linuxで画像変換のためのメモ(2005/09/25)

参照:画像を加工したりファイル形式を変換するには

$ convert -rotate -90 -geometry "50%" hogehoge.png hugahuga.bmp

入力がhogehoge.pngで左に90度回転させて50%に縮小し、
hugahuga.bmpを出力


ついでに一括変換メモ

参照:日経Linux [Linuxコマンド逆引き大全] 複数のファイルの拡張子を一括変更する

$ for fn in *.jpg; do convert $fn ${fn%jpg}bmp; done

カレントディレクトリの全てのjpgファイルをbmpに変換
  1. 2005/09/25(日) 10:44:03|
  2. 計算機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒜山へうどんを食べに(2005/09/24)

ko050925_3.jpg
ko050925_0.jpg

写真:天ぷら厨房 こいけ

ホームページ:日本の四季

岡山の蒜山高原ある「こいけ」に親に連れられて行ってきました。

三朝温泉から山の間をずっと行くような道を始めて通りました。
蒜山高原に入ってからは広い割りには高低があって
見通しが悪く、道が同じ様で目印が無いのでわかりにくいです。

久しぶりにこいけに行きましたがやはりおいしかったです。
わかりにくい位置にあるのにお客が多かったので繁盛しているようでした。
自分達のような固定ファンも多いのでしょう。

でも後2、3年で大阪の方に移る話があるそうで
環境が良く、そこそこ近いのに残念です。

そういえば、就職が決まった先の会社の方が、
ここまで食べに来ているらしいということを御主人から聞きました。
もし、そうだとしたら会社(土地)とがっちりと縁があったんでしょうね。

ko050925_2.jpg

写真:目の前に広がる蒜山高原
  1. 2005/09/24(土) 20:39:55|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「プレデター」(2005/09/24)



映画「プレデター」をテレビで見ました。
言わずと知れたハンター宇宙人と人間がジャングルで死闘を繰り広げる作品です。
前にも何回か見ているのですが、
最初「プレデター」とは知らずにベトナム系の真面目な戦争作品かと
思いました。しかし、シュワちゃんが出てきた瞬間に
「プレデター」とは思い出せなかったものの
気楽な作品だと分かってほっとしました。

ゲリラの村を襲うところで、破片に殺傷力がある手榴弾がナパームのごとく燃えたり、
味方がボーっと立ってても弾があたらなかったり、
ガトリングガンを手で持って撃ちまくる奴がいたり、
ホンと映画っておもしろいですね。

ジャングルの場面ではこの映像を撮っとけといわんばかりの
蛇が手前の枝に巻きつきながら後ろを人が通る場面とか、
最後は飛び道具を捨てての肉弾戦とか
全てがお約束でできてるのが良いです。

言葉はわかるはずだとか言って
捕虜の女の子が通訳いらずで喋り出したのも良かったです。
今まで通訳をしていた人の労力はいったい、、、。

ばりばりのB級作品な「プレデター」はやっぱり良いです。


それにしても、プレデターもサイヤ人も確かに戦闘民族ですが、
人間だってあくなき戦争を繰り返してきた凶暴な戦闘民族だと思います。
  1. 2005/09/24(土) 00:52:02|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

渦を巻くものと名前(2005/09/24)

ハリケーンの「カトリーナ」を「カトリーヌ」と間違えてるのを聞くのが
多いような気がしたのでyahooで検索してみました。
・"カトリーナ ハリケーン 2005"で調べるとページ:約2630000件
・"カトリーヌ ハリケーン 2005"で調べるとページ:約66300件

単純に「カトリーナ」の検索結果は多いのに驚きました。
やっぱり日本人にとっても印象的な災害(人災?)なようです。

なんか今度の「リタ」でも酷い事になってますね。
Yahoo!ニュース 毎日新聞 - <米ハリケーン>避難バスが炎上、24人死亡 テキサス州

6万件以上あるとはいえ「カトリーヌ」の比率が少ないですね。
自分はどっち書いてたかなと思って過去記事を見たら
ちゃんと「カトリーナ」になってました。
まあぶっちゃけどっちでも良いですよね。


それで、ネットでだらだらハリケーンや台風について見ていたら、
台風のアジア名の付け方を知りました。
気象庁 | 気象等の知識 | 天気予報・台風 | 台風について | 台風のアジア名
何ヶ国かが決めた140個の名前を順番に付けていってるらしいです。
ちょうど今140番目の「サオラー」が来ているので、
1番目に戻るきりがいいところですね。

名前を見ていくとおもしろいです。
"ニパルタック(有名な戦士の名前)"とか"ソウデロア(伝説上の酋長)"
はともかく" コンレイ(伝説の少女の名前)"って何をした人なんでしょう。
意味的に"鋭い刃先"とかはかっこいいと思いますが、
"こんにちは"は締まらない気がします。
あと言われてみればそうですが竜(龍?)王って中国語でロンワンなんですね。
アフレガルドを襲ったのはロンワンなんですね。
  1. 2005/09/24(土) 00:42:45|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール画像変更(2005/09/23)

気分転換にプロフィール画像を変えてみました。

ring0001s.jpg


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

wanted2.jpg


参考:水雲風:ターバンとヒゲ(2005/07/27)
  1. 2005/09/23(金) 23:57:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「ステルス」にニヤニヤ(2005/09/22)

そういや前に映画を見たとき映画の宣伝で
ステルス(予告有り)」を見たんですが、
凄いアホそうで良かったです。

無人戦闘機が雷に打たれて自我に目覚めて
人を攻撃するっていう設定がそれだけで面白すぎます。

雷が落ちたら普通機械は壊れますって。
ましてや壊れずに自我が生まれるって、、、。
うちの近くに喋る自販機があるけど、こいつも雷で自我を持ちそうな勢いですね。
無人戦闘機如きに自我が生まれるのを許容するようなキャパを持たせなさんな。
自我に目覚めたからって、人を襲わなくても、、、。

とか思いつつ、トマトやコンドームまで人間を襲う
B級パニック映画の遺伝子を感じてニヤニヤしてしまうのでした。

映画館では見なくていいが、いつか見たいです。
  1. 2005/09/22(木) 22:56:10|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「黄泉がえり」(2005/09/20)



映画「黄泉がえり」をテレビで初めて見ました。

なんか戦争映画で死んで行く兵士が
なかなか死なないであーだこーだとずっとしゃべってる感じでした。

黄泉がえりって特に理由があるわけではなくて
現象としてしか描かれていないので、
そういうシチュエーションを作りたかっただけだと思います。
別れを描きたいためだけのシチュエーションです。

別れを描いた作品っていろいろありますが、
結局人間ドラマの部分が良いかどうかになると思います。
その点では、「黄泉がえり」は一人一人の話があまりにも浅いと思います。
死ぬまでの時間と別れを描くならそれこそ
不治の病でも良いんじゃないかと思いました(特に主人公格2人)。
黄泉がえりだからこその設定ならではというものをあまり感じないです。

泣ける要素を記号的に詰め込んだお手軽感動映画でしょうか。

というか途中で思いましたが別れとか全然関係なくて、
実は音楽のプロモーションのための映画かと思いました。 [映画「黄泉がえり」]の続きを読む
  1. 2005/09/20(火) 23:04:57|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふと思いついた話(2005/09/20)

・人類に対して圧倒的な敵(宇宙人とか)が出現
地球に対して攻撃を開始
・追い詰められた人類は、敵の敵は味方ということで共同して敵に対抗
・皮肉にも人類同士の争いは無くなり共同して敵を撃退
・敵を撃退したところで人類同士は争いを再会
・人類は心底がっかりする
っていう話ないかな。
  1. 2005/09/20(火) 22:11:39|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

firefoxのTabbrowser Preferencesでエラー(2005/09/18)

私が使用しているブラウザはfirefoxで、拡張機能において
Tabbrowser Preferencesを使っている。

最近、拡張の更新のアナウンスが出て
Tabbrowser Preferences1.2.8.4にアップデートしたのだが、
ブラウザ下部に%tabprefsDTDというエラーが出る状態になってしまった。

最近、拡張でそんなことになることが多かったので、
とりあえずTabbrowser Preferencesを消して
firefox拡張のページからTabbrowser Preferencesを
いれなおしたけどやっぱりエラーが出てしまう。
よく見たらコメント欄に”動かないよ”というメッセージが、、、


エラー表示で検索したら英語のページに解決方法が書いてあった。
http://forums.mozillazine.org/viewtopic.php?t=318512&sid=b08e23aca0f7bb8954aa3597bf22a2d0

解決方法は、
・今入ってるTabbrowser Preferencesをアンインストール
・firefoxを再起動
著者のページからTabbrowser Preferencesをインストール
と書いてあったので、やってみたらエラーが出なくなった。
  1. 2005/09/18(日) 23:57:05|
  2. 計算機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TrueCombatで人間タワー(2005/09/17)

TrueCombatは無料で提供されているネットワーク対戦型リアル系FPSです。
参考:FrontPage : TrueCombat:Japan
プレイヤーは一人称視点で、2つのチームに分かれ銃器で撃ちあって攻めたり守ったりします。
無料な上に完成度が高いので結構遊んでます。

今日たまたま、人が多そうなサーバにいったら、
武器がナイフしか使えないサーバでした。
おまけに凄い広くて高低差があるマップでした。

最初はマップのものめずらしさで面白かったのですが、
武器がナイフだけなので行動パターンに限りがあり
だんだん飽きてしまいました。

それでマップをうろうろしてたら人間タワーができてました。




このゲーム、人の上には乗れても
滑っていってすぐ落ちてしまうというシステムになっているので、
普通人間タワーなんかできません。
しかし、階段で滑っていく体を無理やり止めて人間タワーを作っていました。
階段の上から次々と人が飛び降りてタワーを高くしようとしてました。

おまけに、敵味方が殺し合いするゲームなのに、
敵も味方も殺し合いをやめてタワー作りに熱中してました。

制限された中で新しい遊びを発見する人間に感心して、
思わずスクリーンショットを撮ってしまいました。
人間っておもしろいなあ。
  1. 2005/09/17(土) 22:34:21|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

賀露港までウォーキング(2005/09/17)

また、賀露港に行ってきました。
今回は友人と歩いていきました。
それなりの速度で行ったら35分程かかりました。

日が雲に隠れていて、ウォーキングにはぴったりの天気でした。
休日のせいか釣りをしている人が多かったです。

前回、沖に見えていた灯台がある島まで行ってみました。

Yahoo!地図情報:周辺地図

map050917.jpg

図:写真を撮った位置



050917_0.jpg
050917_1.jpg
050917_6.jpg
1.内海2.堤防横の道3.正面が灯台
やはり海の側は涼しい堤防が高いここから岩場になる



050917_2.jpg
050917_3.jpg
4.テトラポッド5..外海
大きな物体が沢山あると壮観周辺は浅そうでした



050917_4.jpg
050917_5.jpg
6.灯台
灯台のある島の風景がすばらしい


灯台まで行って見たかったですが、テトラポッドを渡っていかなければ
ならないところがあってやめておきました。
私の写真をとる腕とデジカメ(携帯)が悪いのであまりわかりませんが、
灯台のある島は、緑があって灯台までの小道が見え
すごく良い絵のような風景でした。

結局全行程で2時間ほど歩いて帰ってきました。疲れた、、、
  1. 2005/09/17(土) 18:32:14|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

漫画「アタゴオルは猫の森」(2005/09/16)


ata050916.jpg


「アタゴオルは猫の森」
著者:ますむら ひろし
昭和53年8月30日初版発行
発行所:株式会社朝日ソノラマ


ふと懐かしくなって「アタゴオルは猫の森」を読んだらおもしろかったです。
上の写真のように日に焼けて表紙がぼろぼろになって無くなり、
本の背表紙が離れかけてしまっているのですが、
昔散々読み直しただけあります。
他のますむらひろしの作品も結構見たはずですが、大分忘れてしまいました。

アタゴオル・メモ*キーワードを見ると忘れていた作品があって懐かしくなりました。

ますむらひろしの作品の魅力は、
まず、だいたいがこの世とは全然違う
ファンタジックな世界で、どこに連れて行かれるかわからない
話の展開にあると思います。

また、連れて行かされる場所がとても怖い場所である話があり
そういうところにすごく惹かれます。

上記の本には収録されていないのですが、
・自販機で勝った缶から水が溢れ出して世界が水に浸かり、
同じく缶から出てきた巨大な植物の上に住まなければいけなくなる話や、
・人間が退化して上半身が魚、下半身が人間みたいな水に住む生物になっており、
そいつらを進化した猫がお札で釣る話(うろ覚え)
上記の本では、
・影切り森という森の中で自分以外の影に入ると影を切られてしまう話
等がおどろおどろしい部分があって強く印象に残っています。


そして、魅力的なキャラクターが良いです。
アタゴオルでは欲望に忠実なデブ猫の主人公のヒデヨシが良いです。
上の本で、海賊に捕まって命乞いをし、なんでもするのかと聞かれた時、
「はい します します」
「裏切りでもブタのまねでもやるしゴキブリだって食べますから殺さないでくれえ」
とかいう台詞をはけるヒデヨシが大好きです。

私が座右の銘にしている「死ぬまで生きる」も
ヒデヨシが言っていた言葉です。
そのシンプルな行動原理にショックを受け影響されました。
漫画から多くを学んできたよ、、、
  1. 2005/09/16(金) 23:52:07|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラモンディー(2005/09/15)



写真:まだ生きている

前の時から1ヶ月半ほどたちましたが未だ健在です。

いくつかは上から枯れてきているのですが、
寿命なのか病気なのかがわかりません。

下はさらに小さいのがいっぱい生えてきてますが、
間引いた方が良いんでしょうかね。
なんか窮屈になって横に倒れて押しやられてる個体もありますし。

そろそろ寒くなってきましたが、こいつはここの厳しい冬を越せるんでしょうか?

  1. 2005/09/15(木) 23:29:47|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

映画「チュパカブラプロジェクト」(2005/09/14)



一見題名からブレアウィッチプロジェクトのパロディと
思わせておいてもっと異質な作品です。
一応神秘生物学(なんじゃそら)の学生がビデオで撮ったドキュメンタリという設定で、
UMAのチュパカブラが襲ってくるモンスターパニックものです。

しかし何か全てがおかしいです。


○登場人物がおかしい。
・チュパカブラに襲われた時、みんなしてチュパカブラをぼこぼこにして
突き倒したのに、とどめをささず逃げ出しました。
・チュパカブラがうろついている中で、気絶した仲間をほったらかしにしました。
・魔女の人が2人出てきますが、途中でふらふらいなくなって二度と出てきませんでした。
・カメラの外の世界が存在しないかのように振舞います。
見てるとこからチュパカブラが襲ってきて驚いたり、
車の上にチュパカブラが上るのを気付かなかったりします。
・「チュパカブラは重力に逆らって飛んでいるんだ」とかいう専門家がいます。
etc etc

等と登場人物の言う事なす事すべてがおかしいです。


○チュパカブラがおかしい
・チュパカブラが仮面ライダーの怪人みたいな感じで、
とても攻撃力があるようには見えなくて、攻撃するとき人をなでているようにしか見えないのに、
人の腹が裂けたり、腕がちぎれたりします。
・銃で撃たれても死なないのに、刃物で刺されたら死んでしまいます。
・死ぬ時なんか光ります(←見てない人にはわけがわからないでしょうが、
表現のしようが、、、なんかしょぼい合成で光って何を表現しているのか全然わからない)
etc

○捕獲作戦がおかしい
050914_1.jpg

図1:2人がおとりになってチュパカブラをおびき寄せる
注;以下、青の人形:おとり、赤の人形:チュパカブラ、
檻は実際の形状とは異なります。


050914_2.jpg

図2:チュパカブラを檻に入れて二人は脱出

050914_3.jpg

図3:チュパカブラを閉じ込めて完了

やったーやったーやっ、、、                 アレッ?アレレッ?





、、、
映画「チュパカブラプロジェクト」は
ゲテモノ好きの人は酒をあおりつつ、ツッコミをしながら見ると
楽しめるかもしれません。

私と友人たちは酒をあおりつつこれを見て、
もの凄い作品であるという結論に達しました。




  1. 2005/09/14(水) 21:56:50|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴジラと私(2005/09/13)

ゴジラ(1984)
多分この作品が、私が最初に映画館で見た怪獣映画だと思います。

当時幼かったのでほとんど覚えていませんが、
巨大フナムシが怖かったことを覚えているので、
ゴジラ自体に対しても強烈な印象を残したことは想像に難くありません。
3つ子の魂なんとやらでゴジラは私の構成要素の
大きな部分となりました。

一時期は怪獣映画に夢中になり、
ゴジラシリーズ、ガメラシリーズ、宇宙大怪獣ギララ 大巨獣 ガッパ 大怪獣バラン
ウルトラQ、ウルトラマン(主に初代)、キングコング
などとにかく"怪獣"(巨大な生物)が出てくる作品を見漁りました。

しかし、自分の怪獣という概念の根底にゴジラが擦り込まれていて、
怪獣とは単に、既存の生物を巨大化したものではなく、
恐竜に似ているが、圧倒的な破壊をもたらす
"怪獣"という人間に侵し難い巨大な生き物である。

という基準で怪獣映画を見ていました。

そのため、ゴジラ以外の怪獣には物足りなさを感じ、
ゴジラシリーズを何回も見たのでした。
この時はとにかくゴジラが出て破壊をし、自衛隊や他の怪獣と戦って
勝っていたら満足でした。

ゴジラvsビオランテ(1989)

物心がついてから劇場で初めて見たゴジラの新作映画でした。
今見るとしょぼいところもありますが、楽しめました。

ゴジラVSキングギドラ(1991)
ゴジラvsモスラ(1992)
ゴジラvsメカゴジラ(1993)
ゴジラvsスペースゴジラ(1994)
ゴジラvsデストロイア(1995)

ビオランテの後からゴジラの製作時間は短くなり、
どんどんしょぼくなっていきました。
そしてその時、昔のようにゴジラさえ出ていれば喜ぶには成長しすぎていました。
また、昭和の子供向けのシリーズにも戻れませんでした。
新しい作品への期待は、打ち砕かれ、惰性で見に行った
最後と銘打たれたデストロイアのしょぼさで完全に吹っ切れました。

初代ゴジラを超えるゴジラ映画は絶対にできないということを悟り、
初代ゴジラとリメイクであるゴジラ(84)での
核・見えない放射能の恐怖の具現化、
制御できない自然の偉大さの具現化というテーマこそ
”ゴジラ”であるというゴジラ原理主義に走り
現在までの考えとなりました。

ガメラ(1995)

ゴジラシリーズに見切りをつけた後に平成ガメラシリーズが始まりました。
今までのゴジラシリーズに無かったより綿密な
怪獣が出現したらというシミュレーションに釘付けとなりました。
新しい怪獣の形が描き出された新時代の怪獣映画として
衝撃を受けました。

GODZILLA(1998)

アメリカ版ゴジラということで最強国家とゴジラが戦う
綿密なシュミレーションを期待したのですが、
できたのはただのB(C)級パニックアクション映画で
心底がっかりしました。
ゴジラの名前を冠するにはあまりにもダメダメでした。

ゴジラ2000~ミレニアム~(1999)

完全にゴジラシリーズに見切りをつけていたのと、
CMからしょぼさを感じてこれ以後のシリーズはまったく見ませんでした。


昔は日本の山奥の秘境から平気で怪獣が出てこれる時代でしたが、
監視衛星が地上を監視するようなこの時代、怪獣は出現しにくくなっています。
ゴジラという存在はもはやゴジラである限り新しい存在にはなれないでしょう。
しかし、WXIII 機動警察パトレイバーのように確実にその遺伝子は、
怪獣に衝撃を受けた人に受け継がれていると思います。
その遺伝子から新しいものができるでしょうか。
  1. 2005/09/13(火) 23:26:51|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

選挙(2005/09/12)

前記事:選挙前夜

昨日は選挙に行ってきましたが、選挙会場って会場っていうことを
明示してはいけない決まりでもあるんですかね。
毎回自分の選挙会場は近くの小学校の体育館なのですが、
いつもなんの表示も無くて入って良いのか迷います。
今のご時世、おっさんが小学校に侵入していくのって怖いです。

それにしても、今回はいつもの選挙に比べて人が多かったと思います。
いつもは並ぶことなんかなかったです。
そして、前回までなかった生年月日による本人確認がありました。

比例代表制をしらないおじいちゃんがきてたりしてましたが、
今回の選挙は普段行かない人も行ってたんでしょうね。


友達は、選挙の用紙が届かなくて会場がわからなかったそうです。
そこで私にとりあえず私の選挙会場を聞き、そこに行ってみたそうです。
そしたら、必要事項を紙に全部書いてから、選挙会場が違うことが発覚、
そっちの会場の方に係りの人が電話で連絡し、
書いた紙を渡すだけで投票ができると言われて、そこまで移動、
しかし、移動先の会場で用紙の形式が違い
もう一度必要事項を記入してやっと投票ができたそうです。

電話してまで通した話って何だったんでしょう?
同じ市の会場同士で用紙の形式が違うのもなんなんでしょうか。

この会場では正門に”入り口”っていう紙が貼ってあったらしいです。
うん、それは見なくてもわかるだろう。


選挙結果は、自民が勝つとは思っていましたが、
ここまで圧勝するとは思いませんでした。
一党独裁で小泉首相は何でもやりやすくなりましたね。

うちの選挙区では開票0%で候補者が確定するという
つまらない結果でした。とんだ出来レースだ。
  1. 2005/09/12(月) 17:39:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

選挙前夜(2005/09/10)

財政赤字問題のリアルタイム財政赤字カウンタを見ていると嫌になります。
誰か政治家の人は完済までの道筋をわかりやすく
しかし、しっかりとした根拠を元に教えて下さい。
うちのボス風に言えば、
「サクセスストーリーが見えないよ。これは危ないよ。」
でしょうか。


選挙では政治家・政党の戦略・戦略目標・戦術を総合的に評価する必要があると思います。
参考:戦略と戦術
・日本をどのようにしていくかという戦略
・戦略を達成するために必要な目標である戦略目標
・戦略目標を実現するための具体的な手法である戦術

今回の選挙は、小泉総理の郵政民営化という戦略目標のための戦術だと思います。
しかし、郵政民営化を自分の政治生命の延長のための戦術としたような
戦略を戦術レベルで考えた人や、
本来してはならない戦術レベルで戦略を変えた人も多かったと思います。

各党とも戦略目標は掲げていても戦略、戦術がわかりにくいところが多いです。
例えば、無駄を無くすという戦略目標は具体的にどうするかという戦術が見えにくいです。
憲法9条を守るという戦略目標は、日本をどういう国にするか、安全保障をどうするか
という戦略が見えにくいです。
全体的には、どの党も未来を見据えた
戦略がしっかりとしているとは思えません。

今までもそうだったと思いますが、
総合的な3つの評価という視点は少なくともマスコミできていないと思います。
戦略目標のみに焦点がいってしまっていると思います。


いっそのことガンダルフガンダルフ - Wikipediaを日本国首相にしたいです。
なってもずっとどこか旅してそうですが、、、。

まあ、そんなヒッピーみたいな戯言はともかく
明日の選挙の結果はどうなるでありましょうか。
日本の行く末はどうなるでありましょうか。
ともかく、明日はきばって選挙に行ってきます。
  1. 2005/09/10(土) 23:17:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

軍事演習終了:ロシア怖い(2005/09/10)

asahi.com:「大成功」のはず中ロ演習、実は死者8人 - 国際

ロシアと中国が行っていた合同軍事演習が終わったようですが
上の記事によると死者8人、負傷者20人、行方不明1人←!?
らしいですね。

さすが人命が安い国2つの演習ですね。

沈んだ戦車から8人脱出とか、
パラシュートが開かなくて同僚につかまって降下とか
さすがロシアです。
しかし、"戦車"って具体的になんだったんでしょう。
主力戦車の乗員って3~4人ですよね。
T90とかに8人詰まってたらビックリですが。

それにしても、駆逐艦から消えた暗号解読兵はどうなんたんでしょう、、、怖ひ。
  1. 2005/09/10(土) 15:49:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

投げ入れ堂(2005/09/09)

鳥取での観光地といえば砂丘が有名ですが、
逆にそれしかないという感があります。

しかし、鳥取の観光地は面白いものが隠れていて、
そのうちの一つが三徳山三佛寺の投げ入れ堂です。


○投げ入れ堂
三朝町の投げ入れ堂のページ
yahoo地図情報 三徳山周辺地図
投げ入れ堂は山の中の崖部分に立てられた見事なお堂です。

投げ入れ堂は山中に建っていて山の麓からでも見えるのですが、
折角なので入山料を払ってまでも登って近くまで行って見ることを推奨します。
投げ入れ堂自体へは、山道を登って約45分ほどかかります。
山道は険しく最後の方は岩場になります。
雨が降った後はつるつるすべって危険です。
ここでは何人かが滑落して死んでいます。
登るには最低運動靴、できれば山靴を履いていかなければなりません。

最後までお堂が見えなくて、最後の曲がり角を曲がると
眼前にお堂が建っている風景が広がる演出効果は素晴らしいです。


○風穴
参考:http://www.tsk-tv.com/yahho/surubu/094.html
近くには地下から冷たい空気が噴出す風穴があります。
中に入ると夏でもひんやりとして不思議な気分になります。
ちゃんとした観光資源だと思うのですが、
全然表示が無く廃れたところにあるのが鳥取らしいです。


○展望台
三徳山の向かい側の山の方にはハイキング道があって、
簡単な廃れた展望台もあり、山腹の投げ入れ堂を見ることができます。
ハイキングをして体を動かすにはほどよい感じかもしれません。


○泊まるところ
yahoo地図情報 三朝温泉
泊まるところとしては、近くに三朝温泉という温泉街があります。
単に温泉に入って汗を流すにも良いところです。

また三徳山の麓の寺の宿坊で泊まることも出来ます。
一回泊まりましたが、夜中の料理は酒の肴になりそうなものが
多くおいしかったです。般若湯(ビール)も出ましたし、
住職の人のおもしろい話も聞けました。
早朝に朝のお勤めに出たりもできます。
それで、お経を聞いたり、座禅の練習とかしました。
お寺に泊まる醍醐味ですね。
三徳山 三佛寺に連絡先などが書いてあります。

  1. 2005/09/09(金) 22:42:56|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風邪ひき(2005/09/08)

風邪をひいてしまった。

台風通過後、空気が冷たくなったのに上を夏蒲団一枚だけで寝てしまった。
吐き気をもよおす夢を見て起きたらホントに吐き気がして、寒気もした。
でも、腹は減っていたので、いつも通りパン一枚、ゆで卵1個、なし1個を食べた。
それで、布団しまったのに一時間ばかし二度寝した。

その後はいつも通り研究室で一日過ごした。
家に戻ってから筋トレして汗を流したら少しすっきりした。

運動してなかった頃に比べて風邪引いても体力だけはある気がする。
大人しくしてるより運動して体温上げた方が治るような感じがする。

もし、死ぬような怪我や病気にあったら、
下手に体力あるから長く苦しむかもしれない。
  1. 2005/09/08(木) 22:23:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R/C空とぶドラえもんにショック(2005/09/08)

R/C空とぶドラえもん

友達に教えてもらって「R/C空とぶドラえもん」を知りました。

なんかショックを受けました。

そりゃ飛ばそうと思ったら現実的にはこうなるわけですよ。

A(ヘリだと機体)がB(ヘリだとプロペラ)を回そうとすると、
反作用でBがAを回そうとする力(反トルク)が働くわけですよ。
扇風機のプロペラを固定すると本体が回ろうとするっていうので
よく説明されているあれです。

この反トルクがあるとA(機体)が回転してしまうので、
ヘリでは反トルクを打ち消すために逆回転を加えるいくつかの手法があるわけです。
・尾部にローターを付けたテールローター
・同軸にそれぞれ反対に回転する2つのローターを付けた2重反転ローター
・2つの軸で逆回転するローターを付けたツインローター
・ローターの先端に推進装置を付けて回し反トルクが発生するのを防ぐチップジェット

でこのR/C空とぶドラえもんは2重反転ローターを採用したんですね。

また、ローターの回転によって揚力を得るためには、それなりにローターの
直径が大きくないといけないわけです。

しかし、ドラえもんの頭に巨大な2重反転のローターが乗っている姿は、
ものすごく現実を突き詰められて、なんだか夢を奪われた気になりました。
空想科学読本でもタケコプターについての箇所は読んでいたのですが、
なんかこの製品にはショックを受けました。



参考:ヘリコプター - Wikipedia
参考:http://pub.nikkan.co.jp/book/kaitai/heri/heri1.htm
  1. 2005/09/08(木) 12:37:55|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハバネロ育成期 - 台風一過 -(2005/09/07)



写真:台風後の夕焼け空

台風14号が過ぎていきました。
九州の西側を北に上って、日本海を東に向かった
ルートのせいで、いつもは中国山地という天然のバリアによって台風の影響があまりない
ここの地方も風・雨ともに激しかったです。

時々突風で家が振動したり、窓ガラスが風でバーンと内側にへこむ
ので心配しましたが、幸いにも特に重大な被害は周りではありませんでした。

しかし、大丈夫だろうと思っていて外に出していたハバネロは
被害を受けてしまいました。
下の写真のように一応地面に降ろしていて、
外壁があるので大丈夫かと思っていましたが、風が吹き込んで全然でした。
台風が吹き荒れていた時は窓も開けられなかったので、
運を天に任せてほっておきました。

ha050905_2.jpg
ha050905_1.jpg

写真:風で葉がちぎれ飛んだハバネロ

ハバネロの一つは地面がぐらぐらになっていました。
風で茎を揺さぶられたせいだと思います。
他には上の左の写真のように完全に葉がちぎれ飛んでしまったのもありました。
葉はどのハバネロも大なり小なり被害を受けてました。
これからこの影響が出ないか心配です。
  1. 2005/09/07(水) 21:37:09|
  2. 植物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する